横光はキリスト教徒?

本日のお稽古は、横光利一『春は馬車に乗って』と、江戸川乱歩『指環』です。

 

 

『指環』は、今日は栗田ばねさんがお休みで、田島裕人くんだけです。

 

 

 

みんなで、Aの役とBの役を回し読みしました。梅田くんが、江戸っ子っぽいべらんめえ調を気に入りました。

「これはいいねぇ〜。トントント〜ンと言ってほしいね」

 

 

そんな梅田くんが務めるのは、『春は馬車に乗って』の、夫役です。

 

 

今日は、後半の、妻の容体が悪化したところを中心に練習しました。

もうすっかり、ガッツリ演技を固めている溝端育和ちゃん。さすがプロ。

 

 

後半、妻が、夫に「聖書を読んでちょうだい」と頼み、夫が聖書を朗読するシーンがあります。

 

今、日本のキリスト教の世界では、なんとなく牧師に共通した聖書の読み方があります。別に、「これが基準だ」と明確に決まっているわけではないのですが、統一された方向性はあるように思われます。特に、年配の牧師さん。

 

しかし、当時は、どんな読み方をしていたのでしょうか? 戦前から脈々と伝わる牧師の聖書の読み方が、外題に伝わっているのでしょうか? それとも、当時はもっと違う読み方をしていて、戦後に今のスタイルが定着したのでしょうか? そもそも、何かものを読む時というのは、どういうテンションで読んだのでしょうか?

 

 

横光は、よく小説にキリスト教の要素を登場させますが、どのぐらい信心深かったのでしょう? というのは、夫は、どの程度キリスト教に親しんで、妻に聖書を朗読していたのでしょう?

 

 

梅ちゃんは、

「僕は、夫はそんなに信心深くはないと思う。これはね、妻が熱心だったとして、夫は付き合わされてるだけだと思うの」

と推理します。

「だって、ここ見てよ。汚れたバイブルって書いてあるんだよ? 愛着があって、読み込んでるからボロボロになっているんだとして、リスペクトがあって大事にしてたら、汚れたっていう風には言わないと思うよ」

とのこと。確かに。聖典に向かって、「古びた」「くたびれた」とは言うかもしれませんが、「汚れた」というのは、リスペクトが足りないかもしれません。

 

* * * * *

 

これはあとで調べたことですが、戦前の義務教育では、ものを読むときは音読、特に群読が基本だったようです。大きな声を出し、唱和するのが基本だったわけです。

むしろ、戦後には、みんなで一緒に大きな声で何かを読むことが全体主義的、軍国主義的な教育を想起させるため、群読は奨励されなくなり、黙読できる力を育てたり、句読点で区切って1人ずつ順番にやり方が主流になったようです。

ということで、夫は、「声に出して聖書を読んでくれ」と頼まれても、あまり抵抗が無かったかもしれません。現代人の方が、音読はちょっと照れてしまい、苦手な人が多いのではないでしょうか。

 

* * * * *

 

また、横光がどのぐらい信心深かったかというと、キリスト教に対する知識や教養、関わりはありましたが、心の底から熱心に信じていたのではなかった、とする説が主流のようです。また、反発を持っているという論説もあります。

他の作品では、教会の牧師の娘を目当てにキリスト教との振りをして教会に通う青年が登場しています。

また、『春は馬車に乗って』に出て来る聖書の詩篇の箇所も、妻の容体や話の筋など、作品に合わせて都合のいい箇所が選ばれ、やや改編が加えられているのです。

これは、熱心な信者では、恐れ多くてできないことでしょう。

 

しかし、面白いエピソードもありまして。横光は最初の妻と死別した後、兼ねてから彼のファンだった女性と結婚し、子どもを持っています。

晩年その妻に「近所に教会ができたから行ってみたらどうだ」と勧めたのは、横光でした。横光自身は晩年で体調が悪化してたため、一緒に通うことは叶いませんでしたが、妻はその後、洗礼を受けてクリスチャンとなっています。

