キャスト日記:吉田素子『人には人の怪談話』

出た!! 吉田素子さんが、ブログ記事を書いてくれました!

怪談シリーズの3本、夢野久作『縊死体』、夏目漱石『夢十夜』、小泉八雲『雪女』が公開されたということで、今回作品と配役をプロデュースした吉田さんの、シリーズに寄せる思いを、お聞きください。

吉田さんのブログといえば、今まで2回とも、「まぁ、途中まででいいんだったら、いくらでも書いてあげるよ?」というやや上から目線で、堂々と途中で終わらせており……もはやそちらの方がホラーだったのですが。

今回もドヤ顔で「ブログ書いたわ」と、送って来てくれました。そして、読み進めてみると、これはなかなか面白い怪談論になっているので、お楽しみください。

.・☆。.・☆。.・☆。.・☆。.・☆。.・☆。.・☆。.・☆。.・☆。

皆様、こんにちわ。

途中で終わるブログ記事でお馴染み、吉田素子です。

さて今回、吉田は『真夏の怪談話』シリーズの作品選定を担当しました。
理由は簡単。

「やっぱさー夏は怪談話やりたいよねー」

と、ノリで提案したからです。

如何せんノリで発言してしまったために、スズキ氏から、

「今回はもちこ(私のあだ名)が作品決めてねー」

とLINEをもらった時は焦りました。何を隠そう私、怖い話が苦手なのです。

当然、怪談話も好んで読んでいたことはありません。

やばい……

「やっぱさー夏は怪談話やりたいよねー」

……。

ノリで生きていた過去の自分をひっぱたきたい……

しかし、後悔先に立たず。

任されたからにはやってみようじゃないか。

こうして、吉田の怪談話選定がスタートしたのです。

まずはいわゆる怪談話に触れようと、青空文庫で掲載されている作品をさらさらと斜め読みしていきました。

江戸川乱歩、岡本綺堂、夢野久作、小泉八雲 etc……

これらを読み進めているうちに、私には1つの疑問が浮かびました。

「そもそも『怪談』とはなんぞや」

というのも、どうやら私の考えていた怪談話と作家先生たちが書かれた怪談話とは、ほんの少しだけ、ズレがあるように感じたからです。

ここで軽率な吉田の発言を思い出してみましょう。

「やっぱさー夏は怪談話やりたいよねー」

ふむ、つくづく迂闊ですね。しかしもう一点気になることがあります。

なぜ人は夏に怪談話をしたいんでしょうか……

ずばり夏は暑いから怪談話を聞いてゾーッと怖くなって、涼しい気持ちになりたいからですよね (´~`) 

「怪談話」というのは、イコール「怖い話」なのだ \(°∀°)/ 

それが私の見解でした。

でも、読んでるうちに、確かにあったんですよ。

「なんだこれ、怖くないしぶっちゃけよくわからん」って作品が。

これで怪談と言えるのだろうか。

怖くなきゃ意味ねぇだろこんちきしょう。

いつも上品な私の口も、悪くなりました。

そこで困った時はGoogle先生ですね。

もしかしたらそもそも定義が違うのかもと、「怪談 意味」で調べたら……
ありました!!

【怪談】(かいだん)
 (1) 化け物・幽霊などの出てくる気味の悪い話。
 (2) 真相がさだかでなく、納得のいかない出来事。

だそうです。

なぁんだ、イコール「怖い話」というわけじゃないのかぁ。

確かに私が読んだ作品は、得体の知れない奇妙な存在と対峙する人間どもを主軸に進められるものが、ほとんどでした。

また、その話のオチも「え、終わりかい」とか「結局なんやったんや」というものが多い気もしました。

納得いかないってやつですね。

なるほど、なんだか奇妙なものが出てきて、納得がいかない話ならそれが怪談なのか。

ここで、「いやいやだからそれは結局怖い話ってことでしょ」というツッコミが聞こえてきそうですね。

でもその作品が「怖い話」かどうかは、『作品に出てくる奇妙で得体の知れない存在』のことを、読み手個人が怖いと思うかどうかで変わっちゃうと思いませんか?

