Podcast作品


ブログ記事

横光利一「春は馬車に乗って」|夫婦仲良く収録でした

本日は、長らく稽古してきた横光利一『春は馬車に乗って』のキャスト、夫と妻の収録です。

まずは本日のメニューから

ブレているのは、なぜか朝から駆けつけてくれた栗田ばねさんです。一切出演していませんが、来てくれました。

栗田さんがホワイトボードに書いてくれた、本日のメニュー。

9:00 朝礼

9:20 朝会

9:35 歌会 始

9:50 福井県知事 表敬訪問

10:30 世界崩壊

11:20 おやつ会

11:22 お皿洗い

11:25 駐日南アフリカ大使 表敬訪問

11:35 歯ミガキできるかな?

11:50 Lilico 映画コーナー

12:00 お疲れさまでした!!

……よくわかんないけど! がんばります!

プログラム1/朝礼

それでは早速、プログラム1の「朝礼」と並行して、マイクのセッティングを行います。朝礼は、栗田ばねさんと見えないお友達に任せます。

さて、この2人が何をしているかと申しますと。

妻の役を演じる、溝端育和ちゃんのマイクをセッティングしております。

稽古の時から、病床の妻を演じるために、仰向けに寝て演技をしてきた育和ちゃん。収録ももちろん同じ姿勢。マイクを下に向けております。

これは、ホルダーからマイクがスポッと抜けて、おでこに当たりそうです。本人から見ても、すごい威圧感らしいです。

遠くから見ると、ちょっとシュール。

プログラム4/収録開始

時間的には、そろそろプログラム4「福井県知事の表敬訪問」が始まる頃になってしまいました。福井から、はるばるこんな遠くの、マイナーな劇団の稽古場までお越しいただいて、本当に光栄です。栗田ばねと見えないお友達に接待していただいているかたわら、収録を始めさせていただきます。

最近はオーディオインターフェイスとアプリが導入され、2人のキャストの声を同時に調整&モニターできるようになったので、とても便利です。

さぁ、シーン1から、夫婦の演技、開始です。

「あれ? 妻、いないんじゃないか」と思ってしまいますが、ちゃんとセリフを読んでいます。

栗田ばねくんは、福井県知事の接待の片手間に台本をチェックして、セリフが間違っていないか、飛ばしていないかなどを確認してくれています。

そしてチェックするかたわら、10:30の世界崩壊に向けて、身体づくりをしています。

妻 渾身の演技?

ちなみに、妻のかすれそうな声、咳き込む音、すごいリアルでわたしたちは感動したんですけど。

育和「いや〜素で昨日風邪引いたんですわ」

だそうです。

役作りでわざと喉を涸らして来たのかな、と思うぐらい涸らしていましたが、本当の本当に、アクシデントでやられたそうです。

育和「いや〜こりゃあ妻の役で良かったですわ〜ゴホッ」

ちょっと心配ですが。真に迫っております。

プログラム6 おやつ大会

妻のセリフ全てを終え、夫の心の声を録音している間、おやつタイムの育和ちゃん。

あれ? 

プログラム6にして、ようやく実際の内容と時間が合致してしまいました。

プログラム7 お皿洗い

さて、お皿洗いと並行して、フリートークのお時間が始まりました。

ちなみに、スルッとプログラム8の「駐日南アフリカ大使との交流」に移行しているかたわら、和やかに盛り上がっております。

大使、本当にありがとうございます。わざわざ来ていただいているのに、トークしててすみません。今、栗田ばねが心を込めて接待しています。

プログラム9「歯ミガキできるかな?」に、移行しております。今、駐日南アフリカ大使と栗田ばねが、歯磨きに挑戦しています。

プログラム10「Lilico 映画コーナー」 栗田ばねさんが現在Lilicoさんのお話を聞いています。1人でずるいですね。

さぁ、全てのプログラムが終了です! お疲れさまでした!!

後半は、メニューのこなし具合がやや駆け足となりましたが。

稽古場にいらした豪華なゲストのみなさん、栗田ばね、見えないお友達、ありがとうございました!

