田中貢太郎『狸と同棲する人妻』『狸と俳人』

田中貢太郎狸2本立てメインビジュアル きつねのおはなし
きつねのおはなし

仁蔵は仕事熱心な若者で、毎日のように行商に出かけていた。ある時、何日も帰らなくなり、妻の直は非常に心配していたが、ひょっこりと帰宅し、また平穏な日々が再開した。しかし……!?(狸と同棲する人妻)

変わり者の俳人、澤田庄造は、庭にくる狸をかわいがっていた。二人の友情は続いていたが、庄造はある時から病に伏せってしまう。(狸と俳人)

狐が登場する物語のシリーズに、同じ人を化かす動物とされる、狸が登場するおとぎ話を二つ添えてみました。

朗読&トーク音源

※「テキスト」のつくエピソードは再生できません。リンク先でPDFファイルをご覧ください。

出演

テキスト

青空文庫で読む

『狸と俳人』へのリンクです

劇団のので読む

Amazonで購入する

本作品が収録されているかは未確認です

ブログ記事

コラム

朗読するにあたって調べたこと、考えたことをまとめた記事です。作品についてもっと知るきっかけになれば幸いです。

コラム
田中貢太郎「狸と同棲する人妻」「狸と俳人」|作品に登場する語彙の解説
タイトルとURLをコピーしました