芥川龍之介「鼻」テキスト

芥川龍之介「鼻」
Read

今回は古典リメイクの名手、芥川龍之介の代表作「鼻」をお届けします。
古典が元になっているだけあって、耳慣れない・見慣れない言葉が多いです。そんなときは、テキストの「語彙」をチェック!

【作品紹介】
時は鎌倉時代。京都の寺の僧、禅智内具。務めに励む彼を長年悩ませるのは、顎の下まである、長く大きな鼻だった。人に笑われる上に、食事など日常生活にも不便がある。ある日、医者から聞いた鼻を茹でて短くする方法を試し、無事に縮むのだが……。
人間のコンプレックスと自尊心、他人の不幸を願うエゴなどを描き、夏目漱石に称賛された作品。

(さらに…)

芥川龍之介「鼻」

芥川龍之介「鼻」

今回は古典リメイクの名手、芥川龍之介の代表作「鼻」をお届けします。

【作品紹介】
時は鎌倉時代。京都の寺の僧、禅智内具。務めに励む彼を長年悩ませるのは、顎の下まである、長く大きな鼻だった。人に笑われる上に、食事など日常生活にも不便がある。ある日、医者から聞いた鼻を茹でて短くする方法を試し、無事に縮むのだが……。
人間のコンプレックスと自尊心、他人の不幸を願うエゴなどを描き、夏目漱石に称賛された作品。

(さらに…)