横光利一『慄える薔薇』

横光利一『慄える薔薇』メインビジュアル 横光利一が愛した妻
横光利一が愛した妻

※底本は旧仮名遣いのため、『慄へる薔薇』

貧しいながらも、郊外の庭付きの家に引っ越した、若い画家の卵と、その新妻。
夫は、妻に苦労を掛けていることを身にしみて知っており、後ろめたさを感じているが、甲斐甲斐しく家事をして支えてくれる様子に、かえって素直になることができず、軽口ばかり叩いていた。
そんな中、彼の絵が展覧会で取り上げられ、絵を見た女性からファンレターが送られてくる。
芸術とは何か、芸術で出世してゆくこととは何か……静かな風景と静かな言葉のやりとりの中に、熱く強い葛藤と愛情が紡がれる。

朗読&トーク音源

※「テキスト」のつくエピソードは再生できません。リンク先でPDFファイルをご覧ください。

出演

テキスト

青空文庫で読む

青空文庫未収録

劇団のので読む

現代仮名遣いに直しています

Amazonで購入する

関連する書籍を表示しています

ブログ記事

コラム

朗読するにあたって調べたこと、考えたことをまとめた記事です。作品についてもっと知るきっかけになれば幸いです。

コラム
横光利一「春は馬車に乗って」|解説|横光が愛した妻についての作品をシリーズにして読んでみよう
コラム
横光利一「慄える薔薇」|作品に登場する語彙の解説

稽古場日記

作品を演じてみての気づきの交流や、普段の稽古場の様子を綴った記事です。トークやコラムに盛り込めなかったさまざまな気付きが埋もれているかも。

稽古場日記
横光利一「春は馬車に乗って」|身体の状態と心の状態はリンクしている
タイトルとURLをコピーしました