横光利一が愛した妻

横光利一が愛した妻

小説家・横光利一は、若くして最愛の妻・きみを亡くしました。
きみの生前から死後にわたり、利一は繰り返し自分と妻をモデルにした小説を書きました。
それぞれの作品を読み通すと、横光利一とその妻の関係が見えてきました。

取り扱い作品(予定含む)

  • 春は馬車に乗って
  • 慄える薔薇(慄へる薔薇)
  • 蛾はどこにでもいる(蛾はどこにでもゐる)
  • 花園の思想

出演

梅田拓
溝端育和
加賀美もちこ
スズキヨシコ
のあのえる
栗田ばね
田島裕人

■ 製作:劇団のの(のあ のえる, スズキ ヨシコ, 加藤 綾音)
■ テーマ音楽:鈴木 悟

朗読作品

横光利一が愛した妻
横光利一『春は馬車に乗って』
横光利一が愛した妻
横光利一『妻』
横光利一が愛した妻
横光利一『慄える薔薇』
横光利一が愛した妻
横光利一『蛾はどこにでもいる』

ブログ記事

関連するブログ記事はまだありません。

タイトルとURLをコピーしました