ののラジオの記事一覧

きつねのおはなし

田中貢太郎『狸と同棲する人妻』『狸と俳人』

仁蔵は仕事熱心な若者で、毎日のように行商に出かけていた。ある時、何日も帰らなくなり、妻の直は非常に心配していたが、ひょっこりと帰宅し、また平穏な日々が再開した。しかし……!?(狸と同棲する人妻) 変わり者の俳人、澤田庄造は、庭にくる狸をかわいがっていた。二人の友情は続いていたが、庄造はある時から病に伏せってしまう。(狸と俳人)
きつねのおはなし

田中貢太郎『狸と同棲する人妻』『狸と俳人』テキスト

どこか荒寥とした大きなスケールでありつつ繊細な風景描写。その広大な自然環境の中に溶け込むように存在する狐たちの姿。狐は、鶏を狩り、人間に狩られ、身ごもる野生の生き物でありながら、その枠を超えて光、影、石、風、宇宙になることもでき、人間の魂を宿らせることもできる無限の存在なのだ。 6篇の詩それぞれのイメージを話し合い、それを元に読み方やBGMを変えてみました。
きつねのおはなし

蔵原伸二郎『狐』

どこか荒寥とした大きなスケールでありつつ繊細な風景描写。その広大な自然環境の中に溶け込むように存在する狐たちの姿。狐は、鶏を狩り、人間に狩られ、身ごもる野生の生き物でありながら、その枠を超えて光、影、石、風、宇宙になることもでき、人間の魂...
きつねのおはなし

蔵原伸二郎『狐』テキスト

どこか荒寥とした大きなスケールでありつつ繊細な風景描写。その広大な自然環境の中に溶け込むように存在する狐たちの姿。狐は、鶏を狩り、人間に狩られ、身ごもる野生の生き物でありながら、その枠を超えて光、影、石、風、宇宙になることもでき、人間の魂を宿らせることもできる無限の存在なのだ。 6篇の詩それぞれのイメージを話し合い、それを元に読み方やBGMを変えてみました。
きつねのおはなし

新美南吉『手袋を買いに』

森で暮らす、きつねの親子。雪が降り、ぼうやは外に出ておおはしゃぎですが、小さなこぎつねの手は、冷たくなってしもやけになりそう。 親子は手袋を買うために、人間の住む町まで歩き始めました。 人間はやさしい? それとも、おそろしい…? きつねのぼうやの、ドキドキするはじめてのおつかいの物語。小さなお子さんでも楽しめる童話です。
コラム

横光利一が愛した動植物たち|作品に登場する語彙の解説

横光利一『妻』に登場する、難しい言葉の意味を調べてみました。葡萄棚/茫々と/床/まるで新感覚よ/一条の光り/べテレヘムの女ごらよ〜/草玉
きつねのおはなし

新美南吉『手袋を買いに』テキスト

【作品紹介】森で暮らす、きつねの親子。雪が降り、ぼうやは外に出ておおはしゃぎですが、小さなこぎつねの手は、冷たくなってしもやけになりそう。親子は手袋を買うために、人間の住む町まで歩き始めました。 人間はやさしい? それとも、おそろしい…? きつねのぼうやの、ドキドキするはじめてのおつかいの物語。小さなお子さんでも楽しめる童話です。
コラム

新美南吉「手袋を買いに」|作品に登場する語彙の解説

横光利一『妻』に登場する、難しい言葉の意味を調べてみました。葡萄棚/茫々と/床/まるで新感覚よ/一条の光り/べテレヘムの女ごらよ〜/草玉
きつねのおはなし

新美南吉『手袋を買いに』

森で暮らす、きつねの親子。雪が降り、ぼうやは外に出ておおはしゃぎですが、小さなこぎつねの手は、冷たくなってしもやけになりそう。親子は手袋を買うために、人間の住む町まで歩き始めました。人間はやさしい? それとも、おそろしい…?きつねのぼうや...
コラム

横光利一「春は馬車に乗って」|作品に登場する語彙の解説

横光利一『妻』に登場する、難しい言葉の意味を調べてみました。葡萄棚/茫々と/床/まるで新感覚よ/一条の光り/べテレヘムの女ごらよ〜/草玉
タイトルとURLをコピーしました