横光利一『蛾はどこにでもいる』

横光利一『蛾はどこにでもいる』メインビジュアル 横光利一が愛した妻
横光利一が愛した妻

※原作は旧仮名遣いのため題名は『蛾はどこにでもゐる』

妻を看取り、喪失感に捕らわれ、傷心の主人公。妻の実家では居たたまれず、恩師の元で隠遁生活を送る。
気晴らしに出掛けた先や、食事の最中、ふと何気なく気付くと、彼の周りにはいつも、一匹の白い蛾が飛んでいた。彼は次第に、蛾を死んだ妻だと思い、不思議な親しみを感じるようになる。
そんなある日、彼の文学のファンだという女性が訪ねて来るのだが……。
横光利一が闘病の末に妻を亡くした経験に着想を得た、自伝的小説です。

朗読&トーク音源

※「テキスト」のつくエピソードは再生できません。リンク先でPDFファイルをご覧ください。

出演

テキスト

青空文庫で読む

劇団のので読む

現代仮名遣いに直しています

Amazonで購入する

ブログ記事

コラム

朗読するにあたって調べたこと、考えたことをまとめた記事です。作品についてもっと知るきっかけになれば幸いです。

コラム
横光利一「春は馬車に乗って」|解説|横光が愛した妻についての作品をシリーズにして読んでみよう
コラム
横光利一「蛾はどこにでもいる」|作品に登場する語彙の解説
コラム
横光利一が愛した動植物たち|作品に登場する語彙の解説

稽古場日記

作品を演じてみての気づきの交流や、普段の稽古場の様子を綴った記事です。トークやコラムに盛り込めなかったさまざまな気付きが埋もれているかも。

稽古場日記
横光利一「蛾はどこにでもいる」|収録しました
タイトルとURLをコピーしました