解説:「竹の木戸」あらすじ -中1-

 

12月になりました。

東京郊外は、都会の冬よりもグッと冷え込みます。
郊外暮らしの流行で移住してきた人たちは、寒さに驚きました。
脱サラして憧れの軽井沢や八ヶ岳に住んだ人が、
夏は涼しくていいけど、雪が降ってびっくりする、みたいな感じでしょうか。
地球温暖化の前ですから、今よりも更に寒かったことでしょう。

そんな中、この日は久々にぽかぽかしていました。

老母、妻、娘の礼ちゃん、女中のお徳は、4人でお出掛けです。
新橋など、下町へお買い物に行くのです。
珍しくお出掛けするので、着替えなどで大騒ぎ。
ドタバタ準備して、大変賑やかです。

当時も、下町というのは、商店や露天商が立ち並び、
サーカスや芝居小屋などで大賑わいでした。
新橋や浅草などです。
買い物と行楽が両方出来る場所です。
勧行場というデパートの前身のような施設があり、流行の最盛期でした。

みんなが出掛けると、さっきの大騒ぎは嘘のよう、
家はいっきにシーンと静かです。
留守番しているのは、真蔵と、義理の妹のお清。
真蔵は、日当たりの良い部屋で新聞を読んだり、休みを満喫していました。
お昼時、縁側をぶらぶら歩いていると、
お清が、お裁縫をしています。
姪っ子の礼ちゃんの上着を作っているのです。
真蔵とお清は下らない話をして笑い合います。

お清は火鉢の無い部屋で作業していたので、
真蔵は「風邪を引くんじゃないか?」と心配しますが、
お清は気丈に「大丈夫です、そんなことはありません」と答えます。
台所を仕切っている老母、お清、お徳は、
炭の価格高騰に備え、12-1-2月と炭が必要になってくるので、
節約できる時にはしよう、と計画していたのです。

真蔵は、会社で働いていて、家事は女性陣に任せっきりなので、
家計のことや台所事情はよく解っていません。

実際、大庭家では家の造りがしっかりしているので、
今日のような温かい日には、暖房が無くてもやっていけるようです。
植木屋夫婦の住んでいる小屋とは大違いです。

なんだかお源が可哀想になりますね。

 

真蔵は、フラッとその部屋を出て、台所の方へ歩いて行くと、
お徳の部屋の窓が開いているのに気付きます。
あれ、窓が開いてるじゃん、と、お徳の部屋に入ります。

窓から顔を出すと、竹の木戸や井戸がある裏庭が見えます。
窓のすぐ下の壁際は、炭俵が並べて置いてあるところです。
真蔵は、窓から見下ろしてみました。
そしてぎょっとしました。

そこに、何故か、お隣のお源さんがいからです。

真蔵からすれば、お源がそこにいるのはびっくりですし、
お源からしたら、女中部屋から家の主が顔を出したので、びっくりです。

お源は、手に炭をひときれ持って立っていました。
お源は焦って、

「お宅ではこういう上等の炭をお使いなさるんですもの、たまりませんわね」

とよく解らない発言をします。
まぁ、「見ていただけです」ということが言いたいのでしょうね。
真蔵もちょっと困って、

「炭のことは、わたしにはよく解らないもんで」

と、にっこり笑って、窓から顔をひっこめてしまいます。
気まずいことこの上無し、です。

 

真蔵は、自分の部屋に戻って考え込みます。

あれ? 今のは、うちの炭を盗んでいたのか?
や、でも、本当に、ただ見てただけかもしれない。
実際、自分は炭を盗んでいるところをはっきり目撃したわけではない。
万が一盗んでたんだとしても、自分が1度見ちゃってるから、
そう簡単にまた盗みに来ることもないだろう。

そして結論を出します。
まぁ、今日みたことは誰にも言わないことにしよう。

真蔵は、近代化された、理論的な考えを持っていることが判ります。
波風立てたくない、と思ってるだけかもしれませんが。

 

コメントを残す