すれちがう夫婦の悲しき会話

梅田拓くんの『縊死体』と、みんなの『注文の多い料理店』の収録をする裏で、戸塚くんが読む『雪女』について、話し合いました。

 

『竹の木戸』でも『注文の多い料理店』でもナレーターを務める戸塚くん。初の、単独作品です!
さすが声優!! 主人公の巳之吉と雪女の声を見事に演じ分けております!
そして声がいい。やっぱり声がいいぞ、戸塚くん。

 

 

男性の声で女性の役をやるのって大変なのかな? やっぱり違和感あるかな!? と思ってたけど、そうでもないんですね!
『縊死体』では梅田くんが殺された娘の声を演じているし、『夢十夜』では栗田ばねくんが謎の美女を演じてるし。
『雪女』の戸塚くんも、なかなかのものなんですよ。メンバーのもちこ、こと吉田素子さんは特に、この戸塚くんの雪女のセリフの部分を皆さんにオススメしたいと言って、絶賛していました。他の部分も薦めてあげてください!
3人とも同じように、ナレーションの時よりもマイクに近付いて、そっと囁き声で話すのが面白かったです。別に誰かが指示したわけではなく。高い声を出すというよりは、小さい声を出すイメージなんですね!
歌舞伎の女形みたいな、たおやかさというか、しとやかさというか。着物の、か細い、青白い女性が目に浮かぶ!! むしろ、劇団のの女性陣には出せない雰囲気かも……。

 

と、ここで、更に深めるため、Caoriのアネゴと素子のアネゴから、指導が入ります。

 

 

まず、巳之吉って、何歳!? っていうところから相談です。
初めて雪女に会った時は、18歳。でも、巳之吉が実際喋るのは、何年か経ったラストシーンから。その間の場面は全て、ナレーション処理なのです。このラストの時、何歳なんだ?
戸塚くんが悩んでいるのは、一人称が「ワシ」だからです。ワシって、おじいさんのイメージしかないけど、この時はメジャーだったんでしょうか。関西や四国の方で一人称ワシの地域もありますが。当時はどうだったんでしょうか?
そういえば、『竹の木戸』に出ていた中馬智広くんも、元気な10代の若者の役だったけど、「明治時代の口調に引っ張られて、おじいさんぽい演技になりそう」って悩んでいました。

 

ではここで、物語の中で何年経っているのか、見てみよう! ジャン。

 

 

最初に雪女に出会ったのが、18歳の時。
1年後、お雪という女と道端で出会い、ほどなく結婚。
結婚から5年後、お雪を嫁として気に入って喜んでいた巳之吉の母も、他界してしまう。
そこから数年後? のある時、例の事件勃発! お雪は雪女だとカミングアウトして、消えてしまう。
というわけで、絶対に6年以上は経っているから、巳之吉は24歳以上ということになります。

 

ただ、戸塚くんが指摘しているのは、子どもが多すぎる!! と。男女10人いるんですよね。
当時の農村だから、そのぐらいいて当たり前なんだけど、年子だとしても6年で10人はちょっと計算が合わないから、もうちょっと後かも、とのこと。
(吉田さんが提唱する「3つ子を2回+双子を2回。そういう遺伝体質なんだよ」説は無視することにします)
そして、雪女は再三「子どもたちを宜しく」という旨を言って消えるので、まだ養育費も掛かるお年頃なのでしょう。完全に育ち上がって年取った後というわけでもなさそう。

 

となると、最低24歳、大体30歳ぐらいまで? と、想定してみました。
うーん、「ワシ」かぁ……。
当時は寿命も短かったから、老け込むのも早かったのか。一般的な一人称だったのか。
あるいは、巳之吉は、千鳥の大悟さんなのかもしれない。ハイ! きっとそうなのでしょう。

 

そしていよいよ、クライマックスについて。臨場感を出すには、どうしたらいいのか。

 

 

ある夜、縫い者をしているお雪の傍に座って、巳之吉は雪女に出会った時のことを話し出します。
巳之吉は、「18歳の時、色白で綺麗な人を見たんだ。今のおまえにそっくりだよ」と言い出します。
お雪は目を上げずに、「話してちょうだい、どこで会ったの?」と尋ねます。
巳之吉はペラペラと、その時のことを話します。「恐ろしかった。その女は大変白かった。あれは夢だったのか雪女だったのか」と。
するとお雪は、縫い物を投げ捨て、巳之吉の上にかがみ込み、「それはわたしです。子どもたちがいなかったらあなたを殺すところだった。でもあなたは子どもたちを大事に育ててください。子どもたちに何かあったらただじゃおかないから」というようなことを言うと、白い霞になって消えてしまいます。