私は、人の恨みや怨念が「幽霊」となって出てくる怪談話は、素直に「怖い」と感じました。
「人の恨みは怖い」だったり、「そもそも恨まれるようなことをしでかしたこいつらが怖い」と思ったのです。
人間関係というテーマは、身近でリアルに感じることが出来たからでしょうね。

対して、幽霊ではない「妖怪もの」はあまり怖いと感じませんでした。
化け猫とかカッパとかですね。

おそらく、「そんな生き物ありえない」と思ってたり、状況に共感できなかったのが原因なのでしょう。

読んだ作品の中に、「海に出た漁師を、海坊主が船ごと襲い難破させてしまう」というストーリーの作品がありました。

この作品の筋や状況は理解できたのですが、「怖いか」と聞かれると、残念ながらそうは感じなかったのです……

(想像力が貧困なことも、致命的な原因だとは思います)

でも、ふと思ったのです。

「これって、海沿いにお住まいの方や、それこそ漁師の方だったら、きっととても怖いと感じるんじゃなかろうか」

(私の貧困な想像力が奇跡的に追いつきました)

身近な事象だからこそ、恐怖が一層煽られるというのはあると思います。

そうしたことを考えながら改めてこの作品を読むと、一度目に比べて不思議と恐怖を感じ「この話は怖い話だ」という印象に変わりました。

恐怖は人によって違います。

幽霊が怖い人。

海坊主が怖い人。

虫が怖い人。

高い所が怖い人。

人が怖い人。

当然のことではありますが、その人の年齢、性別、性格、生い立ち etc で恐怖の対象は変わってくるのです。

そしてそれは、人によって「怖い話」も違うということです。

今回は、『真夏の怪談話』というテーマだったので、できれば多くの人に「恐怖」を感じてもらい、涼しくなって欲しいと思っていました。

なので、恐怖を与える『奇妙で得体の知れない存在』は、作品によって違うものであるべきだ、という考えに至りました。

どれか1つでもいいから、怖いと思ってくれってことです(笑)

幸い劇団ののには、それぞれ違う味わいのある、個性豊かな役者が揃っています。

どの役者に、どんな作品を朗読してもらったら、より恐怖を演出できるか。
その点も、作品選定における基準として置きました (´ω`)

そして選んだのが、

小泉八雲『雪女』

夏目漱石『夢十夜』より「第十夜」

夢野久作『縊死体』

です。

『雪女』は、誰もが1度は聞いたことのある定番の怪談話として。

読後「本当に意味がわからなくて奇妙! 納得もできない! これが怪談話か!」と思ってしまった作品、『夢十夜』の「第十夜」も、入れない訳にはいきませんでした。
ちなみに、『夢十夜』は、栗田ばね氏が推薦してくれた作品です。

『縊死体』は、その奇妙な状況は勿論、語り手自身が恐怖の対象となる可能性を持った作品として。

3作品とも、それぞれの役者の持ち味を存分に生かしてくれるだろうという期待も込めて選びました (´ω`)

出来上がりが楽しみでした (*´艸`*)

そんな訳で、劇団ののの『真夏の怪談話』シリーズ、配信してますよ ♪
これを聞いて、皆さんも暑い夏を乗り切ってくださいねっ☆

って、夏終わっとるやないかーーーーーい!!!

しょうがないんです、こればっかりは。
劇団ののはクオリティを求める集団ですから、多少ののんびり配信ペースは大目に見てくださいや。

しかしすっかり秋になってしまったので、追加で秋っぽい話もやることにしましたよー!

作品は夢野久作『きのこ会議』!!!

秋の味覚、ひゅ~

演者はなんと、主宰・のあのえると、私、吉田の同級生コンビがお送りします!

