初のトーク収録です

 

「竹の木戸」の本編の後には、キャストによるフリートークが入っています。
上・中・下とも、全てに入っています。

 

トークを盛り上げてくれるのは、この2人。
真蔵役の梅田拓くん、女中のお徳を演じた吉田素子さんです。

本来なら雇い主と従業員の関係ですが、
この従業員、だいぶ強いですよ。

 

ビデオ撮影もしてみました。

恐ろしいぐらいにカメラ慣れした2人。
普通、ちょっとオドオドして目が泳いだり、
恥ずかしくて下を向いたりするものですが。
ガッツリ、カメラ目線です。

余計パワーを増しているというか。
むしろカメラからパワーを吸収しているというか。
カメラも視線に射殺されそうな勢いです。

 

そして、サラサラと流れるように喋ります。

なんてサラサラと喋るのでしょうか。
言葉が湯水のように溢れて来ます。
止まりません。
テンションも高い。
もはや温泉のように熱く、湧いて、そして沸いております。

どこかでしゃべくり武者修行でもして来たのでしょうか。

 

こちらは、カンペを出しております。
「そろそろ次の話題へ」
「10分経ちました」
などなど、しゃべくる2人に指示を出しております。

出しておりますが……。

話は止まりません!!!!!

1本録り終えるごとに、
「ちょっと喋りすぎちゃったね」
「もう、ほら、サクッと15分ぐらいにしよう」
と言っていた2人ですが、
上=25分、中=35分、下=45分、と、ノンストップで喋り続けていました。
どんどん長くなっているじゃないか!

 

吉田素子さん。
女中のお徳の役は、強烈なキャラクターでしたが、
本人は、気遣い屋の、モテる女子、みたいな人です。
是非、ギャップをお楽しみください。

ただし、さくらももこさんのような世界観を持っていることは、
間違いありません。

 

梅田拓さんは、SNSの写真などで見ると、
眼鏡を掛けていて、温厚そう、大人! って感じですが。
本編でも、真蔵は「THE 紳士」って感じですが。
喋ると完全に●泉洋さんです。
スイッチが入ると、大泉●さんになっちゃうんです。
めっちゃ喋ります。
トークには、彼の内なる大泉が表れているので、
是非、ギャップをお楽しみください。

 

ちなみに、この日は、和華ちゃんの、老母の収録でもありました。
じっくりじっくり、何かを積み上げるように、
確認しながら録音する和華ちゃん。
顔は吉岡里●似ですが。
話し方は、老母の、持論を「諄々と」説く感じ、すごく合っています。
なんと愛おしいんでしょう。

トーク撮影の様子の写真は、和華ちゃんが撮ってくれました。
こっそりと、謙虚に、撮ってくれました。
あ、だから全部ちょっと盗撮っぽい角度と画素数なんだ!
そして、こっそりと、謙虚に、送ってくれました。
なんと愛おしいんでしょう。

 

どうぞ、トークまでお楽しみください!
ここが、劇団ののらしさです。

 

ナレーターも演技します

 

—さりげなく、最後を飾るのは…。

◆のあ:あ、ここは戸塚だけのシーンかな。
◆スズキ:いや! 実はここにね、「お源さん、お源さん」っていうセリフがあるんだよ。さりげなく。
◆のあ:あ、お清さんの金田一感が1番出る場面だ!

 

☆ 。*・☆ 。*・☆ 。*・☆ 。*・☆ 。*・☆ 。*・☆

 

ここからは、稽古でやった場面と、それについてキャストが話した内容をお届けします。
作品本文は、青空文庫からコピーしたものに、読み易いよう改行を加えています。
キャストが話した内容は、録音した物を文字に起こし更に編集しています。
なお、議論は明確な答えを出すものではなく、情報は必ずしも正確ではありません。
演出を付けるために自由な発想に基づいて発言しております。

 

☆ 。*・☆ 。*・☆ 。*・☆ 。*・☆ 。*・☆ 。*・☆

 

国木田独歩より 竹の木戸

 

お徳は老母からも細君からも、みっしり叱られた。お清は日の暮になってもお源の姿が見えないので心配して御気慊取りと風邪見舞とを兼ねてお源を訪ねた。内が余り寂然しておるので
「お源さん、お源さん」
と呼んでみた。返事がないので可恐々々ながら障子戸を開けるとお源は炭俵を脚継にしたらしく土間の真中の梁へ細帯をかけて死でいた。

二日経って竹の木戸が破壊された。そして生垣が以前の様に復帰った。

それから二月経過と磯吉はお源と同年輩の女を女房に持って、渋谷村に住んでいたが、矢張豚小屋同然の住宅であった。

 

☆ 。*・☆ 。*・☆ 。*・☆ 。*・☆ 。*・☆ 。*・☆

 

—お清が告げ口をしたのでは……!?

