江戸川乱歩『指環』を収録しました!

 

本日は、江戸川乱歩『指環』の収録でした!

 

音楽用のスタジオにて。

ギター背負ったバンドマンたちに囲まれ、朗読。

電話予約の際、「では、アンプ等の機材無し、ボーカルのみの収録ということでよろしいですか?」と尋ねられ「ボーカル? ボーカル、あ、はい、声ですねぇ……」と答えましたが、そういうことだったのですね……!

他に、朗読をしていそうな人は見当たりませんでした。とりあえずお客は全員、黒服で、マッシュルームカットでした。カリスマボーカルっぽい人もいました。憧れますね。

 

 

我々は、こちらのドラム、無視させていただきます。ドラムも3時間、暇そうでした。かわいそうに。

 

しかし、ドラム越しに見るみんなは、かっこいいですね。

 

 

鏡があるので、人が2倍に見えて、すごくたくさんいるように見えます。

スズキさんについては、完全に2人いるように思えました。本当に2人いたら、めっちゃ便利ですね。

 

 

ちなみに、今回の収録では、新しい機材を投入しております。

 

 

音響をやっている友人がご好意で貸してくださったマイクと、新しく購入したオーディオインターフェイス。

 

 

マイクごとに音量を調節できるようになったのと、パソコンで、すぐ音声を確認できるようになって、ありがたいです。

 

 

さて、音量を調節して、『指環』の本番を収録しました。

 

 

今回は、江戸川乱歩の原文を、登場人物AとBのキャストを入れ替えて、2パターン収録。

さらに、栗田ばねさんが改編を加えたバージョンで、AとBを入れ替えて、2パターン。

合計、4本撮りです!

ぜひ、聴き比べてくださいね。

 

 

これは、改編バージョン。当日、直前の練習まで、書き換えを加え続けました。

 

 

しかし、ここで罠が。

 

 

「ハッハッハ!」とか「なぁおい!」とか大きな声出すと、ドラムが微妙に、シャリーン、と響く……。

シンバルが振動するのです。

邪魔だなぁおい!

仕方ない。バンドマンのテリトリーで朗読をする、もぐりへの洗礼です。受けて立つ。

 

 

さて、次は、フリートークです。

 

まずは、裕人×よっこ。

 

 

劇団ののラジオに初参加の、感想、自己紹介、江戸川乱歩について仕入れた知識など、いろんな話をしてくれています。

 

 

初出演だから緊張するのかな、って思ったら、スラスラスラスラ、川の流れのように、それはもう流しソーメンのように、スムーズに喋る。今までフリートークに出た人の中で、1番達者に喋っている気がする。

 

 

そういえば、戸塚駿介くんも達者だったので、若い子の方が、こういうのに慣れているのかな? と思ったのですが。

もしかしたら、大人たちの方が、脳内とっちらかった人ばかりなのかもしれない、と、気付いた。気付かない方がよかった。

 

 

よく、家事をしながら、電車に乗りながら、ラジオ番組を聞くから、勘が働くのだそうです。

 

 

それにしても。落ち着きないなぁ、栗田ばね。

 

 

全部の写真に写りこんでいるじゃないか。

しかも、田島がくんが喋ってる間、移動し続けているじゃないか。

 

 

なんだその顔は。

 

 

最後は、演じたキャスト2人による、トークです。

 

 

息もピッタリ。ファッションもおそろい(偶然)

なかなか、良い作品に仕上がったと思います!

 

 

帰りは、せっかく珍しく都会に出たので、どこにでもあるチェーン店でパスタランチをいただきました。やっぱりチェーン店は、安心、安価、安定のおいしさだ。

 

とても充実した1日でした。

 

コメントを残す