横光は、キリスト教と、何かと距離を保ちながら、深く関わり続けたことになりますね。

 

* * * * *

 

また、この物語に登場する、唯一の他人、お医者さんは、どういうお医者さんなんだろう? という話になりました。

 

お医者さんの役をやることになるであろう、田島くんです。

 

 

スズキヨシコさんが想像するのは、若くて、淡々としたお医者さん。医大生のような雰囲気です。特に感情的にならず、無慈悲に病状を伝えてくるという設定です。

 

 

梅ちゃんが想像するのは、そうではなく、たくさんの患者を見てきたからこそ、無慈悲にではなく、淡々と伝えてくる老医者。

 

 

こちらは、みなさんの演技や、今後の話し合い次第で、じっくり決まっていくことですね。

 

 

江戸川乱歩『指環』を収録しました!

 

本日は、江戸川乱歩『指環』の収録でした!

 

音楽用のスタジオにて。

ギター背負ったバンドマンたちに囲まれ、朗読。

電話予約の際、「では、アンプ等の機材無し、ボーカルのみの収録ということでよろしいですか?」と尋ねられ「ボーカル? ボーカル、あ、はい、声ですねぇ……」と答えましたが、そういうことだったのですね……!

他に、朗読をしていそうな人は見当たりませんでした。とりあえずお客は全員、黒服で、マッシュルームカットでした。カリスマボーカルっぽい人もいました。憧れますね。

 

 

我々は、こちらのドラム、無視させていただきます。ドラムも3時間、暇そうでした。かわいそうに。

 

しかし、ドラム越しに見るみんなは、かっこいいですね。

 

 

鏡があるので、人が2倍に見えて、すごくたくさんいるように見えます。

スズキさんについては、完全に2人いるように思えました。本当に2人いたら、めっちゃ便利ですね。

 

 

ちなみに、今回の収録では、新しい機材を投入しております。

 

 

音響をやっている友人がご好意で貸してくださったマイクと、新しく購入したオーディオインターフェイス。

 

 

マイクごとに音量を調節できるようになったのと、パソコンで、すぐ音声を確認できるようになって、ありがたいです。

 

 

さて、音量を調節して、『指環』の本番を収録しました。

 

 

今回は、江戸川乱歩の原文を、登場人物AとBのキャストを入れ替えて、2パターン収録。

さらに、栗田ばねさんが改編を加えたバージョンで、AとBを入れ替えて、2パターン。

合計、4本撮りです!

ぜひ、聴き比べてくださいね。

 

 

これは、改編バージョン。当日、直前の練習まで、書き換えを加え続けました。

 

 

しかし、ここで罠が。

 

 

「ハッハッハ!」とか「なぁおい!」とか大きな声出すと、ドラムが微妙に、シャリーン、と響く……。

シンバルが振動するのです。

邪魔だなぁおい!

仕方ない。バンドマンのテリトリーで朗読をする、もぐりへの洗礼です。受けて立つ。

 

 

さて、次は、フリートークです。

 

まずは、裕人×よっこ。

 

 

劇団ののラジオに初参加の、感想、自己紹介、江戸川乱歩について仕入れた知識など、いろんな話をしてくれています。

 

 

初出演だから緊張するのかな、って思ったら、スラスラスラスラ、川の流れのように、それはもう流しソーメンのように、スムーズに喋る。今までフリートークに出た人の中で、1番達者に喋っている気がする。

 

 

そういえば、戸塚駿介くんも達者だったので、若い子の方が、こういうのに慣れているのかな? と思ったのですが。

もしかしたら、大人たちの方が、脳内とっちらかった人ばかりなのかもしれない、と、気付いた。気付かない方がよかった。

 

 

よく、家事をしながら、電車に乗りながら、ラジオ番組を聞くから、勘が働くのだそうです。

 

 

それにしても。落ち着きないなぁ、栗田ばね。

 

 

全部の写真に写りこんでいるじゃないか。

しかも、田島がくんが喋ってる間、移動し続けているじゃないか。

 

 

なんだその顔は。

 

 

最後は、演じたキャスト2人による、トークです。

 

 

息もピッタリ。ファッションもおそろい(偶然)

なかなか、良い作品に仕上がったと思います!

