国木田独歩『竹の木戸』

劇団ののと読む 朗読 国木田独歩『竹の木戸』 ののラジオ
ののラジオ

「劇団ののと読む名作文学」、記念すべき第1作目。稚拙な点も多いですが、一番作品を読み込んで収録に臨んだ作品です。

作品紹介

裕福な大庭家と、隣に引っ越して来た貧しい植木屋夫婦。井戸を共有するため両家の境の生け垣に竹の木戸が作られ、不思議な交流が始まった。
秋冬の寒さが深まり炭の価格が高騰する中、大庭家の炭が盗まれる事件が起きる。静かに事を見守る大庭家の主人=真蔵、植木屋の妻を犯人だと疑う女中=お徳、涙ながら夫に貧乏生活のつらさを訴える植木屋の妻=お源、それでも変わらない植木屋=磯吉……
生活必需品の炭を巡り、日常生活と人間関係が、少しずつその均衡を崩してゆく。

朗読&トーク音源

※「テキスト」のつくエピソードは再生できません。リンク先でPDFファイルをご覧ください。

出演

テキスト

青空文庫で読む

劇団のので読む

Amazonで購入する

ブログ記事

コラム

朗読するにあたって調べたこと、考えたことをまとめた記事です。作品についてもっと知るきっかけになれば幸いです。

ニュース
次回企画:劇団ののと読む『竹の木戸』
コラム
国木田独歩「竹の木戸」|あらすじ・説明 上1
コラム
国木田独歩「竹の木戸」|あらすじ・説明 上2
コラム
国木田独歩「竹の木戸」|あらすじ・説明 中1
コラム
国木田独歩「竹の木戸」|あらすじ・説明 中2
コラム
国木田独歩「竹の木戸」|あらすじ・説明 下1
コラム
国木田独歩「竹の木戸」|あらすじ・説明 下2
コラム
国木田独歩「竹の木戸」|スタッフコラム|加藤綾音「行間にある心…。」
コラム
国木田独歩「竹の木戸」|キャストコラム|Caori「人の心は変わらない」
コラム
国木田独歩「竹の木戸」|キャストコラム|吉田素子「家政婦がキター!」
コラム
国木田独歩「竹の木戸」|キャストコラム|吉田素子「私は松田龍平、23歳の女の子」
コラム
国木田独歩「竹の木戸」|作品に登場する語彙の解説

稽古場日記

作品を演じてみての気づきの交流や、普段の稽古場の様子を綴った記事です。トークやコラムに盛り込めなかったさまざまな気付きが埋もれているかも。

稽古場日記
国木田独歩「竹の木戸」|鼻濁音ってなぁに?
稽古場日記
国木田独歩「竹の木戸」|実際どんな木戸だった?
稽古場日記
国木田独歩「竹の木戸」|明治時代のギャグが解らない
稽古場日記
国木田独歩「竹の木戸」|妙にループ感とリアリティのあるラスト
稽古場日記
国木田独歩「竹の木戸」|これは江戸と明治の過渡期のお話だ!
稽古場日記
国木田独歩「竹の木戸」|アニメ同好会だと思われた
稽古場日記
国木田独歩「竹の木戸」|明治の成人男性は1日に5合の米を食べる
稽古場日記
国木田独歩「竹の木戸」|磯吉は勝算あって家を飛び出したのか?
稽古場日記
国木田独歩「竹の木戸」|検証! 磯吉の話はどこから嘘なのか
稽古場日記
国木田独歩「竹の木戸」|増屋ってどんな青年?
稽古場日記
国木田独歩「竹の木戸」|家族の団欒が金田一少年の事件簿みたいな場面に
稽古場日記
国木田独歩「竹の木戸」|明治時代にもあった「カントリーマアム小っちゃくなったね」現象
稽古場日記
国木田独歩「竹の木戸」|独歩にもお隣さんがいた
稽古場日記
国木田独歩「竹の木戸」|お源はひとりごとが多い? あなたは言う派? 言わない派?
稽古場日記
国木田独歩「竹の木戸」|磯吉の再婚が1番の衝撃
稽古場日記
国木田独歩「竹の木戸」|写真で紹介! 演劇風に立ち稽古
稽古場日記
国木田独歩「竹の木戸」|屋外と同じ寒さの中で収録しました
稽古場日記
国木田独歩「竹の木戸」|クリスマスパーティー 兼 収録でした
稽古場日記
国木田独歩「竹の木戸」|初のトーク収録です
タイトルとURLをコピーしました