 

◆ノア「この、縫い物しながら、目を上げずに話聞いてるところが、ドラマっぽいよね。小道具が効いてるね」
◆もちこ「たしかに。料理しながらとか。パソコン打ちながら、とか。あるよね。後ろ姿だけ映すとか」
◆ノア「振り返らないけど、ふと手が止まる、的な」
◆もちこ「あるある(笑) 」
◆ノア「内心めっちゃ怒ってるけど、わざと猫なで声で返事しながら聞いてるわけね」
◆Caori「『ふ〜ん、それでそれで〜?』って感じね」

 

◆ノア「……お雪、めっちゃ怒るね、最後。なんでこんなに怒ってるんだっけ」
◆戸塚「いや、そこが話の根本でしょ! 他言するなって言ってあったのに、言っちゃったから怒るって話でしょ!」
◆Caori「誰にも言わないで、って約束したのに」
◆ノア「この人はさ、せっかく何年も黙ってたのに、なんでこんな感じでポロッと言っちゃったんだろう。うっかりすぎるよね」
◆戸塚「母親にすら言うな、っていう約束で、まぁ結局、母親には言ってないんですよ。途中で死んでるし」
◆もちこ「調子に乗ったんじゃん?」
◆ノア「油断したか」
◆もちこ「そうだね、完全に油断してるね、こいつは。気抜いちゃったんじゃん?」

 

◆ノア「もう時効だな、と思ったのかな。いい奥さんと可愛い子どもたちに囲まれて幸せに暮らしてて、年も取って、怖いもんなしになってたのか」
◆もちこ「まぁ、そんぐらいお雪に気を許してたんだろうけどさ。お雪なら大丈夫かな、っていう」
◆ノア「信頼して話してくれたことに、喜ばないのか、お雪は」
◆Caori「信頼して話してくれたっていうより、やっぱ油断してる感じの口調な気がするんだよね。軽々しく喋るから、雪女としては腹立つじゃん?」
◆戸塚「お雪、消えなくちゃいけなくるから。巳之吉に喋られちゃったら」

 

◆ノア「その縛りね、ルールね……自分で縛ったのに」
◆戸塚「お雪? 雪女? 自体が縛ったっていうより、妖怪のルールっていうかさ。そうなってるもんなんじゃないかな」
◆もちこ「この世界の中の常識ね、掟的な」
◆戸塚「そうそう、本人の意志だけでどうにかコントロールできることじゃない、妖怪界がそうなてって、人間界に行くには条件付きで、やっぱそのある程度の制限があって、それが破られたら戻らなきゃいけないっていう」
◆もちこ「そういうのあるよね、他にもそういう話」
◆ノア「鶴の恩返しとか。人魚姫? じゃあ、巳之吉め、おまえのせいで離れなきゃいけなくなったぞ!? っていう怒りか」

 

◆もちこ「いや、でも、そのわりにさぁ、お雪も煽るんだよな。巳之吉が話し始めたら、その人どこで会ったの? とか自分で訊いちゃうんだね、っていう」
◆ノア「自ら誘発してるぞ」
◆もちこ「そうなのよ! 『ちょいちょ〜い、その話はしない方がいいんじゃない?』っていう助け船をさ、出せばいいじゃないのよ」
◆Caori「そこでさ、巳之吉自身が『あ、やばいやばい!』って自分で気付いて踏みとどまるのを、期待してたのかも」
◆もちこ「なんだよ、めんどくさいな」
◆Caori「女心だよ」
◆ノア「そして察しなかったか、女心を」
◆もちこ「無理だよ、この男には」

 

 

◆Caori「あとさ、他の女のこと綺麗って言われたらカチンと来ない?」
◆戸塚「まぁ、同一人物なんだけどね、お雪と雪女。他の女かどうかって言われると微妙なところ」
◆ノア「まぁね、美しいって言われてる本人だからね、複雑だね」
◆もちこ「わたしなら普通に喜びそう。むしろ自分から『なぁなぁ、あれ、わたしやったんやで?』って言いたくなるわ」
◆戸塚「それは、自分からバラして自滅することになるけど、いいんですか」
◆もちこ「あ、そっか、やっぱ言わない(笑) 聞きながら、にやにやして、内心『ク〜ッ』ってなると思う」

