コラムの記事一覧

劇団ののから、皆様へ、感謝の言葉やご挨拶をお伝えします。
また、上演される作品をより楽しむためにぜひ知っておきたい、物語の時代背景や伝えたいメッセージなどを綴ったコラムです。

コラム

横光利一「春は馬車に乗って」|改めて今紹介します

みなさまいかがお過ごしですか みなさんこんにちは。劇団ののです。 これをお読みのみなさま、今いかがお過ごしですか。 おそらく様々な状況にいらして、決してみなさん通常運行ではないのではないかと想像しておりますが、そんな中、...
コラム

横光利一「春は馬車に乗って」|解説:横光が愛した妻についての作品をシリーズにして読んでみよう

横光利一(Wikipedia) 劇団ののでは、今回初めて、横光利一を取り上げてみました。正直に言うと、「何か春らしい作品を」と考えていたおりに『春は馬車に乗って』というタイトルに惹かれて選んだので、メンバーの誰も、横光やその作品につ...
コラム

芥川龍之介「秋」|4コマ漫画「卵を取られたニワトリが」

芥川龍之介「秋」を読んだ人にしか分からない、マニアックな漫画を書いてみました。 今回は、照子と俊吉の新居に泊まることになった信子が、夜、俊吉と二人きりで庭のニワトリを見に行くシーン(Podcast「秋」第3話をお聴きください)から。 タイト...
コラム

芥川龍之介「秋」|3コマ漫画「照子の反省」

芥川龍之介「秋」を読んだ人にしか分からない、マニアックな漫画を書いてみました。 今回は、信子が大阪に行く前に、照子がニワトリに挨拶をさせたというエビソード(Podcast「秋」第1話をお聴きください)から。 タイトルは「照子の反省」です。
コラム

怪談シリーズ|キャスト日記:吉田素子『人には人の怪談話』

出た!! 吉田素子さんが、ブログ記事を書いてくれました! 怪談シリーズの3本、夢野久作『縊死体』、夏目漱石『夢十夜』、小泉八雲『雪女』が公開されたということで、今回作品と配役をプロデュースした吉田さんの、シリーズに寄せる思いを書いて...
コラム

夏目漱石「夢十夜 第十夜」|「こんな夢を見た」…見るな!

「こんな夢を見た」で有名な夏目漱石の『夢十夜』です。 美しい謎の美女、幻想的なシーンの数々から、何度も映像化、舞台化、漫画化された、全10編の作品集から選ばれたのは…… 「なんでこれにしたの?」という『第十夜』です!! 最も意...
コラム

夢野久作「縊死体」|大人ならリドルをたしなめ!

劇団のの「夏の怪談スペシャル」第1作目、その名も、『縊死体』=「首吊り死体」です。ぶるぶる。 “夏の” 怪談スペシャルって言って始めましたが、半年計画になっております。今までもキャストが「ちょっとぉ、この人間関係、もはやホラーじゃ〜...
コラム

小川未明「遠くで鳴る雷」|遠くに流れるキュウリ

さてさて、今回公開された『遠くで鳴る雷』。 どんな、お話なのか。 本編の後の、スズキヨシコ、吉田素子、梅田拓のトークを聞いた後、この記事を読んでいただけましたら、幸いです! 作者 小川未明さんとは まず、作者=小川...
コラム

芥川龍之介「蜜柑」|いろいろ推理! 汽車の旅

芥川龍之介『蜜柑』の世界について、物語の舞台になる横須賀に行ったり、物語に登場するSLが走っているところを間近で見たり、色々経験致しましたので、少しお話しようと思います! 主人公「私」は芥川自身かも フリートークの中で...
コラム

芥川龍之介「蜘蛛の糸」|キャスト日記:吉田素子『蜘蛛の糸に人はぶら下がれるのか』

今回、『蜘蛛の糸』を朗読してくれた、吉田素子さん。ドラマ形式ではなく、初の単独、一発目でした。 吉田さんは、深みのあるいい声をしていて、『竹の木戸』ではコミカルな役を演じましたが、今回はしっとりした大人のナレーションと、主人公カンダ...
タイトルとURLをコピーしました