江戸川乱歩『指環』

江戸川乱歩『指環』メインビジュアル 劇団のの脚色&ダブルキャスト『指環』
劇団のの脚色&ダブルキャスト『指環』

とある列車の中。1人の男Aが、もう1人のBに話しかける。以前も会ったことがあるというこの2人。前回はちょうど、車内で指環がすられる事件があり、Bが疑いを掛けられた時だった。その事件の裏側に隠された真実とトリック、そしてAとBの正体とは……? ミステリー作家、江戸川乱歩が初めて、セリフを台本形式に書いた短編。落語のような、丁々発止の「べらんめえ調」が小気味好い! より分かりやすさを追求した劇団ののオリジナル版と、キャスト入れ替えによる、全4バージョンをお楽しみください。

朗読&トーク音源

※「テキスト」のつくエピソードは再生できません。リンク先でPDFファイルをご覧ください。

出演

テキスト

青空文庫で読む

劇団のので読む

Amazonで購入する

ブログ記事

コラム

朗読するにあたって調べたこと、考えたことをまとめた記事です。作品についてもっと知るきっかけになれば幸いです。

コラム
横光利一「蛾はどこにでもいる」|作品に登場する語彙の解説

稽古場日記

作品を演じてみての気づきの交流や、普段の稽古場の様子を綴った記事です。トークやコラムに盛り込めなかったさまざまな気付きが埋もれているかも。

稽古場日記
江戸川乱歩「指環」|江戸川乱歩作品に初挑戦
稽古場日記
江戸川乱歩「指環」|ミステリーを演じるとみんな水谷豊になる
稽古場日記
江戸川乱歩「指環」|もはや書き換えてもいいですか?
稽古場日記
江戸川乱歩「指環」|スタジオ収録しました!
タイトルとURLをコピーしました