ののラジオの記事一覧

きつねのおはなし

土田耕平『狐に化かされた話』

【作品紹介】ある月の夜、太郎は寝る前におばあさんに物語を聞かせてもらいました。それは、おばあさんが若い頃のこと。村の女たちは夕飯が終わると、連れ立って、田んぼから湧き出る温泉に出かけるのでした。ある同じような月の晩、いつものように湯に入った帰り道、急に大きな川が現れたり、雷雨が来たり、次々と不思議な現象が起きます。女たちを助けに現れたのは……!? 幻想的な風景と、ミステリアスな展開が印象的な、寝る前にぴったりのお話です。
きつねのおはなし

土田耕平『狐に化かされた話』テキスト

【作品紹介】ある月の夜、太郎は寝る前におばあさんに物語を聞かせてもらいました。それは、おばあさんが若い頃のこと。村の女たちは夕飯が終わると、連れ立って、田んぼから湧き出る温泉に出かけるのでした。ある同じような月の晩、いつものように湯に入った帰り道、急に大きな川が現れたり、雷雨が来たり、次々と不思議な現象が起きます。女たちを助けに現れたのは……!? 幻想的な風景と、ミステリアスな展開が印象的な、寝る前にぴったりのお話です。
きつねのおはなし

土田耕平『狐に化かされた話』

ある月の夜、太郎は寝る前におばあさんに物語を聞かせてもらいました。それは、おばあさんが若い頃のこと。村の女たちは夕飯が終わると、連れ立って、田んぼから湧き出る温泉に出かけるのでした。ある同じような月の晩、いつものように湯に入った帰り道、急...
きつねのおはなし

小川未明『ものぐさなきつね』

【作品紹介】夜空に輝く星にとって、元気にいっぱいに鳴くニワトリは、唯一の話し相手でした。地上で起きたことを賑やかに報告してくれていたニワトリは、冬になると小屋に入れられてしまい、星は、春が来るまでしばらく一人ぼっちになってしまいました。ある白銀の夜、森から出て来た狐が歩いているのを見つけた星は、ニワトリの危険を察知します。さて、どうなるのか?
コラム

コラム|NHKドラマ「STRANGER〜上海の芥川龍之介〜」に寄せて -1-|田島裕人

今回コラムを担当してくれるのは、劇団ののに舞台時代から参加してくれている、田島裕人(たじまゆうと)氏です。 普段はおとなしく無口な田島君ですが、自分の好きなものの話になると突然、熱を込めて喋り出します。 そんな彼が今回...
コラム

宮沢賢治「注文の多い料理店」|考察|生きることは食べること

「注文の多い料理店」のテーマとは? このお話は、賢治から見た、当時の社会に対する皮肉や批判だと考えられています。 それは主に、 拝金主義(お金が第一という考え方)近代化(文明への依存)欲望(自然や生命への敬意・畏怖の欠...
コラム

土田耕平「狐に化かされた話」|作品に登場する語彙の解説

横光利一『妻』に登場する、難しい言葉の意味を調べてみました。葡萄棚/茫々と/床/まるで新感覚よ/一条の光り/べテレヘムの女ごらよ〜/草玉
きつねのおはなし

小川未明『ものぐさなきつね』

夜空に輝く星にとって、元気にいっぱいに鳴くニワトリは、唯一の話し相手でした。地上で起きたことを賑やかに報告してくれていたニワトリは、冬になると小屋に入れられてしまい、星は、春が来るまでしばらく一人ぼっちになってしまいました。ある白銀の夜、...
きつねのおはなし

小川未明『ものぐさなきつね』テキスト

【作品紹介】夜空に輝く星にとって、元気にいっぱいに鳴くニワトリは、唯一の話し相手でした。地上で起きたことを賑やかに報告してくれていたニワトリは、冬になると小屋に入れられてしまい、星は、春が来るまでしばらく一人ぼっちになってしまいました。ある白銀の夜、森から出て来た狐が歩いているのを見つけた星は、ニワトリの危険を察知します。さて、どうなるのか?
きつねのおはなし

林芙美子『狐物語』

【作品紹介】好奇心いっぱいの狐の子、六兵衛は、ある日、山から下りて人里を探検してみた。人間の子ども、牛やにわとりなどに出会い、興味しんしんの六兵衛だったが、突然、人間の大人につかまり、木箱に閉じこめられてしまう。 「狐はウソをついたり、人を化かしたりするズルい生き物」というお話が多い中、この童話は、狐や牛の目を通して、「果たして本当にそうかな?」と問いかけて来るようです。
タイトルとURLをコピーしました