収録打ち上げ

全プログラム終了後は、みんなでごはんを食べに行きました。

育和ちゃんは、インターネットで確認できるヤクルトスワローズの成績があまり奮わなかったため、元気がありませんでしたが。

これは、元気な2人が作った、オブジェです。

横光利一「春は馬車に乗って」|身体の状態は心の状態

楽しいお昼ごはん

本日のお昼ごはんは、モスバーガーでした。外で待つ2人。

梅田拓くんから、楽しそうな様子の写真が送られてきた! 

と思ったら、何ですか、これは。

タイトル「Google Earthに映り込んで、顔が歪んだ人」

咀嚼音の需要

本日のお菓子は、やめられない、止まらない、そう「かっぱえびせん」です。

本当に、やめられないし、止まらないですね。この系統のお菓子って。

さて、現在、新たなYouTubeチャンネル、「NonoTube」を企画し、準備中の我々。

先日「タモリ俱楽部」さんで、高性能マイクで咀嚼音を録音する回をやっていたそうです。YouTubeで咀嚼音を配信するチャンネルがなかなか人気なのだとか。

その影響を受け、かっぱえびせんをスマホに向かってボリボリ食べてみたんですが。なるほど、いい音しますね。

スマホですら、ボリボリ噛む音、呑み込む音、くちゃくちゃ音までしっかり入って来る。これは高性能のコンデンサーマイクなんかで録ったりなんかしたら、一体どうなっちゃうんだ!?

ちなみに、かっぱえびせんを、じゃがりこのCM風にボリボリボリボリ食べるという失礼な真似をしましたが、すごくじゃがりこの音に聞こえました。

キャストを入れ替えて稽古

午後は、横光利一作品の練習です。

まずは、横光利一とその妻の君子の新婚生活がモデルとなっている『慄へる薔薇(ふるえるばら)』を練習してみました。

劇団のの稽古では、まずは役をやる本人ではなく、稽古場にいる色々なキャストで次々に組み合わせを換えたり、役を入れ替えたりしながら演じるという、変わった方法をとっています。

色んなキャストが思い思いに演じるのですが、その中に、演技のヒントやアイディアが転がっているからです。

いろんな組み合わせが生まれました

演じるキャストによって、役のイメージの掴み方が変わるため、本当に演じ方が変わります。

チャラめの夫・ヨシコ 心配性の妻・ゆうと

ヨシコの中では、夫は軽快で、軽口を叩く若々しい男性です。ゆうとが演じる妻は、用心深く神経質で、ちょっとご機嫌斜めの様子。

豪快な夫・もちこ チャーミングな妻・ばね

もちこさんが演じる夫は、テンションが高く強気。ヨシコさんの演じたチャラさに、さらにのびのびした感じが加わり、少し卑屈っぽい所が減りました。

ばねさんが演じる妻は、いそいそと動き周り、夫の世話を焼くチャーミングな女性。和装を意識した仕草、小股な歩き方がリアルでした。ゆうとが演じたところから心配性そうな感じが減り、もう少し余裕がある、母親っぽい感じが出ました。

チャラめの夫・ヨシコ おきゃんな妻・もちこ

ちょっとここらで、妻の役を女性にも演じてもらいました。ばねさんが演じた妻は成熟して落ち着いた女将さん風な感じでしたが、もちこさんがやると、少し少女らしさが出ました。実際、新婚時代の君子さんは20歳前後ですから、おきゃんでもおかしくはないでしょう。

夫・うめちゃん 妻・ゆうと

うめちゃんは『春は馬車に乗って』でも『慄へる薔薇』でも、本番の夫を演じる予定です。

みんなの演技を見て、今までの稽古よりも、少し軽快な演じ方を取り入れるようになりました。動きもよりアクティブに。すねた表情など、若々しくなりました。

ちなみに、栗田ばねさんがナレーションを務めてくれましたが、何故かアニメ『ちびまる子ちゃん』のキートン山田さん風に読んでくれました。「後半へ続く」って言いそうな勢いでした。

ちなみに本番は、妻=スズキヨシコ、夫=梅田拓、ナレーション=Noahでお送りいたします。

まずは形から入ってみる

ここで、演出は時間の都合で後ろ髪引かれながら稽古を抜けたのですが。電車に乗っていると、もちこさんから稽古のその後の様子の写真が……。

え!? 寝てる!?

