解説:「竹の木戸」あらすじ -下2-

 

次の日の朝。
お源は、置いてある炭俵に気付いてびっくりしました。
一体、磯吉はどうやって炭俵を買って来たのでしょう!?

 

磯吉は普段から、お源が朝ご飯を作っている間、
ずっと布団の中で横になったままです。

お源「磯さん、これはどうしたの?」
磯吉「買って来たんだ」
お源「え! どこで買ったの?」
磯吉「別に、どこだっていいじゃないか」
お源「どこか、ぐらい訊いたっていいじゃないか」
磯吉「……初公の近所の店だよ」

あれ?
昨日訪ねたのは、金次です。
初公なんて、登場していません。

お源「どうしてまた、そんな遠くの店で買ったの?」

初公は遠くに住んでいるみたいですね。
実際に磯吉は、そんなに遠出をしていませんし、
炭を盗んだのは、近所にあるお店です。

磯吉はやっと起き上がり、訳を話します。

昨日は、おまえがギャーギャー言うから、
金公の家に行って、金を借りようとしたが、無いと言われた。
それからすぐに初公の家に行った。
炭を買うから金を貸せと言ったら、初公が、
「なんだ、1俵ぐらいなら、俺の行きつけの店に行って、俺の名前で持って行けよ」
と言うので、その足でその店に行って貰って来たと言うのです。

磯吉は、泣いて抗議するお源を、とりあえず満足させて黙らせるため、
その場凌ぎに、盗みを働いて、しかも嘘をついているのです。
でも、お源は、これなら10日ぐらい足りる! と大喜びです。

 

お源は、旦那に「仕事しろよ」と責めるなら、自分も頑張らなきゃダメだ、
あと、お隣さんにも顔を出さないと不自然だし、かえって疑われる、と考えました。
そこで、いつもの通り弁当を持たせて磯吉を送り出し、
自分も朝ご飯を食べました。

 

お源は、一段落すると、バケツを持って、木戸を開けました。
すると、女中のお徳と、真蔵の義理の妹のお清が庭に出ていました。

お清は、お源の顔を見て心配します。
「お源さん大変顔色が悪いね、どうかしたの?」
昨日の夜、寒い中で凍えて、しかも泣いていたので、
顔も腫れたり、疲れていたのでしょう。
お源は、ちょっと風邪を引いたのだとごまかします。
お清は心配します。

お徳は、「おはよう」と口早に言って黙ります。

お源は、その挨拶で気付きました。
昨日まで炭俵が並べてあった場所に、炭俵が置かれていないのです。
きっと、昨日のうちにお徳の部屋に移されたのに違いありません。

お源は顔色を変えて、目をぎょろぎょろさせました。
お源が慌てる表情を見て、お徳はにやりと笑いました。
お源は、お徳がにやりと笑ったことに気付き、お徳を睨みつけました。
お徳は、お源に睨まれたので、何か喧嘩したくて仕方ありません。
バチバチです。
でも、お徳さんは、お清さんが傍にいるので我慢しています。

 

するとそこへ、「皆様、おはようございます!」と、
増屋というお店の、18-19歳になる御用聞きがやって来ました。

増屋というのは、磯吉が炭を盗んだ、あの近所のお店です。
大庭家もお源もここで炭を買うので、みんな顔見知りです。

御用聞きというのは、注文を取りに来るお兄さん。
「サザエさん」に登場する三河屋のサブちゃんが有名ですが……
定期的に来てくれるダスキンさんや生協さんみたいな感じでしょうか。

お兄さんは、炭俵がいつもの置き場に無いことに気付きました。
「あれ? 炭はどこかへ片付けたんですか?」

お徳は、待ってましたとばかりに、
「外に置いておくと物騒だから中にしまうことにした」と説明します。
お徳は水を汲み終わって歩き出したお源さんをわざとらしく見ます。

お清さんは、わざと意味深なことを言うお徳を睨みました。
昨日の家族会議で、お源さんに対して波風を立てないように言ったのに!

何も知らないお兄さんは続けます。
「本当に物騒ですよ。うちでも昨夜、1俵盗まれました」
お徳は、お源さんを見ながら「何の炭をとられたの?」と尋ねました。
お源さんを見ながらですよ。
お兄さんは「上等の佐倉炭です!」と答えます。

お源は、この会話を聞いていました。
歯を食いしばり、よろめきながら家に向かいます。
バケツを投げるように置いて、炭俵の口を開けます。
入っていたのは、上等の佐倉炭でした。
そう、これは磯吉が、初公の許可を得て譲って貰った炭なんかじゃない、
増屋から盗んだ物だと、判ってしまったのです。

 

お徳は、真蔵の老母からも、真蔵の妻からも大変厳しく叱られました。
お隣の奥さんに、あからさまに疑うような失礼なことを言ったからです。

現場に居合わせたお清さんは、夕方になってもお源が姿を現さないので、心配になりました。
普段なら、夕食の支度で井戸に来るはずなのに。
そこで、風邪の見舞いも兼ねて、植木屋夫婦の家に行ってみました。

