横光利一「慄える薔薇」|作品に登場する語彙の解説

横光利一『慄える薔薇』メインビジュアル コラム
慄える薔薇
コラム

横光利一の短編『慄える薔薇』に登場する、ちょっと難しい言葉の意味を調べてみました。

劇団ののは、言語学や歴史学のプロフェッショナルではありません。
様々な文献や辞書をあたったり、プロフェッショナルの方に手助けをいただいたりはしていますが、あくまでも自力で調べ物をした結果を掲載しています。誤った情報が含まれている場合がありますので、ご注意ください。
また、調べ物をした結果、真実が突き止められないこともあります。
ご了承ください。

立て籠(む)【たてこむ】

家の場合は「建て込む」とも書きます。
家などの建物が隙間なくぎっしりと建っていることです。

良人【おっと】

妻が夫を指していう漢語「良人」(りょうじん)(妻にとっての「良い人」であることから)に和語である「おっと」を読み方として当てた表現です。

卓子【たくし】

テーブル、机のことです。

御厄介にな(る)【ごやっかいになる】

面倒を見られること、誰かに助けてもらうことの丁寧な言い方です。
手のかかる人のことを「厄介者」と言ったりします。

何心なく【なにごころなく】

「なんとなく」という意味です。

緊(る)【しまる】

緊張することです。

打ち続(く)【うちつづく】

長く続くこと、ずっと続くことです。

首を擡げ(る)【くびをもたげる】

「もたげる」とは、起きること、持ち上げることです。
転じて、「(考えが)首を擡げる」で、隠れていたこと、押し殺していた思いや考えが、ふいに浮かんでくることを表します。

事ごとに【ことごとに】

何かが起きるたびごとに、毎回、いつも、という意味です。

お暇を頂(く)【おひまをいただく】

ここでの「暇」とは、仕事をクビにすること、やめさせること、実家に帰らせることです。
妻が「暇をいただく」場合には、離婚して実家に帰る、つまり「別れてください」ということです。

流しもと【ながしもと】

台所の流しがあるところです。

変わって来(る)【かわってくる】

この場合、引っ越しをしてくることです。

糸菊【いとぎく】

管物、管菊とも呼ばれます。花びらが糸のように細くたくさん出ている形の菊です。
秋に咲き、様々な太さ・長さのものがあります。

芒【すすき】

1〜2mほどの高さまで伸び、先端がほうきの先のような形になった植物です。
秋の七草の一種で、お月見のイラストや写真で一緒に描かれることが多いです。
かつては「茅」と呼ばれ、お家の屋根や牛や馬などの餌としてたくさん使われていました。
花言葉は、「活力」「心が通じる」。

Wikipedia

井戸【いど】

水道が整備されるまでは、井戸から水をくみ上げていました。
水を家の中まで運ぶのは大変なので、井戸端で鍋を洗ったり衣服を洗濯したりしました。
何軒かで共用されることもありました。

Wikipedia

朝な朝な【あさなあさな】

毎朝。朝になるたびに、という意味です。

感興【かんきょう】

見聞きしたことに対して興味がわいたり、わくわくしたりすることや、その興味のことです。

朽葉【くちば】

枯れ葉、落ち葉のことです。

山茶花【さざんか】

ツバキ科の植物で、秋の終わりから冬のはじめにかけての寒い時期に、白地に淡い桃色の花びら5枚でできた花を咲かせます。
栽培種では赤やピンクなどさまざまな色があります。
童謡『たき火』の2番の冒頭に登場します。

心眼【しんがん】

心の目で、目に見えない真実を見抜く力のことです。

茶の間【ちゃのま】

明治後期、家の中心部にある部屋が「お茶の間」として、家族が集まる生活の中心の部屋となりました。

霜枯れ(る)【しもがれる】

冬に、霜にあたって草花が枯れることです。

罌粟【けし】

芥子とも書き、ポピーと呼ばれることもあります。1〜2mほどの高さまで伸び、春に赤や白、紫の大きな花を咲かせます。
違法薬物であるアヘンの原材料となるため、現代では栽培が禁止されている品種もあります。
花言葉は、「眠り」「慰め」「恋の予感」など。

Wikipedia

フリジヤ

フリージアとも書きます。50〜100cmほどの高さまで伸び、3月頃に白や黄色の花を咲かせます。
白いフリージアはキンモクセイのような甘い香りがします。
花言葉は、「あどけなさ」「純潔」「親愛の情」など。

Wikipedia

イチジク

クワ科の果物です。
「無花果」と書くのは、花を咲かせずに実をつけるように見えるからです。
生で食す他、ドライフルーツとしてケーキなどに使用されます。
甘みに加え、独特のアクがあります。

Wikipedia
Wikipedia

スイートピー

マメ科の植物です。
イギリスにて園芸用に楽しまれるようになり、19世紀後半に交配などが進み、様々な色彩が誕生しました。
ひらひらとしたレースのような花びらが縦に並びます。
ピンク、黄色、紫色、白、オレンジ色などが多く流通しています。
横光利一の小説「春は馬車に乗って」ではラストシーンに春の象徴として登場します。
花言葉は「別離」「門出」「繊細」「ほのかな喜び」などです。

参考文献

参考リンク

作品の視聴、他の記事へのリンクはこちらから↓

作品本編はYouTubeでも配信中↓

横光利一 慄える薔薇 第1話 - 劇団のの 朗読・ラジオドラマ|Riichi Yokomitsu "The Rose Swaying in The Wind" 1/2
タイトルとURLをコピーしました