◆のあ:老母と細君が怒るとこ、見てみたいな…。細君って怒るんだね(笑) 「みっちり」って「みっしり」から来てるのかな?
◆Caori:重みと密度を感じるわ。
◆スズキ:何を叱られたんだろうね。何言われるんだろう。
◆のあ:あ……ねぇ、気付いちゃった。これ、お清が告げ口したんだよ。老母と細君に。
◆スズキ:おや?
◆のあ:だってさ、老母も細君も、2人ともこの場にいなかったはずだもん。お徳がやらかした時。お徳自分で言わないでしょう「わたしやらかしました」って。
◆スズキ:いやいや、お源が「まぁ佐倉だよ!」って叫んだのが、大庭家まで聞こえてたかもしれないよ?
◆のあ:さすがに叫び声聞こえたら「お隣の奥さんヤバいなぁ〜」ってなるでしょ(笑)
◆Caori:えー、だって、話し声が聞こえるぐらいだから、死ぬ音すら聞こえそうじゃない?
◆スズキ:どんな音かな。
◆Caori:「ドン」とか。
◆スズキ:今のは完全に金田一だったな(笑) いやぁ、もっと静かにぶらさがるんじゃないかなぁ。

 

—お清は、知らないで声を掛けている。

◆スズキ:ねぇ、お清って、心配そうに言うのと、今ぐらい元気に言うのとどっちがいい?
◆Caori:今ぐらいの方がいいと思うんだけど。元気な方がいいよ。
◆スズキ:知らないで「大丈夫?」って訊いて、後でショック受けるってことね。
◆Caori:そうそう。

 

—ナレーターにも演技が求められます!

◆のあ:ラスト、とづ(戸塚)の声で読むとより悲しい話に聞こえるな。
◆Caori:より豚小屋が「豚小屋」に聞こえるわ。
◆のあ:とづ(戸塚)は何か読んでて疑問点とか不安ある? はい、無いね。
◆戸塚:あぁもうじゃあ無いです。
◆スズキ:締切が早いよ(笑)
◆戸塚:これ、俺はスタンスとして、どういう雰囲気で終わらせたらいいかな?
◆のあ:あるじゃん、疑問。
◆戸塚:あるんだよ。
◆Caori:やっぱりちょっと、しっとりっていうか。ある程度、憂いている方がいいんじゃない? 淡々とやられすぎたら、「あ、戸塚って頭おかしいのかな」ってなるじゃん。
◆戸塚:ナレーターに人格認めないでよ(笑)
◆スズキ:後味の悪さがあった方がいいよね。
◆のあ:明るく終わられたらねぇ。「豚小屋だった♪」みたいな。
◆戸塚:それはサイコパスだわ。

◆戸塚:あのさ、「中があんまりひっそりしてるので」はどの辺りから死んでる予感があればいいのかな。
◆Caori:今は結構、もうおどろおどろしくやってるよね。
◆スズキ:金田一の予感だね。
◆戸塚:うん。今は結構、最初から死を予感する空気出して読んでる。
◆のあ:お清は声掛けてる時点では、風邪引いてるだけだと思ってるからねぇ。
◆スズキ:障子の破れ目の間からさ、ぶら下がってるお源の足が見えたりしなかったのかな。
◆Caori:お徳じゃないんだからさ! 覗かないでしょ、人んちの中(笑)
◆スズキ:いやまぁ、お清は知らないよ、この時点ではね。
◆和華:これ、ナレーションで後処理ですもんね。
◆のあ:そうなんだよね。じゃあどこから助走しようかって話だよね。
◆スズキ:いきなりだよね、死ぬの。
◆Caori:直前が「まぁ佐倉だよ!」の絶望で、あとは全くお源出て来なくて、それで次もう死んでるからね。
◆のあ:まぁ不穏なこと続きではあるよね。
◆戸塚:そう。
◆Caori:でも自殺は斜め上だからね。え〜、そこまでかぁ! っていう。
◆スズキ:そうそう、せめて、大喧嘩とか。夜逃げするとか。その程度ぐらいしか思い浮かばないからなぁ。
◆のあ:やっぱナレーターが雰囲気変えられるのは、死んだことを読むその瞬間から、じゃないかな。