家の中があまりにひっそりとしているので
「お源さん」と呼んでみましたが、返事はありません。
そこで、おそるおそる障子戸を開けると、
お源は、天井の梁に細い帯を掛け、首を吊って亡くなっていました。
どうやら、磯吉が盗んで来た炭俵を踏み台にしたようでした。

 

2日後、竹の木戸が取り壊され、生け垣は元通りになりました。
更に2ヶ月後、磯吉は渋谷村に移り住んでいました。
なんと既に、お源と同い年ぐらいの奥さんがいます。
でも、相変わらず、豚小屋同然の家でした。

 

解説:「竹の木戸」あらすじ -下1-

 

さて、少し時間が遡ります。

お源は、真蔵に目撃されたすぐ後のことです。

 

お源は、自分の家に戻っていました。

真蔵が見下ろして来たのは、ちょうど、
炭を1つ着物の袖に隠し、もう1つを前掛けの下に包んで左手で押さえ、
もう1つ右手で取ろうとしたところでした。
3つ盗もうとしていたようです。
着物は袖の下の部分が袋状になっていて、
ここにお金を入れる人もいました。

お源は、多分うまくごまかせただろう、
真蔵は善人だから、疑ったりしないだろう、と考えました。

でも、なんだか大庭家の庭に水汲みに行く気分にはなれません。
そこで、布団を被って寝てしまいました。
横にはなっていますが、眠っている訳ではありません。
磯吉がいればまだマシですが、1人では寒すぎて震えてしまいます。

貧乏するのには慣れていますが、泥棒するのには慣れていません。
見付かったらどうしようという恐れもあるし、恥ずかしい気持もあります。
今日の出来事が目の前に浮かんで来て、顔から火が出るような気分です。

ああ、どうしたっていうんだろう。
あの旦那は、お人好しだからバレないだろう。
人がいいなんてのろまだ。大のろまだ。
フン、知れる訳がない。

パニックで、ほぼ逆ギレです。
悪いことがあった後は、次から次に、余計に悪い考えが浮かぶものですし、
なかなか気持を切り替えられませんよね。

 

気付けば月が出ていますが、お源は起き上がれません。
ランプも火鉢も点けていないので、部屋は真っ暗なままです。
お源が小さく丸くなって入っている布団は、
ちょっと見ただけでは、本当に人が入っているとは思えないぐらいです。
植木屋夫婦の家は、とっても寒いんですね。
それなのに炭が無い……これはピンチです。

 

そこに、仕事が終わった磯吉が、いつものように帰って来ました。
お源は、「頭が痛い」と言って寝ています。
本当のことは言えませんから。

磯吉は、別に驚くこともなく、怒ることもなく。
相変わらず、リアクションの薄い男です。
磯吉は、自分でランプを付け、火鉢に炭を足し、水を汲みに行きます。

磯吉は、煙草を吹かしながら「どう痛むんだ」と尋ねますが、
布団は丸い山になったまま、返事がありません。
磯吉は黙ってしまいました。

お源はこの後、シクシク泣き出しました。
でも、磯吉はバリバリと沢庵を噛んでいるので、全然聞こえません。

やがて、磯吉がごはんを食べ終わってまた煙草を吸います。
煙草と言っても、煙管(キセル)というパイプです。
燃えカスの灰を落とすために、火鉢にコンコンと煙管を当てます。

 

お源は、やっと布団から起き上がって泣き始めました。
磯吉は一応「どうしたんだ」と聞きますが、
別にそんなに驚いているというわけでもありません。

お源は、「もう本当にいやになった」と訴えます。
3年間、2人で一緒に暮らして来ましたが、
毎日毎日貧しくて、1日も余裕のあった日はない。
食べて生きているだけなら誰だってする、それじゃ情けない。
何故たった2人の家計なのに苦しいのか。
どうしてまともな家に住まないのか。

磯吉は、暫く黙って聞いていましたが、
「貧乏が好きな者はないよ」と答えます。
あんまり、答えになっていませんね。

お源は、続けます。
貧乏がイヤなら、何故、仕事を休んでばかりなのか。
磯吉は、お酒を飲んだりギャンブルをしたりしないんだから、
まともに仕事さえすれば家計が苦しいはずは無いのです。

磯吉は黙って火鉢の灰を見つめています。
お源は、またいっぱいいっぱいになって、布団に泣き崩れます。

磯吉は急に立ち上がり、玄関に降りると、
草履を履いて外に出て行ってしまいました。

逃げ出したくなったのか、考えがあるのか、
やっぱり磯吉は何を考えているのかよく解りません。

 

磯吉は、寒い寒い夜の道をテクテクと歩いて行き、
金次という友人の家に行きました。
10時まで金次と将棋をさして遊びます。
何をしているんでしょう?

