宮沢賢治『注文の多い料理店』

宮沢賢治『注文の多い料理店』メインビジュアル ちょっと不思議な童話集
ちょっと不思議な童話集

宮沢賢治の代表作、注文の多い料理店に挑戦しました。なんとなくストーリーを知っているかもしれませんが、初めて読む気持ちで、ドキドキしながら読んでみてください。ちょっと不思議で、とっても怖いお話ではありませんか?

2人の紳士が、狩猟を楽しみに山を訪れた。彼らは東京からやってきており、恰幅が良く、身なりや装備も立派な様子だ。しかし、突如、連れて来た犬が死んでしまい、風も強くなってきたため、狩りを中断するはめに。がっかりした2人が見つけたのは、西洋料理店『山猫軒』。喜んで中に入ると、そこにはまたドアがあり、何やら注意書きが。文言に従って次々とドアを開けて奥へ進んでいく2人を、最後に待ち受けていたものとは…!? ミステリアスな童話を、ゲーム風のアレンジでお楽しみください。

朗読&トーク音源

※「テキスト」のつくエピソードは再生できません。リンク先でPDFファイルをご覧ください。

出演

テキスト

青空文庫で読む

劇団のので読む

Amazon Kindleで読む

ブログ記事

稽古場日記

作品を演じてみての気づきの交流や、普段の稽古場の様子を綴った記事です。トークやコラムに盛り込めなかったさまざまな気付きが埋もれているかも。

稽古場日記
宮沢賢治「注文の多い料理店」|ゲーム「かまいたちの夜」風に演出してみよう
稽古場日記
宮沢賢治「注文の多い料理店」|キャスト日記|栗田ばね「東京砂漠 流浪のカラオケ」
稽古場日記
宮沢賢治「注文の多い料理店」|ジブリアニメとの共通点を探してみた
稽古場日記
宮沢賢治「注文の多い料理店」|紳士には名前がない? 山猫たちとの位置関係は?
稽古場日記
宮沢賢治「注文の多い料理店」|みんなで楽しく収録しました
タイトルとURLをコピーしました