小泉八雲『雪女』

背筋がぞくっとする話
背筋がぞくっとする話

ある冬の日、武蔵の国の木こり・茂作と巳乃吉は、猛吹雪に遭い、渡し守の小屋で夜を明かすことになる。しかし、突然現れた真っ白い女に息を吹きかけられ、茂作は命を落とすが、巳乃吉はなんとか見逃されて生き延びる。
数年後のある日、巳乃吉は道行く美しい女と恋仲になり、結婚。妻、母、かわいい子どもたちに囲まれ、幸せに暮らしていたのだが……。
明治期に日本を愛したラフカディオ・ハーンにより英語で書かれた怪談を、田部隆次の翻訳でお楽しみください。

朗読&トーク音源

※「テキスト」のつくエピソードは再生できません。リンク先でPDFファイルをご覧ください。

出演

テキスト

青空文庫で読む

劇団のので読む

Amazonで購入する

ブログ記事

コラム

朗読するにあたって調べたこと、考えたことをまとめた記事です。作品についてもっと知るきっかけになれば幸いです。

コラム
小泉八雲「雪女」|作品に登場する語彙の解説

稽古場日記

作品を演じてみての気づきの交流や、普段の稽古場の様子を綴った記事です。トークやコラムに盛り込めなかったさまざまな気付きが埋もれているかも。

稽古場日記
宮沢賢治「注文の多い料理店」|みんなで楽しく収録しました
稽古場日記
小泉八雲「雪女」|雪女は巳之吉の何に怒って消えたのか?
タイトルとURLをコピーしました