横光利一『妻』テキスト

Read

小説家・横光利一は、若くして最愛の妻・きみを亡くしました。
きみの生前から死後にわたり、利一は繰り返し自分と妻をモデルにした小説を書きました。
「横光利一が愛した妻」シリーズでは、利一とその妻の夫婦関係の歩みに焦点を当てて読みを深めます。

作品紹介

郊外の庭付きの家に住む、若夫婦。
新婚の頃は夫にただ従順で心配ばかりしていた妻も、今では小気味良い皮肉を返すほどに余裕が生まれた。こうして夫婦のステージは少しずつ変化していく。
庭でメスに食われるカマキリのオスを見つけ、そこに自らの最終段階を重ね、むしろ清々しくすらな感じる夫。
庭仕事をする女中の老婆が良い味を出している。
『春は馬車に乗って』をより楽しむための、ステップとなる小作品です。

劇団のののテキストについて

劇団ののでは、みなさんにも元々の文章の味わいや朗読を楽しんでいただけるよう、オリジナルのテキストを作成しています。

テキストでは、朗読原稿としての読みやすさを大切にするため、原作に対し以下の加工をおこなっています。
・歴史的仮名遣い(古い書き方)を現代の仮名遣いに変更(例:「けふ」→「きょう」
・すべての漢字にルビ(ふりがな)を振る
・セリフの箇所を強調
・場面ごとにページを分割し、番号を追加

※ルビ・セリフ・場面分けは劇団ののの解釈によるものです。正しい読み方を示すものではありません。