初の江戸川乱歩作品です

本日は江戸川乱歩『指環』の初稽古です。

ここがどこかというと。

スズキヨシコ邸のひと部屋。

なんと、女中部屋です。

国木田独歩の『竹の木戸』に、登場しましたね、女中部屋。

戦後すぐに建てられた、和洋折衷のモダンなお家。

玄関を入って、右側に客間と、主人の書斎。

左側の突き当たりに、このお部屋が。お台所の近くにあり、エリア分けされているのです。

ちなみに、女中部屋の中には、高窓が。多分、もっと和風だったはずですが。外を見下ろすと、ちょうど、枯れ葉と笹が見えます。

まさに『竹の木戸』ではありませんか!

そんなお部屋で、電灯の下、お稽古。ちょっと、昔の浪人生みたいでいいですね。

以前、2015年に劇団のの 舞台公演に出演した、田島裕人くん。ののラジオになって、初参加です。

普段は、歌のコンサートやミュージカル出演の多い田島くんですが、朗読は初めてです。

江戸川乱歩についても、しっかり調べて来てくれています。

このお話の見所、演じ方の基本について、みんなで話し合いました。

江戸川乱歩の『指環』は、地の文、つまりト書きがなく、セリフだけで構成されています。これは、日本の小説では前例のない、初めての試みなのだとか。

今回は、「2人の男が出て来る、音声で聞いて楽しいもの」として、取り上げてみました。前々から、江戸川乱歩は「楽しそう!」と候補に挙がっていたのですが、面白いものはどれも長くて大変そうだったので、手始めに、これをやってみることにしました。

登場するのは、AとBという2人の男(書かれていないけど、男性だと思われます)

舞台は、電車の中。「いつかもこの路線でお会いしましたよね?」と、丁寧な言葉で話し掛ける、A。「そうでしたっけね」と、すまして答える、B。

以前2人が出会ったのは、泥棒騒ぎの時。車内で貴婦人の指環がスられ、Bがスリの疑いを掛けけられたのです。車掌がやって来て、Bを身体検査しましたが、指環は発見されませんでした。

「どうしてでしょうねぇ?」と、たたみかける、A。

ついにおかしくなって、笑い出すB。「お互い、しらじらしい、芝居じみた会話はやめようぜ」ということなのです。

実は、話し掛けたAも泥棒。Aは、Bが指環を盗んだことを確信しています。同じ泥棒として、どうやってBが逃げおおせたのか、方法が知りたくて話し掛けて来たのです。

しかし、Bはなかなか肝心なポイントを話さず、出し渋りをします。そこで、Aは、「もったいぶるなよ!」と色々質問をし、Bから答えを引き出そうとします。

AとBのキャストを入れ替えて、試し読みしてみました。Aを演じるキャストが変わると、Bに対して畳み掛ける口調が変わるため、Bも、種明かしのしかたが、どんどん変わって来るのです。

Aが、必死な感じで「教えてくれよ、教えてくれよ!」と質問責めにするか、「ほ〜、それでそれで?」と引き出そうとするか。

この作品は、正直、「トリックはそんなに面白くない、大したことない」と、評価されております。見所は、トリックそのものより、AとBの駆け引き、心理戦だと言われています。

もう1つ、この作品の面白いところ(そして、ややこしいところ)は、「THE☆江戸っ子!」という感じの、べらんめえ調です。

「まぁ、聞きねぇ」

「そうじゃねえんだから、お笑いぐさよ」

「するってぇと」

などなど、落語や大衆演劇でしか聞かないような口調で、ものにするまで時間が掛かりそうです。色々な作品に親しんでいると、聴き慣れてはいますが、いざ自分がこれを自然に発音するのは、大変です。一種の方言を習得するようなものだと感じます。

実は、共演回数が多く、仲良しの、この2人。

2人のAとBが楽しみです。

しかし、狭い部屋で暖房が効いているから良いものの、外は、寒い。外に出る前にお菓子を食べて、カロリーを消費し、体を温めております。

さすが、古民家。お菓子を差し出す、座敷わらしに出会いました。写真にも写り込んでいます。皆さんにも見えますか? 心霊写真が撮れてしまいましたね。

コメントを残す