 

◆ノア「お雪は、自慢してるわけではないけど、最後、消える前に3回も『それ、わたしなんたで?』って叫んでるよ。『それは私、私、私でした。それは雪でした』だって。ねぇ、3回って凄くない? 英語だと違和感ないのかな」
◆もちこ「あぁ、それはあるかもね」
◆ノア「Me! Me! っていう叫び」
◆Caori「日本より感情表現が激しい、みたいな」
◆ノア「激しいよね、ここだけ急に。『私、私、私でした』って選挙カーみたいじゃない? 『私、私、私でございます』みたいな」
◆Caori「何回も強調するのも、自己主張じゃないかな、って思って。これはさぁ、お雪からしたら、いくら綺麗って言われてもやっぱり嬉しくないよ。だって、巳之吉が雪女をお雪と違う女だと思って褒めてる限りは、やっぱり自分と比べて他の女が褒められてるっていうことになるわけじゃん?」
◆もちこ「あ〜、なるほどな。自分であって自分じゃないのね?」
◆Caori「そうそう、巳之吉が誰のことだと思ってほめてるかが重要。だから、自分の存在を訴えてるんだろうな、っていう感じがする」

 

 

◆ノア「なんか混乱してきたな。複雑だね。この人は、この妖怪は? 雪女として約束を破られた悲しみと、お雪として他の女の話をされた悲しみと、2つ混ざってるっていうことか」
◆Caori「そういうことそういうこと。1人の中にどっちの面もあって、どっちの人格? としても悲しいし、怒るってこと」
◆もちこ「妖怪格ね、妖怪格」

 

◆もちこ「要はさ、巳之吉が黙ってりゃ良かったんじゃないの?」
◆戸塚「うん、何度も言うけど、そういう教訓の話だからね、喋るなって言われたことを喋っちゃいけない、っていう話だから」
◆Caori「約束破るとこうなりますよ、的な話ね。昔話って大体そうなってるよね」
◆ノア「生活の知恵を授けるためのお話多いよね。森に入るとオオカミに食われますよ、とか。これは何? やっぱり自然の猛威?」
◆戸塚「うーん、そうかな、多分。吹雪とか、凍死とか。これ一応、武蔵の国って言ってるから、関東の話なんですよね、雪国じゃなくて」
◆Caori「地球温暖化する前だしさ、もっと寒さとか厳しかっただろうね、関東も」

 

◆ノア「巳之吉って、そんなに悪いことしてるわけじゃないよね? 仲良く夫婦生活送ってるし」
◆もちこ「そうなんだよなぁ。我々はさぁ、『竹の木戸』の磯吉とか、『秋』の俊吉を知ってしまってるからさぁ。巳之吉は比べたらもう、全く悪くないよ、いいヤツだよむしろ」
◆Caori「みんな吉が付くね」

 

◆戸塚「読み方としては、どうしたらいいんだろう?」
◆ノア「トータルとして考えると、巳之吉が安穏としてる方がいいんじゃない? やっぱり」
◆戸塚「あ、なるほど、そっちか……」
◆ノア「お雪は、わざと促したり怒ったりしてるけど、何にも気付かずペラペラ喋るのんきな巳之吉、っていう感じで。安心しきってる感じ」
◆Caori「その方が、お雪の怒りが倍増されそうだし。幸せな結婚生活から、それが終わるっていう対比も出そう」
◆ノア「これ、最後、巳之吉、なんでお雪が消えたのか理解できなくて、呆然としちゃいそうだね、このテンポだと。しばらくしてから気付きそう」
◆もちこ「ね。巳之吉側からしたら、結構、助走なく急に怒り出した感じするから、わぁぁってなるよね」

 

◆もちこ「悲しいな、最後、消えてくとこ、凄い綺麗だよね、文章。ここ感動しちゃうんだよな。白い霞になってキラキラキラ! って消えてく感じ。映像で思い浮かべちゃうよね」
◆戸塚「これ、サジ加減が難しくて。急に怒り出して、結構喋るけど、叫んでる途中で声が弱々しくなってくるって書いてあるから。どこから変えればいいのかな」
◆もちこ「弱々しいって、声の大きさのことじゃない?」
◆Caori「最後の最後まで結構しっかり怒ってるもんね、セリフ的には」
◆戸塚「そう。口調っていうより声の大きさとか、聞こえ方として弱くなるんだろうけど」
◆もちこ「普通に怒って読んでいいんじゃない? 編集だよ編集。あとは編集する人にドンと任せよう。好きに読もう」
◆Caori「そうだ、編集だよ編集」
◆もちこ「綺麗に読んで。とにかく綺麗に。そして悲しく」

