メンバーの公演情報:奈良田和華ちゃん演出助手します!

 

DJ神宮寺醍醐役だった奈良田和華さん、
大人な劇団の演出助手をするということで、お知らせです!

 

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

 

tea for twoの1年ぶりの本公演です。
会話劇です。
3人芝居の3本だてです。
今回は3にこだわってます。

少人数の企画公演は不定期で続けていくが、
今回のような人数の出る芝居はしばらくお休みとのこと。
別企画ではオイルのように社会問題を織り交ぜた作品をやっていて、
そちらも面白いのですよ。
でもそもそもこっちの本公演が面白いのですよ。
そして今回の脚本がまた面白いのですよ!!
いやもう本当に!!
面白いしか言ってないけど、私はこの作家さんの脚本が好きです。
しばらく本公演はないようなので、今回この機会に観るしかないっ。

 

==============================

 

tea for two第22回公演
「人数の足りない三角関係の結末」

 

3人芝居を3つ。
それも三角関係の芝居を3つ作ります。
コミュニティの最小単位を3人と定義した人がいたからです。
でも、登場人物が3人いれば三角関係が成り立っているなどと油断なさらぬよう。

「三角関係」という言葉は、
「同一直線上にない3点と、それらを 結ぶ3つの線分からなる多角形」
という三角形の定義に厳格に従っています。
3つの「点=人」が存在しても、
それらを結ぶ3つの「線分=関係」が途切れていれば、
あるいはそもそもつながっていなければ、三角関係は成立しません。
3人芝居では人数不足です。

それでも、簡単にあきらめてはいけません。
三角関係の話を作ると決めたからです。
この広い世界のどこかに、三角形を成り立たせてくれる人がいるかもしれません。

空間を超え、時間を超え、直線を延ばして、もう一つの「点」を探し求めます。

これは、三角形の喪失と再生のお話です。

 

■ 公演日程 ■

10/17(木)19:30
10/18(金)19:30
10/19(土)14:00/19:30
10/20(日)13:00/17:00

受付開始は開演の45分前、開場は30分前

 

■ 作・演出 ■

大根健一

 

■ 出演 ■

大岡伸次
羽立喬介((株)スターウイング)
湯澤千佳
奥村友美((株)ケイ☆サイド)
柳江麻
一健一
西尾早智子
小森健彰
天野弘愛(ここかしこの風)

 

■ 料金 ■

前売 2800円
当日 3000円(日時指定/全席自由)
ペア割引(前売のみ)  5000円(限定50組)
※割引は劇団のみ取扱い

 

■ tea for two ■

1999年旗揚げ。
「喫茶店の隣の席の会話が聞こえて来る」ような距離感による、
少人数の会話劇を中心に活動を重ねています。
舞台上でその瞬間に起こるドラマとその時間を生きる役者を楽しんでいただく、
「小さな空間の芝居」です。

ホームページ
 http://homepage3.nifty.com/teafortwo/
facebook
 https://www.facebook.com/t42spoon

 

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

キャスト写真☆奈良田和華

神宮寺醍醐:奈良田和華(ならた わか)

 

演出助手として稽古場まわりのお仕事やスタッフ会議など、
演出やキャストのために働き回る、しっかり者。
そして、その傍ら出演もする、オールマイティーさん。
最後の方には衣装部のお裁縫のお手伝いまで!
しっかりしているかと思いきや、ふわふわあまえんぼなところも。
今回の稽古場では、格段に、自分の成長を感じられたそうで、
自他共に認めますが、表情・声・表現など、ぐっと幅が広がりました。
舞台上を笑顔で楽しそうに駆け回る、もう1人のヒロイン、
アイドルの姿を、どうぞお楽しみに!

 

waka-1

 

waka-2

 

waka-3

 

waka-5

 

waka-6

 

waka-7

 

waka-8

 

waka-9

 

waka-10

 

waka-11

 

waka-12

 

なかよし演出部

先日、演出のあのえると、演出助手の奈良田和華(ならたわか)で、
たびたび会議をしているのですが。

劇団のの,オイル

わかちゃんの提案、
「狭いところで話すと視野が狭くなるので公園を散歩しましょう!」
という一声で、公園につれていっていただきました。

劇団のの,オイル

やはり、視野が広がりますね。
阻むものがありませんもの。

劇団のの,オイル

ふたりで、ぼんやり橋から水面や空をながめてました。

奈良田和華

そういえば、戯曲の読解のために今メンバーで神話を勉強していますが。
天の浮き橋から豊葦原を眺めていた神様って、こんな感じでしょうか?

奈良田和華

わかちゃんといると、いつも、
おっきな船に乗って海を旅してるような、のんびりした安心な気持ちになります。