身体の状態は心の状態

本日のお昼ごはんは、モスバーガー。
梅田拓くんから、楽しいごはんの様子の写真が送られてきた! と思ったら、何ですか、これは。

タイトル「Google Earthに映り込んで、顔が歪んだ人」

そして、本日のお菓子は、やめられない止まらない、かっぱえびせんです。本当に、やめられないし、止まらないですね。この系統のお菓子って。

劇団ののが配信するYouTube、NonoTubeの準備中の我々。「タモリ俱楽部」さんで、高性能マイクで咀嚼音を録音する番組の影響を受け……かっぱえびせんを、スマホに向かってボリボリ食べてみたんですが、なるほど、いい音しますね。スマホですら、ボリボリ噛む音、呑み込む音、くちゃくちゃ音までしっかり入って来る。これは一体、高性能マイクだとどうなっちゃうんだ!?
しかし、かっぱえびせんを、じゃがりこのCM風に食べるという、失礼な真似をしてしまいました。反省します。

午後は、横光利一『春は馬車に乗って』の練習です。

『春は馬車に乗って』に登場する妻と夫。これは、横光自身と、その病気の妻がモデルになっています。
それにしてもこの作品……最初から既に妻が病気になっている。元気がないのです。2人の会話の空気は重くなりがち。人格も暗くなりがち!
その割に、結構ふざけた会話をするので、いまいち、役作りが難しいのです。
というわけで、まだ妻が病気ではなく、元気だった頃、新婚生活を始めた頃がモデルとなっている『慄へる薔薇(ふるえるばら)』を、練習しました。
元気だった頃の2人の会話が、2人のベース人格の役作りのヒントになりそうです。

キャストが順番に入れ替わりながら、妻と夫を演じます。
劇団ののでは、色んなキャストが思い思いに演じるのですが、その中に、ヒントやアイディアが転がっています。

チャラめの夫ヨシコと、心配性の妻ゆうと。

豪快な夫もちこと、チャーミングな妻ばね。

チャラめの夫ヨシコと、おきゃんな妻もちこ。

ちょっと軽快になった本家の夫うめちゃんと、初回より明るくなった妻ゆうと。

栗田ばねさんが、ナレーションを務めてくれましたが、何故かアニメ『ちびまる子ちゃん』のキートン山田さん風に読んでくれました。

「後半へ続く」って言いそうな勢いでした。

ここで、演出は時間の都合で後ろ髪引かれながら稽古を抜けたのですが。
電車に乗っていると、もちこさんから稽古のその後の様子の写真が……。

寝てる……。

え、どうしたどうした!?

劇団ののは、たった30分の不在中に宗教団体になったのかと思いました。大地の力を感じる、的な。

なんか……1人だけ立って、手、差し伸べてる、指導者っぽい人もいるし。

と思ったら、これには理由があるそうで!

病床に寝たきりの、妻の気持ちを、みんなで体験していたのだそうです。

これは、とても良かったようですよ!
さっきまで『慄へる薔薇』で元気に歩き回いていた、妻。『春は馬車に乗って』では、ほとんど横になった状態になる。
仰向けになっていると、天井しか見えず、大きな声も出しづらいようです。身体的な拘束は、精神的な拘束にも繋がります。やっぱり、視界や動ける範囲が狭まると、自分の身の回りだけ、夫だけが社会になり、失うことに不安を覚えて執着したり、自由な夫に対して嫉妬したり、他に発散するものがなくて夫に八つ当たりしたり、してしまうのではないか……本当にそんな気分を体験できたようです。

朗読の練習ですが、やはり身体表現とも密接に関わっている。そんなことを実感した日でした!

コメントを残す