夏目漱石『夢十夜』より「第十夜」

夏目漱石「夢十夜」第十夜メインビジュアル 背筋がぞくっとする話
背筋がぞくっとする話

「こんな夢を見た」のフレーズで有名な、『夢十夜』から、不思議な「第十夜」をお届けします。暇人で女好きの正太郎は、果物屋の店先に座っては女を、女が通らない日は果物を眺めていました。そしてある日、果物屋に立ち寄った美しい女性にフラリとついていき、7日間も行方不明になってしまいます。ようやっと帰って来たと思ったら熱を出して寝込む正太郎が大草原で見た光景とは!? という、夢を見たお話です。

朗読&トーク音源

※「テキスト」のつくエピソードは再生できません。リンク先でPDFファイルをご覧ください。

出演

テキスト

青空文庫で読む

劇団のので読む

Amazonで購入する

ブログ記事

コラム

朗読するにあたって調べたこと、考えたことをまとめた記事です。作品についてもっと知るきっかけになれば幸いです。

コラム
夏目漱石「夢十夜 第十夜」|考察|「こんな夢を見た」…見るな!
コラム
夏目漱石「夢十夜 第十夜」|作品に登場する語彙の解説
タイトルとURLをコピーしました