夢野久作『縊死体』

今回は、夢野久作のぞわっとする短編。予想外の展開に、身震いすること間違いなし!です。
トークでは夢野ワールドを語ります。

【作品紹介】
噴水のある公園のベンチで夕刊に目を走らせる男。彼が探しているのは、「踏切の近くの小屋で縊死体(首吊り死体)が発見された」というニュースだ。それは彼が先日恋仲にある女性を、その美しさのあまり殺害し、自殺に見せかけて放置したから。そしてある時、遂に新聞記事を見付けて現場に急行。そこで、彼が見た光景とは……!? 大正時代、誰よりも早くサイコパス殺人鬼を描き、夢か現実か読者を惑わせる、これぞ夢野久作の怪奇譚!

本編:6分30秒程度

【出演】
朗読:梅田拓

【トーク】
梅田拓
栗田ばね
スズキヨシコ

【トークトピック】
・「溢血」って、日常的に使うよね
・「私」の職業は…?
・「リドルストーリー」って言うらしい
・「…」は夢野久作です

 

■音源編集:スズキヨシコ
■ 製作:劇団のの(のあ のえる, スズキ ヨシコ, 加藤 綾音)
■ テーマ音楽:鈴木 悟
■ 機材提供:増澤 茜
■BGM:「クラシック名曲サウンドライブラリー」 様

*作品本文は著作権保護期間を過ぎたものです。
朗読しやすいように行間やふりがな等を編集をしております。

*劇団ののでは、作品を通して感じ考えることを大切にしています。アフタートーク等における読みとり方・見解は、私達がこの作品の朗読を通して感じたことの一部で、あくまでも多様な見方の中の1つの見方です。

みなさんもテキストや音源を通して作品に触れる中で、自由に感じ考える機会を大切にしていただけたら嬉しいです。

感想・リクエスト、お待ちしています!




※お送りいただいたメッセージは、「ののラジオ」または劇団のの公式サイトでご紹介させていただく場合がございます。