芥川龍之介『蜘蛛の糸』テキスト

Read

劇団ののと読む第2シーズンは、芥川龍之介の作品をお送りします。
初回は『蜘蛛の糸』のテキスト・語彙・解説を配信します。

【作品紹介】
極楽にて、池の縁を散歩していたお釈迦様は、地獄の血の池にいるカンダタを見付けます。
カンダタは、極悪人だったため、死後、地獄に落とされたのです。
お釈迦様は、生前カンダタが小さなクモを踏まずに助けたことを思い出し、
クモの糸を地獄に向かって垂らします。
糸につかまって地獄を抜け出そうとするカンダタですが……

1918年、芥川龍之介が初めて児童向けに発表した短編作品です。

次週から、朗読音源を配信します。
そのまえに、テキストで、本文・語彙・解説をチェック!
A4横向きで印刷いただければ、朗読台本にもなります。

朗読:吉田 素子

■ 製作:劇団のの(のあ のえる, スズキ ヨシコ, 加藤 綾音)
■ テーマ音楽:鈴木 悟
■ 機材提供:増澤 茜

*作品本文は著作権保護期間を過ぎたものです。
朗読しやすいように行間やふりがな等を編集をしております。

*劇団ののでは、作品を通して感じ考えることを大切にしています。アフタートーク等における読みとり方・見解は、私達がこの作品の朗読を通して感じたことの一部で、あくまでも多様な見方の中の1つの見方です。

みなさんもテキストや音源を通して作品に触れる中で、自由に感じ考える機会を大切にしていただけたら嬉しいです。

※2018/04/13 0:10 解説を修正しました。

作品の解説・製作の様子は、こちらから!
『芥川龍之介作品集』プロジェクトページ

感想・リクエスト、お待ちしています!





※お送りいただいたメッセージは、「ののラジオ」または劇団のの公式サイトでご紹介させていただく場合がございます。