てか2人で何かやるの初めてじゃね?

こちらは現在、誠心誠意練習中でございます!

皆さん楽しみにしててくださいねっ☆

(やった書き切った)

.・☆。.・☆。.・☆。.・☆。.・☆。.・☆。.・☆。.・☆。.・☆。

うわぁぁぁ終わったーーーーーー!!

吉田さんがちゃんとブログを終わらせているーーーーーー!

新しいホラーの始まりです。

次は、ホラーとファンタジーの合いの子ぐらいの、なんだか不思議な童話シリーズが控えているので、お楽しみに!

 

きのこ愛が止まらない

夏の暑さも引き、しかし、まだそんなに秋めいても来ていない、中途半端な気候のある日。都内某所。キャストの吉田素子さんと、会いました。

色々話し終わった後、吉田さんから伝えられたこととは……

「そうえいばさ、夢野久作の『きのこ会議』っていうのがあって。ちょっと読んでみて」

と、いうことでした。

何せ吉田さんは、怪談シリーズを選んでくれたのですが。その時に配信した『縊死体』の作者、夢野久作さんの作品を読んでいて、これを見つけたそうです。

「こんなのあるんだ! 『きのこ会議』……なんて楽しそうなタイトルなんだ!」

と、吉田さんは、思ったそうです。そして読んでみると、これまた、はまってしまったそうです。

そこで、スマートフォンの画面で、一緒に青空文庫を読んでみたのですが。なんとたくさんのキノコが登場するのでしょうか。初めて見るキノコの名前が、たくさん並んでいます。

「いいね、いいね、これ劇団のので読んでみたいね」

と言うと、すかさず、

「わたしはね、このキノコたちの役を、全部自分でやるつもり」

と、吉田さん。

あ、もうそこまで決まっていたんですね、吉田さんの中では。 さっきまで、思い出した風を装って、「そういえば、こんなのもあった気がする。もし良かったらどうかな」みたいなテンションだったのに。

「うん。わたし、全部のキノコの役を、声変えて、演じ分けるから。全部を1人でやるよ」

ま、まじか。 この『きのこ会議』、前半はきのこたちが会議をしているんですが、後半に、人間の家族が登場するんです。4人家族。

「あ、そうそう、その家族の役もね、それも全員わたしがやるから。お父さんもお母さんも。娘も息子も。キノコたちとは、また違う感じで。トーン変える。

そ、そうか。 なんだろう、この堅い決心は。わたしは、未だかつて、こんなに意志の堅い吉田さんを、見たことがあるだろうか、いや、ない。

「でね、ナレーション部分はやってほしいんだけどさ。『はたらく細胞』っていうアニメがあるんだけど知ってる? あれのナレーションをコピーしてほしい」

わかりました。 演出は、見たことないアニメのナレーションをコピーすることになりました。

「でさ、いつも出してるテキストの、解説の部分あるじゃん? それには、こんな感じで……」

と、紙の隅に、なにやら、キノコの絵を描く吉田さん。

ん? じばにゃん?

「ポケモン図鑑みたいな感じで。キノコをキャラクター別に分けてね、特徴とか、分布とか、そういうのを書いてくわけ。毒の有無とか。きのこ図鑑的な?」

え、こんなにいっぱい出て来るきのこ、全部について調べるの……

「うん、調べる。わたしが調べるよ。あとさ、キノコ1つ1つに対して、まぁ、吉田が、このキノコについて思うひとこと、みたいな? キノコへのコメントをさ、書くよ」

すごい、なんだろう、このやる気は!?  キノコへのコメントについては、正直「書くよ」って威張るほどでもない投げ遣りな内容だが。しかも、2枚目にしてさっそく「No Image」なのが不安すぎるのだが。 しかし、今日の吉田さんは何か違うぞ。

まるで見えない力に突き動かされているようだ。この人は、一体何故そんなにきのこに惹かれているんだ!? 

