宮沢賢治「注文の多い料理店」|みんなで楽しく収録しました

稽古場日記
雪女 縊死体 注文の多い料理店
稽古場日記

夢野久作「縊死体」から

本日はまず、夢野久作『縊死体』の収録から収録です。ナレーションは梅田拓くん。

こちらは、栗田ばねさんと、梅田拓くんが話し合って練り上げた作品です。

ぜひお楽しみに。

直前まで熱心に練習

室内で収録している間に、宮沢賢治『注文の多い料理店』のキャストたちは、廊下で最終練習です。

山猫役の、セリフの読み方を最終調整しています。

我々は落書き劇団かもしれない

で、ここで、気付いたのですが。

栗田ばねさんのテキストをのぞいてみると。

やっぱり、ものすごい分量の落書きが。

劇団のののメンバーは、なぜこうも、テキストにユニークな絵を描く画伯が多いのでしょうか。

基本、稽古に集中していないんじゃないんでしょうか。

絶対、授業に集中できず、教科書に変なものをいっぱい描いてたタイプの人たちですね。

これもけっこう、精神鑑定に出したいタイプの絵でした。

紳士の収録

さて、いよいよ、「注文の多い料理店」の収録です。

まずは、2人の紳士から。

真剣に、音をチェックしています。

真面目な戸塚

静かに、いい子に、待機する戸塚駿介くん。もう、まるで空気のようだ。彼は、酸素だ。

ちなみに、戸塚くんは一体どんな落書きをしているのだろう、と気になって台本を見せてもらったのですが、真面目な書き込みしかしてませんでした。

大きな字で、行間に「ゆっくり」「ゆっくり」と書かれています。1人だけ、めっちゃ真面目に稽古してるじゃないか!

演劇をやっていると、どうしても早口の癖がつくかもしれません。演劇をやっていると、朗読のスピードは半分ぐらいに感じます。

真面目じゃないその他大勢

こちらは、静かに待てない大人たち。年齢は、戸塚くんより一回り上。

ずっと、きゃっきゃとはしゃいでいます。ずっと、笑っています。ずっと、ふざけています。

写真を撮られました。

吉田さんに、USJで買って来たおみやげを撮れと言われたので、撮りました。おしゃれですね、ハリー・ポッターのパッケージ。

吉田さんに、靴下が変だから撮るな、と言われましたが、撮りました。

すごくないですか? ズボンの縦のしましまに対して、格子模様をチョイスするあたり。

と思ったが、これは、吉田さんとしては、全体をモノクロのトーンでまとめたつもりだったけど、今、ズボンと靴下の模様の取り合わせがおかしい、と気付いたそうです。

そこは「あえての」と言っておけばいいと思います。

吉田さんの靴下センスの凄さには定評があり、以前、パンプスからドロンジョ様の靴下が丸見えで、同僚の方から「凄いね」と言われたそうです。

山猫の収録

などとやっていたら、山猫の収録の番になりました。

待機中ずっとふざけていたせいか、マイクテスト中もずっとふざけております。

あ、スズキさん、諦めないで!

しかし、演技になると、急に真面目に。

そこは女優なのでしょうか。どこに切り替えスイッチがあるのでしょうか。なぜ、紳士の収録の間は真面目に集中していられないのでしょうか。

みんな静かに見守っております。

ナレーションの収録

最後は、ナレーションで、締めです。

戸塚くんは、待機中も収録中も、いい子でした。そして、安定のクオリティーでした。

無事に完了しました

これで全ての紳士、山猫、ナレーション、そして平泉成さんを収めることができました。

ディレクターとして作品をまとめてくれた栗田ばねさん、ありがとう!

参考リンク

作品の視聴、他の記事へのリンクはこちらから↓

作品に登場する古い言葉、難しい言葉の読み方や意味の解説はこちらから↓

作品についての考察はこちら↓

作品本編はYouTubeでも配信中↓

宮沢賢治 注文の多い料理店 - 劇団のの 朗読・ラジオドラマ|Kenji Miyazawa "The Restaurant of Many Orders" – Japanese Reading
夢野久作 縊死体 - 劇団のの 朗読・ラジオドラマ|Kyusaku Yumeno "Death by Hanging" – Japanese Reading
タイトルとURLをコピーしました