◆Caori「そして儚く」
◆戸塚「難しいな……」
◆もちこ「大丈夫、君ならできるよ(適当)」

 

ところで、ふと横を向いて、真面目に戸塚を指導するかおりんを見たら、宗教画みたいになってましたので、ごらんください。
ロマネスク様式のキリスト教絵画にも見え、曼荼羅のようにも見える。つまり、ありがたさのハイブリットです。

 

注文の多い料理店を収録しました

本日はまず、夢野久作『縊死体』の収録から。

こちらは、栗田ばねさんと、梅田拓くんが話し合って練り上げた作品です。

 

 

その間に、廊下にて、宮沢賢治『注文の多い料理店』の、最終練習。

山猫の読み方を調整しています。

 

 

 

 

で、ここで、気付いたのですが。

栗田ばねさんのテキストをのぞいてみると。

 

 

物凄い落書きが。

 

 

やっぱり劇団のののメンバーは、テキストにユニークな絵を描く人が多いですね。

これも精神鑑定に出したいな。

 

 

絶対、授業中に教科書に変なもの、いっぱい描いてたタイプの人たちですね。

 

 

さて、いよいよ、『注文の多い料理店』の収録です。

まずは、2人の紳士から。

 

 

真剣に、音をチェックしています。

 

 

 

静かに、いい子に、待機する戸塚くん。

まるで空気のようだ。

 

 

ちなみに、戸塚くんの台本を見せてもらったのですが、真面目な書き込みしかしてませんでした。

「ゆっくり」「ゆっくり」と書かれています。演劇をやっていると、どうしても早口の癖がつくかもしれません。演劇をやっていると、朗読のスピードは半分ぐらいに感じます。

 

 

こちらは、静かに待てない大人たち。

ずっと、きゃっきゃとはしゃいでいます。ずっと、笑っています。ずっと、ふざけています。

 

 

写真を撮られました。

 

 

吉田さんに、USJで買って来たおみやげを撮れと言われたので、撮りました。おしゃれですね、ハリー・ポッターのパッケージ。

 

 

吉田さんに、靴下が変だから撮るな、と言われましたが、撮りました。

 

 

言われてみたら、ズボンの縦のしましまに対して、格子模様をチョイスするあたりは、凄いセンスだ。新しい!

と思ったが、これは、吉田さんとしては、全体をモノクロのトーンでまとめたつもりだったけど、今、ズボンと靴下の模様の取り合わせがおかしい、と気付いたそうです。

そこは「あえての」と言っておけばいいと思います。

吉田さんの靴下センスの凄さには定評があり、以前、パンプスからドロンジョ様の靴下が丸見えで、同僚の方から「凄いね」と言われたそうです。

 

 

などとやっていたら、山猫の収録の番になりました。

 

 

マイクテスト中も、ずっとふざけております。

 

 

あ、スズキさん、諦めないで!

 

 

しかし、演技になると、急に真面目に。

そこは女優なのでしょうか。どこに切り替えスイッチがあるのでしょうか。なぜ、紳士の収録の間は真面目に集中していられないのでしょうか。

 

 

 

 

 

 

みんな見守っております。

 

 

 

最後は、ナレーションで、締めです。安定のクオリティーでした。

 

 

これで全ての紳士、山猫、ナレーション、そして平泉成さんを収めることができました。

ディレクターとして作品をまとめてくれた栗田ばねさん、ありがとう。

 

 

これは華麗なる一族だ!