たしかに、『きのこ会議』は面白いとは思うけど、そこまで熱心になるようなことなのか?

と、わたしはこの時点では内心、吉田さんのやる気に対して押され気味でおりました。

所変わって。

キノコの話が深まりそうだったので、一緒にお夕飯をいただくことに。

しかし、ここでまた吉田さんのきのこ愛が爆発。

「あれ? 季節限定メニューにするよね? まさか裏切らないよね?」

え? た、たしかに、見るとそこには2種類のきのこ料理が。ドヤ顔で期間限定メニューを奨励してくる吉田さん。

「ほら、やっぱ、キノコなんだよ」

何が?

「今、キノコがキテるんだよ!」

まぁ、旬の食べ物だからね。そりゃ巡ってくるよね。

「いや、いいんだよ、無理しなくて。他の好きな物、食べなよ」

食べづらいよ。普通のメニュー食べづらいよ。

もはや選択肢は2択しかないようだ……! 我々は、2つのキノコ料理を注文。

「で、どうする? 夕飯食べる流れになったけど、もう話すこと特にないね……結構全部決めたし……」

そうなんだよなぁ……。

「よし、わかった、フリートークで何を話すか、トピック決めておこう」

と、再びノートを取り出し、キノコのイラストを落書きしながら、思考を深める、吉田さん。

「キノコトーーク! え? どうする? 2人で何話そうね。キノコについて……キノコとの個人的な思い出とか。ある?」

思い出かぁ……(遠い目)

「ないか。わたしも、別にないよ」

わたしは思った。では、この人は何故そんなにキノコに思い入れを持っているんだろうか。思い出1つもないくせに。

「じゃあ……キノコ占いする? そんなあなたは、マイタケ! みたいな。動物占いみたいなやつだよ。クジ引いて、読み上げていく……あ! あみだくじ、どう? 辿っていくと、キノコのどれかにたどり着くんだよ」

それを、音声でやるのですか?

「とりあえずキノコ占いは決定で。っていうか、もう話すことなくない? あ、あと、キノコの豆知識とか。こんなレシピがおいしいとかね。じゃ、わたしキノココーヒーについて話すわ」

キノココーヒーってなんだろう?

「キノココーヒーね。あるんだよ、そういうのが。あ! そうだ! ……あ、いやぁ、でもこれはなぁ〜」

お、なんだ? どんなアイディアでも、キノコ占いよりはマシなのでは。

「や、キノコと言えばさ、きのこの山と、たけのこの里、どっちが好きか、っていう論争、あるじゃん?」

ん? それは……

それはお菓子の話であって、きのこの山は、キノコではない! もはやキノコの話ではないぞ!

「どっち派?」

大変言いづらいが、わたしは幼い頃より、生粋のたけのこ派なのでした……。 いや、どちらも好きなんですよ、出されたらどちらも食べるよ。2つ並んでたって、きのこを買うこともある。 でも、世界の終わりにどちらかしか残せないとか、無人島にどっちかしか持って行けないって言われたら、たけのこ派なんですよね。

「偶然にも今年さ、公式に、全国できのこVSたけのこの戦いがあって。たけのこ派が僅差で勝ったんだよね。日本人はもっとキノコに愛を持つべきだよ。それを訴えていこう」

吉田さん、気付け。

あれは、お菓子だ。

小麦とチョコでできたお菓子なんだ。1ナノグラムのキノコエキスも入っていないんだ。

「でもさ〜ぁ、あれ、キノコじゃないんだよな。お菓子なんだよな」

気付いたか。

「それはね、思ってた。でも他に話すことないから話そう。あとさ、うちらはさ、もうちょっとちゃんと、キノコについて学ぶべきだよね。とりあえず、まずは Wikipedia 読もう。だってさ、知らないこといっぱいあるよ。例えば、キノコって漢字あるじゃん? なんでたけかんむりなのかな、とか、気にならない? (検索)あ、くさかんむりだったわ! あっはっは! でもさ、なんで○○タケって言うのかな、とか、気にならない?」

たしかに。くさかんむりなのに。「しいきのこ」とか「まいきのこ」じゃなくて、「しいたけ」「まいたけ」っていうのは、何故なんだろう?

