横光利一『春は馬車に乗って』

横光利一『春は馬車に乗って』メインビジュアル 横光利一が愛した妻
横光利一が愛した妻

肺病による咳に苦しみ、床に伏せる妻と、そして自宅で仕事をしつつ甲斐甲斐しく看病する夫。
闘病とは何か、死とは何か、夫婦の愛とは何か。
やがて来る別れを前に、2人は時に責め合い、時に寄り添いながら、それぞれの真理を求め続ける。
実際に若くして妻を亡くした横光利一の自伝的小説です。心をえぐるような鮮やかな言葉の押収は、時代を超えて色褪せることなく、現代人の我々に、死と向き合うヒントを与えてくれます。

朗読&トーク音源

※「テキスト」のつくエピソードは再生できません。リンク先でPDFファイルをご覧ください。

出演

テキスト

青空文庫で読む

劇団のので読む

Amazonで購入する

ブログ記事

コラム

朗読するにあたって調べたこと、考えたことをまとめた記事です。作品についてもっと知るきっかけになれば幸いです。

コラム
横光利一「春は馬車に乗って」|解説|横光が愛した妻についての作品をシリーズにして読んでみよう
コラム
横光利一「春は馬車に乗って」|改めて今紹介します

稽古場日記

作品を演じてみての気づきの交流や、普段の稽古場の様子を綴った記事です。トークやコラムに盛り込めなかったさまざまな気付きが埋もれているかも。

稽古場日記
横光利一「春は馬車に乗って」|作品の出だしが作品全体の色を決める
稽古場日記
横光利一「春は馬車に乗って」|横光はキリスト教徒?
稽古場日記
横光利一「春は馬車に乗って」|現代の言葉づかいに置き換えると納得できる!
稽古場日記
横光利一「春は馬車に乗って」|死に向き合う覚悟とは
稽古場日記
横光利一「春は馬車に乗って」|夫婦の会話は喧嘩?イチャイチャ?
稽古場日記
横光利一「春は馬車に乗って」|身体の状態と心の状態はリンクしている
稽古場日記
横光利一「春は馬車に乗って」|夫婦仲良く収録でした
タイトルとURLをコピーしました