 

—ラストの衝撃はお源の死だけに留まりません。

◆Caori:でもさぁ、磯吉の再婚が1番マジかよだし。
◆スズキ:ミラクルだよね。
◆Caori:磯吉……。
◆和華:お源死んだところで終わらないですからね、この話。
◆のあ:梅ちゃん(梅田)もこの「豚小屋」で話が終わるってとこに強く反応してたけど。栗田ばねが気付いたことがあって。老母は「物置小屋みたいなとこ」とか、ナレーターもお源と住んでる家については「古倉のすみこみたいなとこ」って言ってるのに。ここだけ、この磯吉が住む小屋だけ、語りが「豚小屋」って言ってるって。
◆スズキ:ほんとだ。
◆Caori:このワード、戸塚チョイスかぁ。「豚小屋かよ。かっこわら」って声が聞こえて来そうだわ。
◆のあ:これが戸塚から磯吉へのせめてもの成敗か。
◆戸塚:独歩じゃなくて俺?
◆スズキ:戸塚君は神の視点なんじゃない?
◆のあ:そもそもナレーターは「視点」しか持ってないものだけどね。
◆戸塚:視点しかないのに制裁は加えてるのかよ。

 

ひとりごと言う派? 言わない派?

 

☆ 。*・☆ 。*・☆ 。*・☆ 。*・☆ 。*・☆ 。*・☆

 

ここからは、稽古でやった場面と、それについてキャストが話した内容をお届けします。
作品本文は、青空文庫からコピーしたものに、読み易いよう改行を加えています。
キャストが話した内容は、録音した物を文字に起こし更に編集しています。
なお、議論は明確な答えを出すものではなく、情報は必ずしも正確ではありません。
演出を付けるために自由な発想に基づいて発言しております。

 

☆ 。*・☆ 。*・☆ 。*・☆ 。*・☆ 。*・☆ 。*・☆

 

国木田独歩より 竹の木戸

 

お源は真蔵に見られても巧く誤魔化し得たと思った。ちょうど真蔵が窓から見下した時は土竈炭を袂に入れ佐倉炭を前掛に包んで左の手で圧え、更に一個取ろうとするところであったが、元来性質の良い邪推などの無い旦那だから多分気が附かなかっただろうと信じた。けれど夕方になってどうしても水を汲みにゆく気になれない。
そこで磯吉が仕事から帰る前に布団を被って寝て了った。寝たって眠むられは仕ない。垢染た煎餅布団でも夜は磯吉と二人で寝るから互の体温で寒気も凌げるが一人では板のようにしゃちっ張って身に着かないで起きているよりも一倍寒く感ずる。ぶるぶる慄えそうになるので手足を縮められるだけ縮めて丸くなったところを見ると人が寝てるとは承知ん位だ。

色々考えると厭悪な心地がして来た。貧乏には慣れてるがお源も未だ泥棒には慣れない。先達からちょくちょく盗んだ炭の高こそ多くないが確的に人目を忍んで他の物を取ったのは今度が最初であるから一念其処へゆくと今までにない不安を覚えて来る。この不安の内には恐怖も羞恥も籠っていた。
眼前にまざまざと今日の事が浮んで来る、見下した旦那の顔が判然出て来る、そしてテレ隠しに炭を手玉に取った時のことを思うと顔から火が出るように感じた。

「真実にどうしたんだろう」
とお源は思わず叫んだ。そして徐々逆上気味になって来た。
「もしか知れたらどうする」。
「知れるものかあの旦那は性質が良いもの」。
「性質の良いは当にならない」。
「性質の善良のは魯鈍だ」。
と促急込んで独問答をしていたが
「魯鈍だ、魯鈍だ、大魯鈍だ」
と思わず又叫んで
「フン何が知れるもんか」
と添足した。

そして布団から首を出して見ると日が暮れて入口の障子戸に月が射している。けれども起きて洋燈を点けようとも仕ないで、直ぐ首を引込て又た丸くなって了った。

 

☆ 。*・☆ 。*・☆ 。*・☆ 。*・☆ 。*・☆ 。*・☆

 

—読んでみてどうでしょう?