「ねぇ! 知ってた!? よく「ベニテングダケ」って言うじゃん。あれ、間違ってるんだって。竹は「青竹(あおだけ)」とか「真竹(まだけ)」って言うけど、キノコは濁っちゃいけないらしいよ!」

え、そうなの!?

そうそう、そういのを待っていたんだ。そういうのを話そう。 なんか、キノコに興味が湧いてきました。もっと調べようと思えてきました。 こうしてまた1人、キノコの魅力に取り憑かれた人間が増えていくのでした。

ところで、季節限定のキノコメニューでしたが、大変おいしくいただきました。

キノコいっぱい入ってるし。やっぱり、キノコってすごい美味しいですね。独特の強い風味と、噛みごたえ、でも柔らかくて。不思議な食べ物です。

お店のお兄さんも、キノコの風味に負けない独特さでした。吉田さんのお膳は逆さまに置かれました。

そして、わたしのデザートは、食べている途中で持って行かれました。「ごゆっくりどうぞ!」と言って、下げられてしまいました。
世の中は、まだ解明されていない不思議なことで、満ちあふれています。

遠くに流れるキュウリ

きゅうり

 

さてさて、今回公開された『遠くで鳴る雷』。
どんな、お話なのか。
本編の後の、スズキヨシコ、吉田素子、梅田拓のトークを聞いた後、
この記事を読んでいただけましたら、幸いです!

 

まず、作者=小川未明(おがわみめい)さん。
この方は、「日本のアンデルセン」なんて呼ばれてる人で。
彼が日常生活において「おい、アンデルセン!」
などと呼び掛けられていたのかは謎ですが。
で、「紀州のドンファン」さんは、
「ねぇ、ドンファンさん」って呼ばれてたんですか?

 

アンデルセンの異名の通り、未明さんは、児童文学を書く人です。
大体、明治後期〜大正時代中心〜昭和初期に掛けて、戦前に活躍しています。
ちょうど、NHK朝の連続テレビ小説『花子とアン』の時代なのです。
『花子とアン』のヒロインも英語の児童文学を翻訳していたのですが、
子どもの教育が発展し、海外から多くの児童文学が輸入・翻訳され、
ラジオでのお話の読み聞かせなども発展した時代です。
「児童文学界の三種の神器」などとも言われ、御三家の1人でした。
3人の中では、比較的、野口五郎ポジションでした。

 

小川さんの作品は、『赤い蝋燭と人魚』が有名なのではないでしょうか!
『遠くで鳴る雷』は、無名 of 無名です。

 

このお話の主人公は、少年二郎。(ラーメン二郎っぽい)
そして、あと、家族は母しか出て来ません。
トークでスズキさんが指摘している通り、
「二郎がいるからには、兄の一郎または太郎がいるはずだ」と思われます。
いきなり長男にあえての「二郎/次郎」って付けるのは、斬新すぎるし。
隠しキャラ、兄の「一郎さん」、どうしたんでしょうか。
自立したんでしょうか、メジャーリーグに行ってしまったのでしょうか。
祖父母や父も出て来ないし、三郎や四郎もいないっぽい。

 

大人の小説では、設定の細かさでリアリティーの底上げをするために、
本筋に直接絡んで来ない余分な人や物、地名が沢山出て来て、
その世界観に萌えたりするわけですが、
子どもは余分なことは頭に入らないから省くのでしょうか?

