動画撮影の裏側:『アメリカン・ジェンガ』

 

ステレオタイプで見るアメリカ。
何故かみんなでジェンガをしているアメリカ人たち。
だから『アメリカン・ジェンガ』なのです↓
http://youtu.be/zvSlRqnwTOg

 

とりあえずこれがあれば大丈夫。
コカ・コーラ。

SA3E6862

 

次に、これがあるとなおよし、ピザ。
発祥:イタリア。
あれ?

SA3E6861

 

監督はピザ屋に扮しております。

SA3E6863

 

そばかすだって描いちゃうよ。

SA3E6864

 

みんなで Let’s ジェンガ!

SA3E6859

 

ちなみにこの子、いじめられっ子です。
よくある設定、ロッカーでいじめられる子。

SA3E6869

手に何かついてますね。
片栗粉です。
マツバラ監督から「はい、これ混ぜて来て」と言われ、
タッパーと片栗粉を渡された戸塚くん。
トイレの洗面所で、水と片栗粉をこねていました。
「俺は何をしているんだろう……」とつぶやきながら、
しかし御存知ですか?
片栗粉を水に溶かすと「ダイラタンシー現象」というものを体験できます。
手で叩いたり握ったり力を加えると、一瞬、片栗粉が堅くなるのですが、
またその力を解くと水っぽくなるんです。
みんなで遊びました。

SA3E6866

 

ちなみに、夢ちゃんの頭から掛けたポップコーン(床に落ちたヤツ)は、
ちゃんとスタッフが掃除しました。

SA3E6870

ちなみに、その後、全部おいしくいただきました。
社交辞令とかじゃなくて、本当です。
床のばいきんぐらいではやられません。
拾った端から食べました。
わりと汚いメンバーでお送りしております。

SA3E6868

 

あ、そういえばピザも全ておいしくいただきました。
ピザ代は広報費から出ています。
これも本当です。

SA3E6873

電子レンジもオーブントースターも無いため、直火であぶりました。
夏の暑い中、撮影前から5-6時間経っているピザ。
別に何も起きませんでした。
わりと身体が丈夫なメンバーでお送りしております。

SA3E6871

 

※この場を借りて、アメリカ人の皆様にお詫び申し上げます。

 

動画撮影の裏側:『小津風』

 

小津と言えば、もう小津安二郎先生のことです。
「小津映画ってこんなんだよね」って思わせる物を作りました。

こちら↓

http://youtu.be/N2To_Hh3w4Y

 

菰田シリーズで行った奥多摩に、
たまたまマツバラ監督の心を掴む古民家を発見。
文化財に指定されているそうで、近くに資料館もありました。

劇団のの

劇団のの

劇団のの

 

ここに節子と周吉が住んでいるんですね。
え、節子って誰かって?
原節子さんの真似をする石丸香織さんのことです。
周吉は笠智衆さん。
小津映画の中で周吉役を5回、周平役を3回演じているそうですが。
マツバラ監督、自ら熱演。

 

これも外にロケに行きました。
街を見下ろせる高台にて。

0824-10

わざわざみんなで自転車で行きました。
菰田くんの亡霊の亡霊も一緒です。

0824-1

 

やはり画角にこだわる監督。

0824-2

0824-3

 

見て下さい、この夕日の照る顔を。

0824-6

懐中電灯って、凄いですね。

0824-5

しかも、こんなに頑張っておいて本番の映像を白黒にしましたね。

 

亡霊の亡霊も見守る。

0824-7

0824-8

監督、満足のようです。

0824-9

 

ちなみに、千鶴子おばさまの役を演じたのは戸塚駿介くんです。
男です。
おばさま、です。

 

動画撮影の裏側:『HER●』のオープニングをやってみた

 

いい大人が、スーツ姿で、シャボン玉に興じています。
なかなかほのぼのした光景です。
童心を忘れない、主宰のあのえるです。
静かな映像ですが窓の外ではかなりの音量で笑っています。
スーツにシャボン液を沢山こぼしてシミになりました。

この動画では、メンバーの皆さんが主宰の好奇心と童心の犠牲になりました。

 

今回は『ドラマHERO2014年のオープニングをやってみた』です。

こちら↓
http://youtu.be/voenby0-dHw

皆さんから「いいな、楽しそう」と言われましたが、
撮影行程と編集作業そのものは、わりと過酷です。
多分、皆さん別にやりたくないと思います。

 

さて、これは何でしょう。
よく稽古場でも「腎臓」と呼ばれています、賢蔵さんです。

SA3E6880

ボール紙を切り抜いて作りました。
全部作るのに何時間も掛かりました。

 

何に使用するかというと……。

SA3E6887

拾ってきた木の枝に付けます。

 

『菰田シリーズ2』の背景に使用された枝は、実はこのための枝でした。
流用されていました。

SA3E6881

 

これ、便利です。
立てかけることもできます。

SA3E6886

 

結構くっきりと空中に浮かび上がります。

SA3E6885

 

まるで合成映像。

SA3E6889

戸塚駿介くん、スーツ姿です。

 

これは大事な小道具だったのです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

いざ撮影。

 

昨年『オイル』に出演した中馬智広くんがカメラマンで参加して下さいました。
朝、いきなりマツバラ監督から「今から来て下さい」と、
理由も言わずに電話で呼び出され、何故か駆けつけて下さいました。
理由ぐらいは訊いた方がいいと思います。
いきなり大統領選に出馬とかだったらどうするつもりだったのでしょう。
マツバラ監督ならありえます。
皆さんは、マツバラ監督から呼び出しがあったら要件を確認しましょう。

 

さて、あの動画、本編の真似をしているようであって、
その裏側は実にチープな撮り方をしています。

カメラマンの中馬くんが俳優の背後からにじりよる、
そして字幕の枝を持ったのあのえるが、
カメラにあんまり映らないように脇から走り出て来て背中に張り付く、
今度は中馬くんが素早く俳優の前に回る。

これ、はたから見ると2人組で襲い掛かっている犯罪の現場のように見えます。

 

1人を撮ってOKが出るまでに10本以上やりました。
段々カメラマンの中馬くんが監督と化して来ました。

 

何故、編集でなんとかしないのか。
何故、字幕は字幕じゃなくて枝なのか。
何故でしょうね……。
作ってみたかったんです。
こう……「一筆書き!」みたいなのを切り抜いてみたかったのです。

 

こちらは、例の主役のあの方のように歩けと言われて練習している、
うちの主役です。

特にどうにもなりませんでした。
むしろ時々、撮影の後ろに入ってしまって怒られていました。
動画をよく見ると茂みの影に人が隠れています。
撮り直しなどせず、気にしない潔さがうちのチームの特徴です。

 

ちなみにこの方。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

あ、ぶれてる。
この方。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ものすごくフォーカスされていますが、
本編、つまり公演には全く登場しません。
彼のファンの皆様には申し訳ないですね。

 

主宰は、撮影中、最年少の農坂夢香さんに、
「ちょっと……何歳なんですか」って言われたのが忘れられませんね。
壮大に遊びました。
また遊びます。