本日も、宮沢賢治『注文の多い料理店』。

今日は紳士が両方とも揃っています。

どちらも、都会で贅沢をしているのか、やや太っているという設定なのですが、2人とも、標準より痩せ型、脂肪体質ではなく筋肉質です。

太っている役を演じようと、中尾彬さんの声真似をする栗田ばねさん。「しの、しの」と、奥さんを呼んでおります。太っている声を出そうとすると、アメリカのコメディー映画に出てくる人みたいな喋り方になりますね。しかし、梅田くんが喋ると、なぜか「お腹が空いたアホの人」「与太郎」のようになります。

ところで、2人の紳士なのですが、名前がないのですよね。「はじめの紳士」「もひとりの紳士」と書かれているだけ。はっきり分かっているのは、紳士は2人出て来るということだけ。

劇団ののでは、セリフを「 」に入れて、セリフとして改行し、役の名前を入れているのですが。

実は、元の本文には、どれが誰の発言なのか書かれていないのですが、今回わたしたちは、はじめに看板を読み上げて疑問を持つ方を紳士1、それに対して「こういうことじゃない?」と提案をする方を紳士2に設定しました。よく分からないものは、順番に従って交互にしています。

しかし、「紳士2の、こじつけが凄い!」という話になりました。ポジティブですよね。「こういうことじゃないかい?」と、よくもそんなにいい方に解釈できるね、と。

さて、場面が変わって、ドアの向こうの厨房にいる山猫さんたちの会話です。

===============================

すると、戸の中ではこんなことを言っています。

山猫1「だめだよ。もう気がついたよ。塩をもみこまないようだよ。」
山猫2「あたりまえさ。親分の書きようがまずいんだ。あすこへ、いろいろ注文が多くてうるさかったでしょう、お気の毒でしたなんて、間抜けたことを書いたもんだ。」
山猫1「どっちでもいいよ。どうせぼくらには、骨も分けて呉れやしないんだ。」

===============================

これは、場面が切り替わり、ドアの向こうの厨房が映し出され、山猫さんたちが動いている姿を想像してしまいます。

しかし、「戸の中では」と書いてあるので、「あくまでも紳士側から見て、ドアの向こうから声が聞こえて来ているのかもしれない」という話になりました。

よく読んでみると、紳士たちは物語の中で一度も山猫たちの姿を見ていないことが分かります。彼らは、ドアの鍵穴から、こちらを見ている青い眼玉を目撃しています。また、ラスト、生き返った犬がどこからともなく現れ、ドアの向こうに飛び込んで行った時には、「にゃあお、くゎあ、ごろごろ」という鳴き声が聞いています。

実は、これが山猫だったのかどうかも、文中にはしっかりと書かれていません。レストランの名前が「山猫軒」であること、鳴き声が「にゃあお」だということから、山猫だと推測するしかありません。「すると、戸の中ではこんなことを言っています」という文には主語がありませんから、発言者が山猫だとは、本当はどこにも書いていないわけです。

と、いうことで、わたしたちは、ドアの向こうから声がしているということにしよう、という結論に至りました。音源編集する際には、「リバーブ」という効果を掛け、音声が少しこもっているようにすることができます。

===============================

山猫1「だめだよ。もう気がついたよ。塩をもみこまないようだよ。」
山猫2「あたりまえさ。親分の書きようがまずいんだ。あすこへ、いろいろ注文が多くてうるさかったでしょう、お気の毒でしたなんて、間抜けたことを書いたもんだ。」
山猫1「どっちでもいいよ。どうせぼくらには、骨も分けて呉れやしないんだ。」
山猫2「それはそうだ。けれどももしここへあいつらがはいって来なかったら、それはぼくらの責任だぜ。」
山猫1「呼ぼうか、呼ぼう。

===============================

山猫のセリフも、紳士と同じで、どちらの発言か書かれていなかったので、2匹いて、交互に喋っているという設定にしました。

構図としては、山猫1がドアの方を覗き、紳士たちの様子に気付く。山猫2に話しかける。山猫2の方が、少し頭がいいというか、冷静に批判したり分析したりして返事をしているように感じます。山猫1の方が、起きている状況や、山猫2の提案に対して動いている、そして瞬発力がいい感じです。

山猫2は、親分が書いた看板の文言に批判をしています。そして、山猫1は親分のケチさに愚痴をこぼしています。なので、すぐ近くには、親分はいないようです。

ところで。

親分って、誰なんですか? という話になりました。

親分の提案や指示でこのレストランをしており、この手下の山猫たちが実働するシズテムなのには間違いありません。しかし、もしかしたら、親分は山猫の姿をしていないかもしれませんね。もっと何か強大な見えない力なのでしょうか。『もののけ姫』のシシ神様みたいな。