 

シンプルな物語世界。
中でも、ものすごいウェイトを占めているのが、キュウリ!
もはや、主人公は二郎じゃなくてキュウリなんではないかと。
タイトルは『遠くで鳴る雷』だけど、いや、「雷」なんて……。
最後の方にチョロッと鳴るぐらいで、キュウリと比べて、影、激薄ですから。
当時の出版社の編集さんは何を思ってこのタイトルにしたんだか。
『キュウリ』でしょ、絶対。

 

 

前半、すごいワクワクするんですよ、この話。
小学校の時、ホウセンカやアサガオを育て(させられ)ませんでしたか?
あの頃を思い出しちゃったりして、大変ほのぼのするんです。
この辺り、スズキさんの選曲で、
ピアノの練習曲っぽい感じが、大変よく合っています。

 

 

で、ある日、お母さんが遂に「GO!」と。
立派になったキュウリ!

 

きゅうり

 

お母さんが調理してくれて、おいしく食べて、ハッピーエンドだ!
まるかじりか? 浅漬け? 味噌? ピクルスか!?
って思って読み進めてたらですね!

 

お母さん、ドえらい変化球投げて来るんですね。
「これは水神様にお供えします」
「キュウリにおまえの名前書いて、川に投げて来い」
って言い出すわけですよ。

 

え!

 

ガクブルですよ。
丁寧な言葉で淡々と言うから、
なんかもう、母ってサイコパスなのかな、って思いましたよ。
いやぁ、「二郎は反抗的な態度を取らなくて偉いな」って思いました。
これがもし、そこらへんの並みの二郎なら、
「させるか!」「水神にやるキュウリなど無いわ!」
とか言って、その場でキュウリ丸呑みしちゃいますよ。

 

お母さん的には、水神様に捧げるために育ててたみたいですね。
二郎ちゃんがよく川遊びをするので、
水難事故に遭わないように、よろしくってことみたいです。

 

水神様というのは、「すいじん」とも「みずがみ」とも言い、
農業には欠かせない神様です。
何せ水田もありますし、畑にも水やりしますし。
河川の氾濫とか、日照りとか、天候にも関係あります。
怒らせずに仲良くやって行きたいわけです。
色んな姿がありまして、龍や蛇の姿をしたものであったり、
天女のようにひらひらした服装の女性だったり。
地域や、その池、川、滝などによっても、
伝わるお話や、祀ってる神様が異なってくるみたいですよ。

 

中でも、キュウリと言えば、カッパのイメージありませんか?
カッパ巻きってキュウリの海苔巻きですよね。
カッパはどっちかと言ったら妖怪カテゴリーじゃん? と思いますが、
かつては、水神様カテゴリーだったらしいです。
あと、ほら、カッパって相撲も好きじゃないですか。
好きなんですよ、相撲が。
相撲って、なんかもう最近はめくるめく色々がありましたけど、
元々は、神の前で行う、清い神事ですから。
カッパ=相撲好き=水神=キュウリも好き、です。

 

 

で、母の言い付け通り、川にキュウリを流す二郎ちゃん。
ボチャン。

 

この辺り、もう、アニメ『ラスカル』の最終回で、
少年スターリングがラスカルを自然に返すシーンぐらい泣けます。
初めて藁からミルクを吸ってくれたラスカル、
いたずらしたラスカル、一緒に眠ったラスカル、
俺のラスカルみんなのラスカル、
めくるめく走馬燈の思い出が脳内高速回転してる中、
ラスカルを残した岸から、小船で、涙ながらに離れて行くわけです。

 

「ラスカルー!!!!!!」

 

アライグマ

 

ほぼほぼ同じですよ。
あんなキュウリや、こんなキュウリ、
あの日のキュウリや、この日のキュウリ。

 

「キュウリー!!!!!!」

 

キュウリがこれからどんな目に遭うのか、今いずこか、
と、夜もぎんぎんにキュウリのことを考え続けてしまいます。
子どもの時って、そういう不安ありましたよね。
バスに置き忘れた傘が、今頃どこかで暗い倉庫で泣いてるんじゃないかって思ったり。
特に、夜1人で布団に入ってると、そういう怖い想像をしますよね。

 

なんていうか……ほんと……二郎ちゃん、きっとキュウリは大丈夫。
もしかしたら二郎ちゃんも薄々気付いてるかもだけど……
キュウリって、ほら、感情とか全然、無いじゃん?
「二郎を水神様の生贄にして村が守られる」的な話じゃなくて良かったじゃん!

