芥川龍之介『秋』

劇団ののと読む 朗読 芥川龍之介『秋』 芥川龍之介作品集「秋」ほか
芥川龍之介作品集「秋」ほか

作品紹介

時は浪漫溢れる大正時代。文学の才能があると評判の信子は、文壇を志す幼馴染の従兄=俊吉といい仲だと噂されていた。ところが信子は大学卒業後、突然サラリーマンの男と結婚し、東京の実家を離れ、大阪へ。兼ねてから俊吉に恋心を抱いていた信子の妹=照子は、姉に後ろめたさと感謝を感じつつも、晴れて俊吉と結ばれ、東京にて新婚生活を始める。妹からの強い信望を心の支えに、平凡な夫との結婚生活をやり過ごしていた信子だが、俊吉と文学への想いが再び燻り出し……4人の男女が紡ぐ、儚く、歯痒い心と言葉のやりとり。

朗読&トーク音源

※「テキスト」のつくエピソードは再生できません。リンク先でPDFファイルをご覧ください。

出演

テキスト

青空文庫で読む

青空文庫未登録の作品です

劇団のので読む

Amazon Kindleで読む

ブログ記事

コラム

朗読するにあたって調べたこと、考えたことをまとめた記事です。作品についてもっと知るきっかけになれば幸いです。

コラム
芥川龍之介「秋」|キャスト日記:Caori『信子の世界は狭すぎて』
コラム
芥川龍之介「秋」|3コマ漫画「照子の反省」
コラム
芥川龍之介「秋」|4コマ漫画「卵を取られたニワトリが」

稽古場日記

作品を演じてみての気づきの交流や、普段の稽古場の様子を綴った記事です。トークやコラムに盛り込めなかったさまざまな気付きが埋もれているかも。

稽古場日記
芥川龍之介「秋」|容赦ない「ハイ!」
稽古場日記
芥川龍之介「秋」|これはとてもジャパ〜ンなお話
稽古場日記
それいけ響け夫の声
稽古場日記
国民的夫
稽古場日記
結局チャラい男がモテるのか
稽古場日記
文学者は月と酒を愛する
稽古場日記
卵を盗られた鶏は照子!? 信子!?
稽古場日記
照子とナレーター秘密特訓
稽古場日記
語られざる部分のある会話
稽古場日記
日常で「ぜ」って言う人います?
タイトルとURLをコピーしました