劇団ののと読む 朗読 横光利一が愛した妻

横光利一が愛した妻

小説家・横光利一は、若くして最愛の妻・きみを亡くしました。
きみの生前から死後にわたり、利一は繰り返し自分と妻をモデルにした小説を書きました。
それぞれの作品を読み通すと、横光利一とその妻の関係が見えてきました。

取り扱い作品(予定含む)

  • 春は馬車に乗って
  • 慄える薔薇(慄へる薔薇)
  • 蛾はどこにでもいる(蛾はどこにでもゐる)
  • 花園の思想

出演

梅田拓
溝端育和
加賀美もちこ
スズキヨシコ
のあのえる
栗田ばね
田島裕人

■ 製作:劇団のの(のあ のえる, スズキ ヨシコ, 加藤 綾音)
■ テーマ音楽:鈴木 悟

朗読作品

横光利一が愛した妻
横光利一『春は馬車に乗って』
横光利一が愛した妻
横光利一『妻』
横光利一が愛した妻
横光利一『慄える薔薇』

ブログ記事

コラム

朗読するにあたって調べたこと、考えたことをまとめた記事です。作品についてもっと知るきっかけになれば幸いです。

コラム
横光利一「春は馬車に乗って」|解説|横光が愛した妻についての作品をシリーズにして読んでみよう
コラム
横光利一「春は馬車に乗って」|改めて今紹介します
コラム
横光利一「妻」|作品に登場する語彙の解説

稽古場日記

作品を演じてみての気づきの交流や、普段の稽古場の様子を綴った記事です。トークやコラムに盛り込めなかったさまざまな気付きが埋もれているかも。

稽古場日記
横光利一「春は馬車に乗って」|作品の出だしが作品全体の色を決める
稽古場日記
横光利一「春は馬車に乗って」|横光はキリスト教徒?
稽古場日記
横光利一「春は馬車に乗って」|現代の言葉づかいに置き換えると納得できる!
稽古場日記
横光利一「春は馬車に乗って」|死に向き合う覚悟とは
稽古場日記
横光利一「春は馬車に乗って」|夫婦の会話は喧嘩?イチャイチャ?
稽古場日記
横光利一「春は馬車に乗って」|身体の状態と心の状態はリンクしている
稽古場日記
横光利一「春は馬車に乗って」|夫婦仲良く収録でした
稽古場日記
横光利一「蛾はどこにでもいる」|収録しました
タイトルとURLをコピーしました