国木田独歩「竹の木戸」|あらすじ -上2-

まさに井戸端会議

11月になりました。

木戸ができた日も、女中のお徳、そして植木屋の妻のお源は、井戸端で洗い物をしていました。

お徳は、植木屋さんが貧しいので大工さんを頼むことができず、磯吉が適当に木戸を作ったことをからかいます。「これが木戸だろうか、掛金は何処に在るの。こんな木戸なんか有るも無いも同じことだ」と、聞こえよがしに、わざわざ大きな声で言います。

大庭家では、裏庭に出入口ができたため、不審者が簡単に入って来るのではないかと、心配しているのです。最近も、近所の軍人さんの家の庭、洗濯中に金だらいを置きっぱなしにしていたら、それが盗まれるという事件があったようです。

お徳さんは、植木屋夫婦のせいで大庭家に泥棒が入るのではないかと嫌味を言っているのです。もしかすると、植木屋さんたちが泥棒だ、ぐらいの嫌味かもしれません。

お徳とお源は、お互い、竹の木戸の開け閉めをきちんとすること、外に大事な物を置きっぱなしにしないことなどを話しました。

そして話題は、炭の価格高騰の話に。

大庭家では大きな俵で炭を買って、軒下に置いています。植木屋夫婦は、大庭家が買っているのと同じお店ですが、自分でザルを持って行って歩いて行き、バラの炭を量り売りしてもらっています。どちらにしても、値段が高くて大変です。

80-90年代ぐらいまでは、ボールを持って豆腐屋さんにお豆腐を買いに行ったり、行商が売り歩いたり、そんな買い物の仕方は、メジャーでした。今では、「量り売り」というと、なんだか西洋の市場やお菓子屋さんなどおしゃれなイメージもありますね。

お徳はしょっちゅうお源に嫌味を言います。ライバル視しているようです。

お源とお徳はライバル

夕暮れ時、真蔵が会社から帰って来ました。洋装のまま、下駄を履いて、裏庭に来ます。昔の男性は、会社にはスーツを着て行き、家では和服で寛いでいました。きっと、お徳がせかしたので、着替えて一息つく暇が無かったのでしょう。

お徳は「大変な木戸でございましょう?」と言いますが、真蔵は「植木屋さんにしちゃよくできてる!」と笑います。

お徳は、一緒に悪口を言ってほしかったのですが、真蔵がスルーしたので、アテがはずれました。

ちなみに、この話は全部、お源が住んでいる裏の小屋には丸聞こえです。当時の家は木造なので、音がよく通るのです。

お源は、大庭家に対して、親切な人たちだと感謝していますが、女中のお徳さんに対しては複雑な気持ちを抱いています。

「田舎者のくせに、大庭家で可愛がられているからっていい気になって」
「でも、一生懸命働いて、感心だ」

悪く言いたい気持ちもあるし、なんだかんだ褒められる点もある。年頃も身分も似たような相手なので、お互いにライバル心があるのでしょうね。

こんなことをぼんやりと考えていると、日が暮れてしまいました。お源は、1人で過ごしている時間が長いので、考え事をしがちです。

お源の家の炭は、もうそろそろ無くなりそうです。炭が無いと、火鉢も使えないし、お湯も沸かせない、お米も炊けません。お米は、こんな釜で炊いていたのでしょうか。お米を炊くのに時間が掛かりそうです。

炭は、暖房であり、台所の火種です。寒いし、お腹も空くし、主婦としては、とても不安になりますよね。

ランプの影が伸びる下に座って溜息をつくお源は、髪の毛も乱れ、あわれな様子でした。

頼りない夫と貧しい生活

そこへ、仕事が終わった磯吉が帰って来ました。

磯吉は、ごはんを食べ、煙草を吸うばかりで、あまりお源の話を聞いていません。今日は、給料の前借りをして来る予定でしたが、それもうまく行かず。お源は、明日お米を買うのも大変なのに! とぼやきます。

磯吉は仕事を休んでばかりで、働き者ではないようです。なので、夫婦はいつも貧乏でした。植木屋職人たちの奥さんの集まりからも、あんな男と一緒にいるなんて、お源はバカだと言われていました。

磯吉はとても無口な男で、何を考えているかよく解りません。それが不気味に見えるので、大庭家の女性陣は磯吉を怖がっていました。でも、お源はそれを、ちょっと自慢に思っていました。「磯吉は腕のいい職人だし、まぁ、本気を出せば大丈夫」と思っていたのです。磯吉に惚れ込んでいたのですね。

11月の夜は冷えます。夫婦は、ぺちゃんこの布団を1組しか持っていません。また、小屋のような家は隙間風もひどい。磯吉の背中は、布団から外にはみ出してしまっています。

コメントを残す