磯吉は、帰り掛けに、1円貸してほしいと頼みました。
最初から、これが目的で来ていたのですね。
金次もお金を持っていなかったので、断られてしまいました。

帰り道に、炭屋の前を通りました。
大庭家もお源も、ここで炭を買っています。
郊外は早い時間に閉店しますから、周囲も静まりかえっていました。
磯吉は、お店の前を暫くうろうろしていましたが、
店先に置いてあった炭俵をひょいと肩に載せると、
たんぼ道に入って行ってしまいました。
炭を盗んでしまったのです。

 

磯吉は、大急ぎで家に帰ると、俵を床に置き、
お源のいる布団に潜り込みました。

お源は、どしり、という音が聞こえて目を覚ましました。
泣き疲れて眠っていたのです。
何の音か気にせず、また眠ってしまいました。

 

解説:「竹の木戸」あらすじ -中2-

 

午後3時過ぎました。
大庭家の、お出掛けしていた女性陣が、ワイワイと家に帰って来ます。
みんなお茶の間に集まって、今日あったことを話します。

新橋のお店で、礼ちゃんが大きなお人形を欲しいとだだをこねたこと。
電車の中に酔っ払いがいて、迷惑だったこと。
真蔵が寒がりなので、輸入物の立派なシャツを買ったこと。
下町へ出ると、どうしても思ったより出費してしまうこと。

なんだか、今と変わらない感じがしませんか?
デパートでは子どもはおもちゃをねだって泣いているし、
電車に酔っ払いはいるし、
お出掛けすると、なんか財布の紐が緩んじゃう。

真蔵とお清は、うんうん、と聞かなければなりません。
聞いている方より、ああだったこうだったと喋っている本人たちの方が楽しそうです。

って、これも、今と変わらないんだな、って思いますね。
平和で仲良しの大庭家です。

 

ところで、がやがやと楽しい話が一段落すると、
急に、女中のお徳が台所の裏口から出て行きます。

そして、また戻って来て「まあ驚いた!」と小さい声で言います。
わざと真面目な顔で、目を丸くして、みんなを見回します。
なんだか、プチ演技していますね。
注目を引きたいのでしょう。

でも、みんなは何が起こったのか解らないので、ただお徳の顔を見ます。

お徳は、炭が減った! と大騒ぎします。

お徳は、最近、なんだか炭の無くなり方が早い、おかしい、と思っていました。
いくらなんでもそんなに使ってないはず……。

と、お徳はまず、お隣のお源さんを疑いました。
さては、お源さんが庭から盗んでるんじゃないか、と。

そこで、なんとお徳さん、お源さんの家の障子の破れ目から覗き見します。
凄いですね。
すると、貧しくて買えないはずの高級な炭が、火鉢に入っているのが見えました。
お徳さん、あなたも今の法律ならちょっとアウトです。

お徳は、このことをまず、老母に相談しようと思いました。

でも、とりあえず、自分で調べることにしました。
探偵お徳ですね。
やり方は、こうです。
今日、出掛ける前に炭俵の上の方の炭に、目印を付けておいたのです。
それが、今見たら、目印の付いているやつが無くなっていると言うのです。
お源は、目印が付いてるなんて知りませんから、上から持って行くでしょう。
「だから、盗んだのはお源です!」とお徳は言い張ります。

真蔵は、ぎくりとします。
まさに今日のお昼に疑わしい光景を目にしたところでしたから。
でも、一応、まだ状況が判らないので、黙っておきました。
やっぱり真蔵は慎重派ですね。

お徳は、「炭をあのまま外に置いておいたらもっと盗まれますよ!」とたたみかけます。
結局、炭はお徳の部屋に置くことになりました。

お徳は、「竹の木戸を作ったからこういうことになった」と文句を言います。
「泥棒が泥棒の入り口を自分でこしらえたんだ!」と。

しかし、老母とお清は、お徳に対し、
このことでわざわざお源さんに何か言わないように注意します。
夫の磯吉のことが怖いのです。
お源さんに喧嘩を売ったら、磯吉が逆ギレして何をしてくるか解らない、と。

真蔵は、「まぁ、磯吉だってただの男だよ」とフォローするのが精一杯。
ついに何も言えませんでした。

みんなも、あんまりこのことで大騒ぎはしたくないようで、
お徳が1人でわぁわぁ言って、みんなちょっと押され気味で終わりました。

 

家族会議が済むと、真蔵は自分の部屋に入ってしまいました。
お徳とお清は、夕飯の準備です。
いつも通りの夕方の風景が戻ったかのようですが……。

異変が。
お徳は、お源がどんな顔をして井戸に水を汲みに来るかな、と思っていましたが、
お源が、いつもの時間に現れませんでした。
夕飯の準備はどうしたのでしょう?
日が沈んで1時間してから、珍しく、磯吉が水を汲みに来ました。