ブログ記事

キャストのつぶやき -大人真生-

 

ロボット三等兵役、大人真生さんです。

 

。・.☆。・.☆。・.☆。・.☆。・.☆。・.☆。・.☆。・.☆。・.☆

 

昔教育番組で「にほんごであそぼ!」というコーナーがあったのを覚えていますか?
私、あれの意味がわからなくて、全然楽しめなかったんですよ。
がんこちゃんが好きだった。
でも大学に入って、いろんな言語とそれを話す人々と触れ合うにつれ、
日本語って美しいなって強く思うようになって。
誰かが言ってたんですよ、
「とても美しい、と、美しい、日本語だと後者のほうがより美しいんです。不思議でしょう。」って。
いまならあのコーナーをもっと楽しめるんじゃないかな。

 
 
例えば。
『土管』って聞いてどう思いますか?
いまドラえもんの古き良き空き地を思い浮かべた人は多いはず。
でも実際は土管が置いてある空き地なんて最近は見かけませんよね。
私は実際の土管は見たことがないかも。

 

『土管』という言葉は、私が経験したことのない昭和の匂いを、
幼い私が暗くなるまでケイドロをして遊んでいた懐かしさと一緒に、
言霊に乗せて届けてくれるんです。
だからこそ言葉って、走ってもない人の心臓をバクバクさせて、
失恋したわけでもない人を涙させることができるんです。
だからこそ、『言葉を信じられない人は不幸だ』、と思うんです。
 
   

そんな舞台に出演してます。
言葉がいろんな言霊を乗せて行き交う。
理解しようなんてすると正直混乱するので、
「にほんごであそぼ!」だと思って観にくるとちょうどいいかもしれません。
(『』内の言葉は実はセリフとして出てきます。探してみてね。)
 
 

余談ですが、普段省エネな私は舞台上でめちゃくちゃ動き回ってます。
読んでくれてどうもありがとう。

 

劇場初日

 

さて、早朝、劇場前に集合です。
劇場入り!

 

劇場、まだ空いてません。
近所のスーパーマーケットから、大量にダンボールを貰って来ました。

15977459_10154578612239823_6264456689424002512_n のコピー

 

早朝はとにかく寒いので、ダンボールのお家が活躍しました!

C15NtluVEAEiSzW のコピー

よーく、御覧下さい。
いるでしょう?

C15NtpVUcAA7iaS のコピー

麗ちゃんです。

 

こちらが楽屋です!
2013年の『オイル』以来、久しぶりの楽屋ですよ。

B612_20170111_133411

B612_20170111_133427

 

戸高舞ちゃんです。
劇場では、町中駆け回って、沢山のお店に、お買い物に行って大活躍でした!

B612_20170111_133300

 

梅田陽太くんが用意した、ゴミ袋。
斬新ですね!

B612_20170111_133251

 

ホール内では、照明、幕、床材の仕込みが進んでいます。

 

まずは照明から紹介。

B612_20170111_144209

 

明石スタジオはとっても天井が高い劇場です。
身長の高い人が脚立に登って、やっと届く高さ。

B612_20170111_144611

脚立を押さえるのも、大事な役目です!

B612_20170111_144114

 

さぁ、注目してみましょう。

B612_20170111_144528

ずん。

B612_20170111_144533

ずん。

B612_20170111_144542

栗田ばねさんのお尻が邪魔で、よく見えませんでした。

 

照明操作の高橋優澄ちゃん。
6月の舞台では撮影をしてくれました。

B612_20170111_144620

劇場入りすると、水を得た魚、まさに、うおちゃんのように元気になります。

 

さぁさぁ、照明は、つけるとこんなにかっこよくなりますよ。
まるで魔法。
ただのダンボール空間が、いっきに異世界になります。

C15NZONUkAE--4- のコピー

C15NZQjVEAAUKFg のコピー

C15NZWhUQAE9q03 のコピー

また、スモークが蒸気を表していて、雰囲気が出ますよね。

 

さぁ、照明が吊り込まれている間、背が低い者たちは、床にダンボールを敷きます。

B612_20170111_182602

 

朝、集めたダンボール、みんなで敷き詰めます。

B612_20170111_144146

地味で、大変です。
大きさを合わせてダンボールを広げ、テープで留めて行きます。

B612_20170111_161055

B612_20170111_155214

ダンボールって、意外に厚みが違ったり、変な所に穴ぼこが開いていたりします。

B612_20170111_144725

さぼると、ダンボール家の住人、麗ちゃんに怒られます。

B612_20170111_144641

さぼる、ちゅうまんくんです。

B612_20170111_155214

ちゅうまんくんを相手しながら、頑張る戸塚くんです。

B612_20170111_144731

お疲れ様です。

B612_20170111_144230

 

さぁ、ダンボールの砂漠が広がったら、ついに床材を貼りますよ。
これ、クレープ紙と言います。
「クレープ紙」で検索すると、食べ物のクレープを包む素敵な紙の画像がいっぱい出て来ます。
違います!
これは、お茶碗や花束などを包む時に使用される、クッション性のある包装紙です。

B612_20170111_182623

ダンボールの上に、砂丘が広がって行きます。

B612_20170111_164814

B612_20170111_182616

ダンボールの余った場所を細かくカットします。
栗田師匠、細かいです。

B612_20170111_164806

 

番外編ですが、劇場の玄関で、舞台美術を作っているようちゃんです。

B612_20170111_165905

これは、タイムマシンの扉。
園芸用の、植物の蔓を這わせるアーチ状の支柱に、
結露防止シートを貼って作られています。

B612_20170111_165911

壊れそうなところが、良い。
乗るのが不安になるマシンです。

 

1日、朝から頑張って、舞台を作りました。