本番:『別れと再会』

 

『あの日、あいつが屋上にいた』の物語を、写真入りで紹介致します。
広瀬玲子役は、石丸香織さんと片山絵里さんのダブルキャストです。

 

.・*☆。.・*☆。.・*☆。.・*☆。.・*☆。.・*☆。.・*☆。.・*☆。.・*☆。.・*☆。

 

周也も、その後、親の転勤で、イギリスの高校へ行ってしまいました。
いつも屋上にいた「あいつ」の姿は、いつの間にか消えていたのです。
ずっとあったお店がいつの間にかテナント入れ替えで商店街の景色が変わってしまうように、
いつもいた人が風景から消えてしまった……。

DSC_0271

「俺たちの見守り神だったのかもしれないな、あいつ」

DSC_0272

 

玲子に、「その話、今度こそ、ちゃんと戸北に伝えてやってよ」と言う満広。

満広は、転校した後、音信不通になっていた戸北を捜していました。
Twitter、Facebook、mixiなどのSNSも探しましたが、見付かりません。
幸と衛が婚約した際も、連絡先が解らずじまい……。

何年も探していましたが…… 遂に今年、見付けたのです。
戸北くんは、母親の実家である福島にて、酒蔵を手伝っていました。
そこで作っている日本酒が、震災後、風評被害をはねのけ、受賞したのです。
その戸北酒蔵のホームページを作っているのが、まさしく、涼でした。

DSC_0042

「あいつ、ちゃんと元気にやってるよ。
無事に、こっちに向かってるから。
ちゃんと、その話、伝えてやってよ」

DSC_0273

 

幸から電話が入ったという満広。
どうやら、さっちーとデラも近くまで来ているようです。
「ちょっと俺、行って来る!」

 

満広が席を外しました。
「広瀬さん。
俺、広瀬さんのこと、高校の時、好きだったよ」
「わたしも……」

DSC_0043

バーベキューで、コンビニまで行った帰り、言えなかった2人。
でも、今だから、言える。
そして、今、言っておかなければ。

 

「おーい、松井と小野寺来たぞー!」
またまた空気を読まずに、戻って来た、満広くんでした。

この後、みんなで再会して、どんな話をするのでしょうか。

 

DSC_0045

DSC_0044

DSC_0276

DSC_0275

DSC_0046

DSC_0274

 

.・*☆。.・*☆。.・*☆。.・*☆。.・*☆。.・*☆。.・*☆。.・*☆。.・*☆。.・*☆。

 

《裏話》

戸塚くんは、去年に続き、「俺、おまえのこと好き」って言う役でした。
稽古中、何度やっても演出が笑ってしまうという、謎。
自分で書いて自分で演出しておいて、最後の決めぜりふで笑うって何なんでしょうね。

 

コメントを残す