 

で、この話、すごい展開が二転三転するんですよね。
わたしの想像力の限界では、
下流まで流れて行って、カッパが食べましたとさ、とか。
海まで流れて行ったキュウリは、広い世界を見ましたとさ、とか。
そんなもんじゃないですか。
とりあえず「はい、めでたし!」って感じだと思っていました。

 

ところが!
なんと、下流で乞食の子どもが発見して、拾っちゃうんですね。
初見の時(ぶっつけ収録でしたけど)声に出して「え!?」って言いました。
なんかもう、全く考えてもいなかったです、この筋を。

 

まず、わたしがびっくりしたのは、母と二郎以外の人物がいきなり登場したこと。
「人間、他におったんかい!」 っていう、その驚きが1番でした。
だから、この展開が何を表してるのか、色々考えましたけど、解らない。
「下流に貧困な集落があるのか?」「低層な階級の出身者なのかな」
「川辺の森で人目を忍んで暮らしてる親子なのかな」「水神の化身?」とか。
その人たちそのものに興味が湧いちゃって。

 

吉田さんがフリートークの中で言っているのは、
せっかく育てたキュウリを、
赤の他人が、いと簡単にかっさらって行くということに対する、
ちょっとした不満というか、「えー……」っていうガッカリ感。
これは完全に二郎目線で、子ども読者に最も近い目線だと思いました。
通過儀礼(キュウリと別れる)を経た子ども(主人公二郎)が報われず、
新参者の第三者(まだあんまり感情移入できない)が、得をした。
自分が努力したり、我慢したり、冒険したりしたら、当然、
褒められるか、何か手に入れるとか、報酬のある結末を期待します。
そりゃ、「えー……」ですよ。

 

梅田くんが唱える説は、ちょっと違って。
二郎が育てた命、キュウリというバトン、
これが、川・水という命の象徴である線を伝って、
別の子ども、すなわち、二郎と同じく未来ある存在に渡されると。
「乞食」と言うからには二郎の家庭よりも圧倒的に貧しいでしょうし。
この子はしかも、発見して拾い上げたキュウリを、その場で食べず、
恐らく同じく貧しく飢えている、母と妹に持ち帰るのだ、と。
持てる者から持たざる者への命のリレー、みたいな解釈をしたようです。
そして、ここで遠雷が鳴って「もう夏であります」と。
新しい季節への予感、夏の清涼感まで出してるんだそうな。

 

うわぁぁぁ! 達観してるよぉぉぉ!
梅田くんはもしかしたら、平成の日本において、
最も小川未明のソウルが解るメイトなんじゃないですか?

 

わたしはと言えば、
「最後に適当に雷鳴らして、ちょっとタイトルに寄せて来るのかよ!」
と思った。
以上です。
本当に文学専攻で卒業したんですかね。

 

雷

 

ちなみに、「遠雷(えんらい)」って、
遠くでゴロゴロ言ってるイメージですか?
それとも、遠くでビシャーンって鳴ってるイメージですか?
文中からは、どっちともつかないです。
ただ、数キロ先まで迫って来てます、音が聞こえてるってことは。
遠くでも意外に近いので、気を付けなければ。

 

作中では「もう夏であります」と言っていますが、もう……秋であります。
キュウリが1番おいしいシーズンを、がっつり外してしまいました。
(6月14日が世界キュウリの日らしいですね)
なので、今年はまぁ、楽しかった夏を思い出しながら聞いていただいて。
来年の6月に、もう1度聞いていただきたいと思います!