小川未明『遠くで鳴る雷』

遠くで鳴る雷メインビジュアル ちょっと不思議な童話集
ちょっと不思議な童話集

毎日、家の畑に出ては、育てているきゅうりの成長を楽しみに眺めていた少年、二郎。二郎に見守られて、きゅうりはツルを伸ばし、花を咲かせ、やがて立派な実になります。ある日、お母さんが、二郎にハサミを渡し、いよいよきゅうりを収穫することに。
川の流れる音、雷の音、きゅうりにちょきんと入るハサミの音……耳を澄ませて、夏の思い出や清涼感を感じていただけましたら幸いです。

朗読&トーク音源

※「テキスト」のつくエピソードは再生できません。リンク先でPDFファイルをご覧ください。

出演

テキスト

青空文庫で読む

劇団のので読む

Amazonで購入する

ブログ記事

コラム

朗読するにあたって調べたこと、考えたことをまとめた記事です。作品についてもっと知るきっかけになれば幸いです。

コラム
小川未明「遠くで鳴る雷」|解説|遠くに流れるキュウリ
コラム
小川未明「遠くで鳴る雷」|作品に登場する語彙の解説

稽古場日記

作品を演じてみての気づきの交流や、普段の稽古場の様子を綴った記事です。トークやコラムに盛り込めなかったさまざまな気付きが埋もれているかも。

稽古場日記
宮沢賢治「注文の多い料理店」|ゲーム「かまいたちの夜」風に演出してみよう
稽古場日記
小川未明「遠くで鳴る雷」|稽古5分しかしてないのに収録しちゃいました
タイトルとURLをコピーしました