横光利一『妻』テキスト

横光利一『妻』メインビジュアル
Read

小説家・横光利一は、若くして最愛の妻・きみを亡くしました。
きみの生前から死後にわたり、利一は繰り返し自分と妻をモデルにした小説を書きました。
「横光利一が愛した妻」シリーズでは、利一とその妻の夫婦関係の歩みに焦点を当てて読みを深めます。

作品紹介

郊外の庭付きの家に住む、若夫婦。
新婚の頃は夫にただ従順で心配ばかりしていた妻も、今では小気味良い皮肉を返すほどに余裕が生まれた。こうして夫婦のステージは少しずつ変化していく。
庭でメスに食われるカマキリのオスを見つけ、そこに自らの最終段階を重ね、むしろ清々しくすらな感じる夫。
庭仕事をする女中の老婆が良い味を出している。
『春は馬車に乗って』をより楽しむための、ステップとなる小作品です。

(さらに…)

横光利一『妻』

横光利一『妻』メインビジュアル

小説家・横光利一は、若くして最愛の妻・きみを亡くしました。
きみの生前から死後にわたり、利一は繰り返し自分と妻をモデルにした小説を書きました。
「横光利一が愛した妻」シリーズでは、利一とその妻の夫婦関係の歩みに焦点を当てて読みを深めます。

作品紹介

郊外の庭付きの家に住む、若夫婦。
新婚の頃は夫にただ従順で心配ばかりしていた妻も、今では小気味良い皮肉を返すほどに余裕が生まれた。こうして夫婦のステージは少しずつ変化していく。
庭でメスに食われるカマキリのオスを見つけ、そこに自らの最終段階を重ね、むしろ清々しくすらな感じる夫。
庭仕事をする女中の老婆が良い味を出している。
『春は馬車に乗って』をより楽しむための、ステップとなる小作品です。
本編:約12分

(さらに…)

横光利一『春は馬車に乗って』3

横光利一『春は馬車に乗って』メインビジュアル

小説家・横光利一は、若くして最愛の妻・きみを亡くしました。
きみの生前から死後にわたり、利一は繰り返し自分と妻をモデルにした小説を書きました。
『春は馬車に乗って』は、妻との闘病生活を描いた、最初の作品です。
3回に渡って配信します。

作品紹介

肺病による咳に苦しみ、床に伏せる妻と、そして自宅で仕事をしつつ甲斐甲斐しく看病する夫。
闘病とは何か、死とは何か、夫婦の愛とは何か。
やがて来る別れを前に、2人は時に責め合い、時に寄り添いながら、それぞれの真理を求め続ける。
実際に若くして妻を亡くした横光利一の自伝的小説です。心をえぐるような鮮やかな言葉の押収は、時代を超えて色褪せることなく、現代人の我々に、死と向き合うヒントを与えてくれます。
本編:約15分

(さらに…)