え、どうしたどうした!? サボりか!? 反抗期か!?

劇団ののは、たった30分の不在中に宗教団体になったのか!? 大地の力を感じる、的な! いや、あるいはまた、ヨガ教室なのかもしれない! なんか……1人だけ立って、手、差し伸べてる、指導者っぽい人もいるし。

と思ったら、これには理由があるそうで!

『春は馬車に乗って』で病床に寝たきりの、妻の気持ちを、みんなで体験していたのだそうです。

これは、とても良い効果があったらしいですよ。

さっきまで『慄へる薔薇』で元気に歩き回いていた、妻。『春は馬車に乗って』では、ほとんど横になった状態になります。

仰向けになっていると、天井しか見えず、大きな声も出しづらい。身体的な拘束は、精神的な拘束にも繋がります。

やっぱり、視界や動ける範囲が狭まると、自分の身の回りだけ、夫だけが社会になり、失うことに不安を覚えて執着したり、自由な夫に対して嫉妬したり、他に発散するものがなくて夫に八つ当たりしたりしてしまうのではないか……。

本当にそんな気分を体験できたようです。

朗読の練習ですが、やはり身体表現とも密接に関わっている。そんなことを実感した日でした!

横光利一「春は馬車に乗って」|夫婦の会話は喧嘩?イチャイチャ?

神妙に話し合うメンバー

本日のお菓子

常にお菓子と共にある、劇団のの稽古場。

ピザポテト → パイの実 → じゃがりこ → なんだか高級なチョコレートおかき

本日のお菓子は、メンバーの独断と偏見により、右は治安の悪いお菓子から、左に向かって治安の良いお菓子、の順番に並んでおります。

完全なる独断と偏見に基づいており、どれも大変おいしくいただきました。

実は難しい夫の演技

本日は、横光利一の『春は馬車に乗って』、夫役の演技を重点的に稽古をしました。前回、夫役の梅田くんが不在の中で夫の行動原理などを読み解いてしまったので、その稽古内容を共有する回となりました。

やはり、夫というのは、かなり複雑な演技が要求される、とても難しい役のではないか、ということがわかりました。

夫はツンデレ

物語は、既に妻が病気になっているところから始まります。

“闘病もの”……と考えると、夫が献身的に妻のことを心配し、優しくし……と想像するのですが。この夫は一味違うからです。

妻の病状が悪くとも、結構ふざけた口調で話しかけたり、今風の言葉で言えば「煽り」とでも言うのでしょうか、神経を逆撫でするような、おちょくるようなことを口にします。

現代風に言うと、「ツンデレ」というやつでしょうか。例えば恋愛ドラマや恋愛漫画で言うところの。

彼氏は素直になれない、わざと煽るようなことを言う。ヒロインは「もう、なによ〜」と言う、または、さらなる機転のきいた返しをする、みたいなやりとりになっています。

少なからず、こういうカップルのいびつなやりとりを「萌え」とするコンテンツは、漫画やドラマ、映画などにおいても長らく市民権を得ているでしょう。

あだち充漫画の主人公、『名探偵コナン』の工藤新一、『花より男子』の道明寺司などは、典型的なパターンでしょうか。木村拓哉さんが演じるいわゆる「キムタクドラマ」の主人公も、そんなキャラクターが多いような気がします。

1つのコミュニケーションのジャンルとして、成立していると言えます。

そういえば、芥川龍之介『秋』に登場する、芥川龍之介本人ぽい人物、俊吉と、ヒロイン信子、妻の照子のやりとりも、そんな雰囲気が出ていました。

この時代から、西洋風の皮肉を言い合うのが、何かスタンダードだったのでしょう。

一言で言えば、愛情表現が回りくどいのです!

しかし、妻が病気で、体調がしんどい状態にあるにもかかわらず、このようなつっかかるような物言いをするのは、なぜなのでしょうか? ここが難しさのネックになってきます。

闘病中なのに煽る?

「ツンデレ」なキャラクターや、これらの会話スタイルがひとつのジャンルとして確立され、我々も慣れ親しんでいるはず。にもかかわらず、『春は馬車に乗って』の中でそのペースをつかむのは、実はなかなか難しい。

なぜでしょう?