 

 

帰りは、せっかく珍しく都会に出たので、どこにでもあるチェーン店でパスタランチをいただきました。やっぱりチェーン店は、安心、安価、安定のおいしさだ。

 

とても充実した1日でした。

 

極めろミステリー!

本日は、加賀美もちこさんが、脚本にファミチキの油を垂らしたところから始めたいと思います。

『竹の木戸』からお馴染みのスズキヨシコ邸でしたが、今日は、お引越しした新居にて、稽古です。

新スズキ邸の最寄りのファミマで、お気に入りのファミチキを食し、そして台本に油をこぼした、もちこさんです。

笑うしかない、田島裕人くんです。

今日は、相方の栗田ばねさんがいませんが、江戸川乱歩の『指環』を気合いを入れて練習します!

今日のメンバーは、ひどいです。稽古の内容を思い出すために、録音した音声を聞いたら、冒頭から

スズキ「はい、お茶だよ」

もちこ「あ、ありがとう。Teaだね」

スズキ「茶だよ」

もちこ「ティー」

スズキ「ちゃ」

もちこ「ティー」

スズキ「チャー」

裕人「ティーチャー! あははははは」

ノア「今日のメンバーはダメだ……」

スズキ「誰か、止めてくれないと……」

もちこ「戸塚くんが必要だよね。(茶碗を転がす音)あぁっ!」

裕人「なははははははっ」

という会話が入っていて、とりあえず、聞くのをやめました。

さて、気を取り直して、暇な時に、もう一度聞き直しました。

壁際に椅子を2つ並べて、電車の座席に見立て、2人で並んで演技します。

ちょっと気になるのが、この、背景において主張の強い、黄色い鳥のカレンダー。

AとBが緊迫してやり合ってても、なんかちょっと、和んじゃうなぁ。

まずは、AとBが、お互いに泥棒であることを隠して、上品ぶって敬語で話す前半の練習です。

座っているBの元に、隣の車両からやって来て話しかけるA。そして、幾つも遠回りな質問をして、Bにカマを掛けようとします。

AとBは、よっこ×もちこ、もちこ×裕人、裕人×よっこ、と、ローテーションして、役も組み合わせも入れ替えました。

動画を撮りながら、立ったり座ったりして、演技しています。

Aは、しっかり間を取って、あの手この手で畳み掛けた方が、Bが怪しく感じて来るようです。

気付いたのは、このお話の1番重要である「心理戦」「駆け引き」を上手にやろうとすると、みんな『相棒』の水谷豊さん風になっていく、ということです。

「あなた、こないだの方ですよねー?」「これはこれは、おやぁ? おかしいですねぇ?」「と、いうことは……、はてー?」

さて、全員水谷化したところで、休憩。お昼ご飯とおやつで一服です。

のりまきをいただきました。いつもおいしいごはんをありがとうございます……!

そしてこちらは、甘いお菓子と塩味のお菓子を、混ぜて入れた、カオスの図。無頓着の極みです。

ぜひ、水谷さんの紅茶と一緒にいただきたい。

ここで、劇団ののがYouTubeで音声配信を行う新企画、NonoTubeの試験録音を視聴しました。

これは、もちこさんが読んだ、おしるこのレシピを聞いているところです。本当にただ、レシピを読んだだけなのですが、これがなかなか面白いです。

次は、栗田ばねさんが読んだヒカキンさんのYouTube番組を、ひたすら文字起こしして静かに読んだだけの音声を視聴。

静かに淡々と読み聞かされる「ぶんぶん、ハローユーチューブ」は、ひどいです。

さて、一服した後は、お互いに正体を明かし、急に江戸っ子風になる、後半を練習。

まずは、1人1セリフずつ、順番に、何も考えずに、べらんめえ調でセリフを読みました。

落語、泉谷しげるさん、石倉三郎さんなどを意識して。

全員で早口で読んでいると、だんだん江戸っ子リズムに慣れてくるものです。スラスラ読めるようになって来ました。

そして、次に肝心なのが、前半の上品ぶっているところから、後半に突入する、境目のところ。

===========================

A 併し、不思議ですね。とうとうあの指環は出て来なかったというじゃありませんか。どうも、不思議ですね。
B …………
A …………
B ハハハハハハ。オイ、いい加減にしらばくれっこは止そうじゃねえか。

