容赦ない「ハイ!」

さて、午前中、芥川龍之介の短編作品の収録が済んだ後、
みんなでワイワイ、『秋』の稽古をしました。
国木田独歩『竹の木戸』に続く、ドラマ形式の作品です。
雪の中、集まってくれました。

 

いい季節ですね、暖かい日もあれば、寒い日もある。
椿の花が素敵です。
竹久夢二の絵のようですね。
大正ロマンの『秋』の作品にピッタリ。

 

そしてこちらも素敵。
おひなさまがまだ飾られていました。
立派な段のおひなさま。
これは、もはやアンティークの領域。

演出が、移動する度に、何度も供え物のお椀や菱餅をひっくり返すので、
何度も直すのが大変です。
直しているところの写真を撮っていたら、
吉田さんに「反省と学習をしろ」と怒られました。
しています。

 

テキストを、役ごとにではなく、
輪になって座って、時計回りに順番に読みました。

うめちゃん(梅田拓)が「ハイ!」と言ったところまで、読みます。
彼の裁量次第で、長く読まされたり、短く終わったりします。
「え、そこで?」と思うところで「ハイ!」と言われることもあります。
ボーッとしていて、「え、どこ?」と言っていると、「ハイ!」が飛んで来ます。
噛むと、もちろん、容赦なく「ハイ!」と締め切られます。
演出は、3文字ぐらい読んで噛んだので、次に回されました。

 

持参のICレコーダーで自分の声を録音する戸塚くん。
復習するためだそうです。
真面目です。

 

Caoriさん、『竹の木戸』で明治時代の女性、お源を演じ、
今回は大正時代の女性、信子を演じます。
貧しい生活をし、育ちがそれほど良くなく、言葉使いも悪いお源に比べ、
同じ東京で暮らしていても、女学校に通い、良い生活をする信子。

でも、Caoriさんが演じると、何故か共通点が見えて来ます。
漂う色気や儚さなど。
って言いながら、お菓子食べてる写真ですみません。
大正ロマンなCaoriさんをお楽しみに。

 

と言いながら、今回、キャストさんに送ったメールで、
完全にキャストを逆にお知らせしていたため、
稽古場で混乱が起きました。

夫役: ○梅田拓 ×戸塚駿介
俊吉役: ○戸塚駿介 ×梅田拓
信子役: ○Caori ×スズキヨシコ
照子役: ○スズキヨシコ ×Caori

みんな、台本への書き込みを直していました。
凄いですね、人間って、こうも間違えるもんなんですね。
最低な演出ですね。

 

今回はナレーターで長い文章を読む、吉田さん。
初日から、嫌がっています。

残念ながら、ナレーターは間違えではなかったです。
ナレーターはナレーターです。

 

前回ナレーターだった戸塚くんは、今回キャストです。
女性2人に取り合われる、魅惑の男の役です。
イケメンボイスをお楽しみに!

 

今回、長い長いセリフがあり、緊張気味のよっこ(スズキヨシコ)です。

信子の妹、照子の役です。

 

みんなで、作品や、わからない単語について話しました。
Caoriさんが疑問を持ったのは、
「キリスト教の匂いのする女子大学趣味の人生観」という言葉。
特に、大正時代には、学生や作家を初めとし、色々な思想が流行りましたから、
トルストイズム、社会主義、キリスト教などの考え方が出て来ます。
作品に登場する人物は、文学を学んだり仕事にしたりしているので、
活発に思想を議論し合っています。
それを理解するのが、ちょっと大変です。
これもやがてブログや解説で説明していこうと思います!

 

梅ちゃんが気になったのは、
信子がぼんやり考えごとをしている時、
昼に食べた魚の生臭さが口から消えない、という表現です。

「僕わかる、これ。
 こういうことあるもの。
 ここの一部分、好きだなぁ」
と、お気に入りの様子。

 

今後、4人の登場人物の人間関係を、どう読んでいくのか、
とても楽しみです。
あ、ナレーターの活躍も楽しみですね。

 

コメントを残す