それは、彼らが闘病生活を送っているからです。読者は冒頭から「闘病中/看病中だ」と意識して読み始めるので、明るいセリフ、煽るセリフ、おちゃらけたセリフが、全くしっくり来ないのです。

栗田ばねさんがそのことを指摘しています。

「読んでるこっちは、この夫婦が今まで健康だった時にどんな生活を送ってきたのか、もともとどんな人たちなのかまるでわからないのに。読み始めると、のっけからもう闘病生活が始まっていて、妻の病状も相当悪いと来てる。背景や経緯について詳しい説明がされない。すぐに感情移入するのが難しい」

たしかにこの夫婦の会話は、使っている言葉もペースも独特ですよね。

横光の前作からヒントを探れ!

さて、ここで、加賀美もちこさんが大活躍します。

実は、横光利一は、他にも自分と妻の夫婦生活をモデルとした短編をいくつも書いていることがわかりました。

順番に、「慄へる薔薇」→「妻」→「春は馬車に乗って」→「蛾はどこにでもゐる」→「花園の思想」となります。

我々は、この作品たちを「横光が愛した妻シリーズ」と名付けて、全ての作品に取り組むことに決めました。

その中から、もちこさんが一番初めの「慄へる薔薇」を読んで、説明してくれました。こちらの作品は、まだ青空文庫になっていないため、もちこさんが代表して本を借りて読んでくれたのです。

「慄へる薔薇」はどんな作品?

「慄へる薔薇」は、貧しい新婚生活を始めたばかりの利一と妻がモデルになったお話です。利一本人は小説家ですが、この作品の中の夫は駆け出しの画家という設定になっています。

物語はほとんど、二人の会話が中心となって展開していきます。まるでショートフィルムのような、静かな会話劇。

新婚の頃、妻はまだ肺病を患っておらず、元気でした。むしろ、気弱でぐずぐず考えている夫を、せっせと家事をしつつ、励ましたり叱ったり、時には黙って見守ったりと、頼もしい存在です。

そこにあったのはまさに、ツンデレスタイルとも言える、会話。相手の言葉尻を捉えてどんどん論点がずれて行ったり、察してほしいあまりに曖昧な表現を使ったり、期待通りの返事が返ってこずに、やり合いを続けてしまったり。

我々は、この頃の二人の会話に見える人柄こそが、「春は馬車に乗って」の夫婦のベース人格になると考えて良いのではないか、と予想して、読み合わせをしてみました。

やはり平時からツンデレだった

読み進めているうちに、夫役の梅田拓くんが「僕ねぇ、これ読んで、すごい解った気がする。すごい解った。こういう人たち、ホントにいるよね」と、何度も深く頷き始めました。

「はたから会話だけ聞いてると、すごいすれ違ってるように見えたり、噛み合ってないようにように見えるんだよ。でも、そんなに喧嘩してるなら離婚すれば? っていう話ではないんだよね。他の部分ではちゃんと仲良くて。二人の中ではちゃんと成立してるんだよね、関係性が。僕はどちらかというと、不満や不安とかは全部ちゃんと言葉にして徹底的に説明してほしいし、仲直りは理論的な話し合いとかでやりたい方だから。この二人については、なんでここでこんな嫌味を言うのかな、素直に言えばいいのに、なんてついつい思ったりするんだけど。でも、この会話を、また違う人が聞くと、結局仲良しなんだろ、イチャイチャしてんじゃねぇよ、なんていう見方もあるんだろうな」

2人の会話には、回りくどい愛情の美学が、凝縮されているようです。

「僕はね、夫さんは、やっぱり妻が病気になっても、これを続けたかったんだと思うな。どうにかして、昔の元気だった頃みたいにやり合いたかったんだろう、って」

当時は「承前」だったのかも

ここでもうひとつ、栗田さんが気付いたことがあります。

横光は短編作家であり、当日は雑誌掲載という形で作品が発表されていました。つまり、ファンは作品が公開されるごとに読んでいますから、「春は馬車に乗って」を読む時には、既にそれまでの作品を読んでいて、夫婦について予備知識を持っていたのではないか、ということです。

横光があまり登場人物について背景をきちんと説明しないのは、当然「承前」とした上でのことだったのかもしれません。