◆のあ:かおりん(Caori)の読み方ね。これが正解だよね。
◆Caori:あ、良かった。
◆のあ:昨日このシーン、まっつんがお源のセリフ読んでたんだけど、「大のろまだぁ!」でめっちゃ叫んでたよ。
◆Caori:出たよ。
◆のあ:「このお源で行ってください」って言ってたよ。
◆スズキ:いや、叫んだら大庭家に聞こえるじゃん。「裏の奥さんちょっとおかしいな」ってバレるでしょ。

 

—家政婦は見た? お徳、覗き見。

◆のあ:ねぇ、気付いた? お徳さぁ、実は、障子の破れ目からお源の家の中、見てるんだよね。
◆和華:あれ!? ホントだ。
◆Caori:お源の盗難を責めてるけど、自分こそ家宅侵入? ストーキング?
◆スズキ:いや、もしかして、木戸越に見えたのかな。
◆のあ:それは障子の破れ目がデカすぎるでしょ。
◆Caori:もう絶対近くまで行ってるよ、お徳のことだから。
◆スズキ:大して変わらなくない? 盗みと覗き(笑)
◆のあ:お源は必要があって仕方無くやってるけどね。
◆スズキ:お徳はねぇ……家政婦は観たをやりたいだけだからねぇ。

 

—「身に着かないで」ってどういう意味?

◆のあ:このさ、「垢染た煎餅布団でも夜は磯吉と二人で寝るから互の体温で寒気も凌げるが一人では板のようにしゃちっ張って身に着かないで起きているよりも一倍寒く感ずる」っていう文章あるでしょ。このね「身に着かないで」って何?
◆スズキ:磯吉の身じゃない?
◆Caori:え、布団でしょ? 磯吉がいないから。布団の着てる方がよっぽど寒い、みたいな。
◆スズキ:体がしゃちばってるから布団が身に、貼り付かないってこと?
◆和華:わたし、どっちかっていうと、「水を汲みに行けない」という気持かと思ってました。
◆Caori:いやぁ布団が、じゃない?
◆のあ:サラッと読み流せるんだけど。でも、実は解らなくない? 辞書で調べても解らないし。
◆Caori:この文、主語は布団じゃん。「垢じみた煎餅布団でも」→「身に着かないで起きてるよりも」って繋がっとるからさ。これは布団のことを言ってるやん。
◆戸塚:うん、俺もそう思って読んでたな。布団のことかと。
◆スズキ:あ、なんか今納得した。着てるよりもむしろってこと?
◆Caori:うん、そうそう。そういうことあるよ。布団がすごい冷たくて、いつまでも暖まらなくて、着てるよりむしろ寒い、っていう。
◆和華:「身に付く」って、勉強とか習慣とか、学習したことが身に付かないっていう言葉じゃないですか? だから、そわそわ起きている状態よりも、ってことかな、って。
◆スズキ:それだと、寝てても起きてもそわそわしてるから、どの体勢でも一緒じゃない? 一緒なんだったら比較する必要無くない?
◆戸塚:これは布団のことでしょう。
◆のあ:うーん。誰か独歩を連れて来てほしいな。
◆スズキ:まぁ、確かに、辞書で出て来るのは集中とかそっちの精神状態なんだよなぁ。
◆のあ:文章全体の要旨としては、「本当なら暖かいはず」ってことを言ってるのは解るんだけど。最初はね、布団が体から浮いてる状態なのかと思ってたの。お源がしゃっちばってるのかな、って。
◆和華:あれ「しゃっちっばる」は?
◆スズキ:鯱張る。体が硬直してるってことかな。
◆のあ:この時代の人なら解る「身に付く」の意味があって、彼らには解るのかな、とか思ってた。

 

この件については、国立国語研究所に質問し、教えていただくことができました!

ずばり、身に着かないのは布団のことなのですが、わたしたちが思っていたのとはちょっと違いました。

「垢染た煎餅布団でも夜は磯吉と二人で寝るから互の体温で寒気も凌げるが一人では板のようにしゃちっ張って身に着かないで起きているよりも一倍寒く感ずる」

煎餅布団は、湿気を吸ったり乾いたりを繰り返し、しかも綿を入れ直していないので、パリッパリです。

それを踏まえ、以下のような意味でした。

「垢染た煎餅布団でも、夜は磯吉と2人で寝るから互の体温で寒気も凌げるが(元から布団着る意味は特に無し)、1人では、布団が板のようにしゃちっ張って、体に沿って貼り付かないで、もはや起きているよりもよっぽど寒く感じる」

しゃっちっ張ってるのは、お源の体ではなく、布団のことだったんですね!!!!!

