横光利一『妻』

小説家・横光利一は、若くして最愛の妻・きみを亡くしました。
きみの生前から死後にわたり、利一は繰り返し自分と妻をモデルにした小説を書きました。
「横光利一が愛した妻」シリーズでは、利一とその妻の夫婦関係の歩みに焦点を当てて読みを深めます。

作品紹介

郊外の庭付きの家に住む、若夫婦。
新婚の頃は夫にただ従順で心配ばかりしていた妻も、今では小気味良い皮肉を返すほどに余裕が生まれた。こうして夫婦のステージは少しずつ変化していく。
庭でメスに食われるカマキリのオスを見つけ、そこに自らの最終段階を重ね、むしろ清々しくすらな感じる夫。
庭仕事をする女中の老婆が良い味を出している。
『春は馬車に乗って』をより楽しむための、ステップとなる小作品です。
本編:約12分

出演者

のあのえる

トーク

のあのえる
スズキヨシコ

■ 製作:劇団のの(のあ のえる, スズキ ヨシコ, 加藤 綾音)
■ テーマ音楽:鈴木 悟

*作品本文は著作権保護期間を過ぎたものです。
朗読しやすいように行間やふりがな等を編集をしております。

*劇団ののでは、作品を通して感じ考えることを大切にしています。アフタートーク等における読みとり方・見解は、私達がこの作品の朗読を通して感じたことの一部で、あくまでも多様な見方の中の1つの見方です。

みなさんもテキストや音源を通して作品に触れる中で、自由に感じ考える機会を大切にしていただけたら嬉しいです。

感想・リクエストは、メールまたはフォームからどうぞ!