それともやっぱり、北野武なんでしょうか。だいたい、政界の裏の大ボスとか、軍隊のトップとか、正体が明かされると、北野武じゃないですか。

===============================

山猫2「それはそうだ。けれどももしここへあいつらがはいって来なかったら、それはぼくらの責任だぜ。」
山猫1「呼ぼうか、呼ぼう。おい、お客さん方、早くいらっしゃい。いらっしゃい。いらっしゃい。お皿も洗ってありますし、菜っ葉ももうよく塩でもんで置きました。あとはあなたがたと、菜っ葉をうまくとりあわせて、まっ白なお皿にのせるだけです。はやくいらっしゃい。」
山猫2「へい、いらっしゃい、いらっしゃい。それともサラドはお嫌いですか。そんならこれから火を起してフライにしてあげましょうか。とにかくはやくいらっしゃい。」

===============================

ここは、演技としては、山猫2の「それはそうだ。けれどももしここへあいつらがはいって来なかったら、それはぼくらの責任だぜ。」というセリフの言い方が肝心です。

なぜかと言うと、その次の山猫1の「呼ぼうか。呼ぼう」の言い方に影響が出るからです。

山猫1の「呼ぼうか。呼ぼう」というセリフは結構難しいセリフだと思います。「呼ぼうか」という自問自答から「呼ぼう」という結論を出すまでの間に、どのぐらいの思考や決断が働くか。それによって、間の取り方や言い方は随分と変わります。

山猫2が「それはぼくらの責任だぜ」というセリフを、気だるいクールな感じで言うと、親分への日頃の愚痴に近くなります。「どうせ、今回もまたぼくらのせいになるんだろうな〜」と、ちょっとやる気を失っている状態ですね。そうすると山猫1は、このセリフを聞き、少し自分で考えたあと、「では、呼ぼうか……?」と空中に独り言のように言い、また少し間を空け、それを自分で後押しするかのように、「よし、呼ぼう!」と決心することになります。

しかし逆に、山猫2がもう少し、前のめりに、山猫1に向かってしっかり言ったとすると、「おいおい、放っておいたら、またぼくらの責任になるんだぜ!? どうする?」とけしかけたようになります。すると、これを受けた山猫1の返しは「お、じゃあ呼ぼうか? よし、そうだな呼ぼう呼ぼう!」という、勢いのいい言い方になります。

そして、次の「おい! お客さん方!」という威勢のいい大声に繋がって行きます。

Caoriさんは、後者を選びました。山猫1に続いて自分も「らっしゃいらっしゃい」と叫ぶので、そこまで持って行くのには、山猫2も、ある程度のモチベーションを高めておく必要があると判断したためです。

演技というのは、相手の出したセリフや前後の行動によって、1つのセリフの言い方が変わって来るのが、面白いですね。

===============================

山猫1「いらっしゃい、いらっしゃい。そんなに泣いては折角のクリームが流れるじゃありませんか。へい、ただいま。じきもってまいります。さあ、早くいらっしゃい。」
山猫2「早くいらっしゃい。親方がもうナフキンをかけて、ナイフをもって、舌なめずりして、お客さま方を待っていられます。

===============================

ここで、山猫1が「へい、ただいま。じきもってまいります」と挟んでいます。これは、紳士に向かって叫んでいる途中、せかしてきた親分に話し掛けていることが分かります。

別室にいた親分が、こちらの部屋に現れて、そばまで来たのでしょうか。それとも、別室にいる親分が呼び掛けて来たのでしょうか。どうやら、まだまだ奥に親分がいるようです。

さすがラスボス、北野武。

近頃、タブレットで朗読をする戸塚くんですが。ペンで書き込みも行えて、とても便利なようです。同時に調べものもできますし。

「ちょっと貸して」と、得意げに書き込みをする、Caoriさん。

相合傘でした。

戸塚「BLかよ」

Caori「あ、消したらダメだよ」

戸塚「はい」

Caori画伯の書き込みも、吉田素子画伯と並び、なかなか個性溢れております。

何を表しているのか分かりません。精神鑑定に出した方がいいかもしれません。

ちょっと、この写真の中に発見してしまったのですが。

本当に心配です。

最後に、ラストで助けに来る、プロの猟師さんの声が、梅田くんに決まりました。

正確に言うと、梅田くん渾身の、平泉成さんのモノマネに決まりました。

『華麗なる一族』ばりの、「旦那あ、旦那あ」を、どうぞお楽しみに。

『注文の多い料理店』の見所は、そこです。全編通して、そこです。