 

—独り言って、言う派ですか? 言わない派ですか?

◆のあ:実は、お源の独り問答って、本当の独り言じゃなくて、思ってるだけの時もあるよね。前半でお源が大庭家について考えてるところとか、実はただ考えてるだけだったり。ところで。みんな、独り言って言う? っていう話を、さっき前半の稽古でしてたのね。
◆和華:お! 面白いですね。
◆のあ:そしたら、完全に2チームに分かれたの。中馬とよっこ(スズキ)は言う派。かおりん(Caori)とわたしと戸塚は言わない派。
◆スズキ:1人暮らしとかしてて、家に帰って来て、誰もいない部屋に向かって「ただいま」とか言わない?
◆のあ:わたし絶対言わないんだよね。だから、「お源ってめっちゃ独り言を言うな〜」って不思議がってたわけ。言わないよね。
◆戸塚:俺も絶対言わないと思います。誰もいない場合は。
◆のあ:わたしの友達は、テレビ見てて、誰もいなくても「えー、ウケる」とか「へ〜」とか感想を言うらしいのね。
◆和華:あぁ、あるかも。わたし言うかもしれません。
◆のあ:あ、言う派が増えた。
◆スズキ:なんだろう、思考を整理するために、外部出力しないと、って感じ。
◆和華:解ります解ります! 料理してる時とか。
◆スズキ:パソコンで何か打ってる時とか。
◆和華:しますね。「あぁ、早くしなきゃ」とか「ここをこうして〜こっちはこうして〜」とか。
◆のあ:え、それはオーディエンスいなくても?
◆Caori:オーディエンス(笑)
◆のあ:せめて犬とか。猫とか。ハムスターとか。まぁぬいぐるみとか。話し掛ける対象がいないと、空中に向かって声は出さないかな。
◆和華:あぁ、我々のは、会話ではないんですよ。あくまでも。
◆スズキ:そう。1人で完結するの。
◆Caori:あ、待って、わたし、机蹴って、「ごめん」とか言うかも。
◆のあ:それは机に?
◆戸塚:俺、それも絶対言わないっすね。他に机について座ってる人がいたら言うけど。
◆のあ:わたし、その状況で「イテッ」とか「あっ」て言うか言わないかも怪しいな。
◆Caori:えー、でも、家に向かって「ただいま」とか、ごはんに向かって「いただきます」とか言ってるじゃん。それは話し掛ける対象じゃなくて?
◆のあ:待って。そしたら、かおりん(Caori)はそっち側だよ(笑)
◆戸塚:そうだね。俺たち多分それすらも言わないから。
◆Caori:あ、じゃあ2人にとっては、声を出す時は、絶対にコミュニケーションツールなんだね、言葉は。
◆のあ:そうねぇ。
◆戸塚:うん。
◆スズキ:我々にとっては、独り言は思考整理のツールだから。
◆和華:はい。
◆スズキ:どっかに外部出力しないと、思考が進まないのよ。外付けハードディスクみたいな。2人は、音声にしなくても、無言のまま脳内で情報が整理できるんじゃない?
◆のあ:確かにあんまり書き出したりもしないかも。かおりん(Caori)はその間ぐらいかな。
◆Caori:挨拶みたいなのは言うね。
◆のあ:もしかしたら独り言派の方が多いのかもしれないね。なんかカルチャーショックだな。圧倒的に言わない人の方が多いと思ってた。
◆スズキ:これ調べたら面白そうだね。
◆Caori:そういえば! 職場の後輩で、ずっと「あ、しくった!」とか「わ!」とか言ってる子がいて。気を引きたいのかと思ってた。あれは独り言なんだ!
◆和華:そうかもです。
◆Caori:「あー、ホントどうしよう!」とか言ってるから、何か聞いてあげた方がいいのかと思って気を遣っていた。
◆和華:多分、放っておいていいんじゃないかな(笑)
◆スズキ:多分、思考整理中だから。気にしないであげて。
◆のあ:いや解らないよ? その後輩に限っては、お徳の「まぁ驚いた」かもしれないよ。
◆Caori:あ、どっちなんだろう。その線もありうるな、あの子は。だって相当デカい声だよ?
◆スズキ:精神の範囲が部屋の広さまで拡張されてるんだよ。これ、統計取りたいな。あなたは独り言を言う派? 言わない派? 思考整理型、精神拡張型、挨拶型!
◆戸塚:心理テストみたいだな(笑)