解説:「竹の木戸」あらすじ -下2-

 

次の日の朝。
お源は、置いてある炭俵に気付いてびっくりしました。
一体、磯吉はどうやって炭俵を買って来たのでしょう!?

 

磯吉は普段から、お源が朝ご飯を作っている間、
ずっと布団の中で横になったままです。

お源「磯さん、これはどうしたの?」
磯吉「買って来たんだ」
お源「え! どこで買ったの?」
磯吉「別に、どこだっていいじゃないか」
お源「どこか、ぐらい訊いたっていいじゃないか」
磯吉「……初公の近所の店だよ」

あれ?
昨日訪ねたのは、金次です。
初公なんて、登場していません。

お源「どうしてまた、そんな遠くの店で買ったの?」

初公は遠くに住んでいるみたいですね。
実際に磯吉は、そんなに遠出をしていませんし、
炭を盗んだのは、近所にあるお店です。

磯吉はやっと起き上がり、訳を話します。

昨日は、おまえがギャーギャー言うから、
金公の家に行って、金を借りようとしたが、無いと言われた。
それからすぐに初公の家に行った。
炭を買うから金を貸せと言ったら、初公が、
「なんだ、1俵ぐらいなら、俺の行きつけの店に行って、俺の名前で持って行けよ」
と言うので、その足でその店に行って貰って来たと言うのです。

磯吉は、泣いて抗議するお源を、とりあえず満足させて黙らせるため、
その場凌ぎに、盗みを働いて、しかも嘘をついているのです。
でも、お源は、これなら10日ぐらい足りる! と大喜びです。

 

お源は、旦那に「仕事しろよ」と責めるなら、自分も頑張らなきゃダメだ、
あと、お隣さんにも顔を出さないと不自然だし、かえって疑われる、と考えました。
そこで、いつもの通り弁当を持たせて磯吉を送り出し、
自分も朝ご飯を食べました。

 

お源は、一段落すると、バケツを持って、木戸を開けました。
すると、女中のお徳と、真蔵の義理の妹のお清が庭に出ていました。

お清は、お源の顔を見て心配します。
「お源さん大変顔色が悪いね、どうかしたの?」
昨日の夜、寒い中で凍えて、しかも泣いていたので、
顔も腫れたり、疲れていたのでしょう。
お源は、ちょっと風邪を引いたのだとごまかします。
お清は心配します。

お徳は、「おはよう」と口早に言って黙ります。

お源は、その挨拶で気付きました。
昨日まで炭俵が並べてあった場所に、炭俵が置かれていないのです。
きっと、昨日のうちにお徳の部屋に移されたのに違いありません。

お源は顔色を変えて、目をぎょろぎょろさせました。
お源が慌てる表情を見て、お徳はにやりと笑いました。
お源は、お徳がにやりと笑ったことに気付き、お徳を睨みつけました。
お徳は、お源に睨まれたので、何か喧嘩したくて仕方ありません。
バチバチです。
でも、お徳さんは、お清さんが傍にいるので我慢しています。

 

するとそこへ、「皆様、おはようございます!」と、
増屋というお店の、18-19歳になる御用聞きがやって来ました。

増屋というのは、磯吉が炭を盗んだ、あの近所のお店です。
大庭家もお源もここで炭を買うので、みんな顔見知りです。

御用聞きというのは、注文を取りに来るお兄さん。
「サザエさん」に登場する三河屋のサブちゃんが有名ですが……
定期的に来てくれるダスキンさんや生協さんみたいな感じでしょうか。

お兄さんは、炭俵がいつもの置き場に無いことに気付きました。
「あれ? 炭はどこかへ片付けたんですか?」

お徳は、待ってましたとばかりに、
「外に置いておくと物騒だから中にしまうことにした」と説明します。
お徳は水を汲み終わって歩き出したお源さんをわざとらしく見ます。

お清さんは、わざと意味深なことを言うお徳を睨みました。
昨日の家族会議で、お源さんに対して波風を立てないように言ったのに!

何も知らないお兄さんは続けます。
「本当に物騒ですよ。うちでも昨夜、1俵盗まれました」
お徳は、お源さんを見ながら「何の炭をとられたの?」と尋ねました。
お源さんを見ながらですよ。
お兄さんは「上等の佐倉炭です!」と答えます。

お源は、この会話を聞いていました。
歯を食いしばり、よろめきながら家に向かいます。
バケツを投げるように置いて、炭俵の口を開けます。
入っていたのは、上等の佐倉炭でした。
そう、これは磯吉が、初公の許可を得て譲って貰った炭なんかじゃない、
増屋から盗んだ物だと、判ってしまったのです。

 

お徳は、真蔵の老母からも、真蔵の妻からも大変厳しく叱られました。
お隣の奥さんに、あからさまに疑うような失礼なことを言ったからです。

現場に居合わせたお清さんは、夕方になってもお源が姿を現さないので、心配になりました。
普段なら、夕食の支度で井戸に来るはずなのに。
そこで、風邪の見舞いも兼ねて、植木屋夫婦の家に行ってみました。

家の中があまりにひっそりとしているので
「お源さん」と呼んでみましたが、返事はありません。
そこで、おそるおそる障子戸を開けると、
お源は、天井の梁に細い帯を掛け、首を吊って亡くなっていました。
どうやら、磯吉が盗んで来た炭俵を踏み台にしたようでした。

 

2日後、竹の木戸が取り壊され、生け垣は元通りになりました。
更に2ヶ月後、磯吉は渋谷村に移り住んでいました。
なんと既に、お源と同い年ぐらいの奥さんがいます。
でも、相変わらず、豚小屋同然の家でした。

 

コメントを残す