===========================

 
この、水谷の「ど〜うも、不思議ですね〜?」の、わざとらしさ。

訪れる、2人の沈黙。沈黙の中でAがBを盗み見るのか、じっと睨みつけるのか、すまして遠くを見つめるのか。Bが口火を切るのを今か今かと待つその心は!? そしてBは何を考えているんだ!?

そして、遂に、この猿芝居の滑稽さにこらえきれなくなり、沈黙を破るように笑い出してしまうBの、フフ……フフフ……ハーッハッハッハッハッハッ!!!!! という、絵に描いたようなワルモノ笑い。

を、練習してみました。

この切り替え、結構、大事です。沈黙を破るのを急ぎすぎると雰囲気が出ないし、笑い声の後のセリフがゆっくりすぎるとタンターンという江戸っ子っぽいリズムが出ないのです。

ここで、もちこさんのワンポイントアドバイスが出ました。

「セリフをかまないようにするには、もったいぶるといいよ」

あえて演技でもったいぶるように見せつつ、次のセリフをかまないようにしているのだそうです。その手があったか。

と、ここでもう一度、電車の並びで演技をしました。動画を撮りながら。

ところで、後で見返してみると、これ、江戸川乱歩のミステリーじゃなくて、すごく、ベタな月9のひと場面に見えますね。

この日は、横光利一『春は馬車に乗って』の、お医者さんのセリフも、練習しました。

主人公の夫に、妻の病状「もう助からない」ということを伝える、大事な役目。作品に出て来る、唯一の第三者の役です。

お医者さんのイメージについては、最後までもめました。メンバーの中で、イメージが統一されませんでした。

ひどいことを言っていると気付かずに、あっさりと言ってくる人、悲痛な感じで伝える人、事務的に義務感を持って淡々と伝える人。

これは、横光が、あえて医者の情報を削ぎ落としているからです。

この物語に出て来る他人、つまり夫と妻以外の人物は、大変上手に制限されています。夫が遠目に見る海辺の子どもたちは風景と一体化していますし、スイートピーをくれたらしい知人というのは、登場はしません。

医者は、夫と会話を交わす、唯一の他人です。しかし、これは生身の人間としてではなく、夫が妻の死を実感する装置として登場させられた人物です。なので、医者を描写する余計な情報が、全て排除されているのです。

これをどう演じるかで、夫の演技、場面の雰囲気、後半に対する感情移入の仕方が、変わって来ます。こういうところが、“文学に演出を付ける” 醍醐味と言えるでしょう。

「この医者が、どこを見て言っているのかって、大事な気がする。主人公の目を見て言っているのか、それとも目を合わせられなくて、キョロキョロそらして話しているのか。なんか背中に腕を組んだりして、窓の外眺めながら言ってるのか。随分、言い方は変わると思う」と、考え込む田島くん。

結局、「目はしっかり合わせて言っている。残念には思っている。決して平気で言っているのではないだろう。しかし、という方向性になりました。

では、そんなわけで、今日は和やかなメンバーによるキレのない稽古でしたが、ミステリーの稽古だったので、もちこさんがテーブルの角で後頭部を強打する不穏なシーンで、終わりたいと思います。

一度ぶつけ、もう二度とぶつからないよう、何度も振り向き、座り位置を確認し、やっぱりもう一度強打した瞬間。そんな画像で、締めくくりたいと思います。

おのれの敵は、おのれ。

みなさん、ごきげんよう。