土田耕平の記事一覧

きつねのおはなし

土田耕平『狐の渡』

川の向こう岸に渡りたくて困っていた旅人の元に、コン助と名乗る美しい子どもの船頭が乗った船が通り掛かりました。船を上手に操る子どもの尻の辺りから尻尾が生えているのを見た旅人は……!? 江戸時代には、橋を架けられない幅の広い川に、交通手...
タイトルとURLをコピーしました