炭の記事一覧

コラム

国木田独歩「竹の木戸」|あらすじ・説明 下1

前回までのあらすじはこちらから↓ パニックのお源 さて、少し時間が遡ります。(ちなみに、物語全体の中で、時間が前後する描写は、ここ1箇所だけです) お源が真蔵に目撃されたすぐ後のことです。 お源...
コラム

国木田独歩「竹の木戸」|あらすじ・説明 中1

前回までのお話はこちらから↓ 寒い冬の到来 いよいよ、12月になりました。 東京郊外の冬は、都会よりもグッと冷え込みます。 郊外暮らしの流行で移住してきた人たちは、寒さに驚きました。脱サラし...
コラム

国木田独歩「竹の木戸」|あらすじ・説明 上2

前回までのお話はこちらから↓ まさに井戸端会議 さて、11月になりました。 エリートの大庭家の裏に、植木屋夫婦が引っ越して来てから2ヶ月経ちました。 その日は、女中のお徳、そして植木屋の妻のお源は、...
稽古場日記

国木田独歩「竹の木戸」|明治の成人男性は1日に5合の米を食べる

中馬(ちゅうまん)くんの初稽古です のあ「じゃあ、今日はお源と磯吉が揃ってるから、シーン6からかな」 中馬「シーン6……とは?」 Caori「あれ? 中馬、なんかちょっと違うの持ってる」 中馬「俺、本文を自分オリジ...
稽古場日記

国木田独歩「竹の木戸」|明治時代のギャグが解らない

引き続き、スズキ家での稽古です。大庭家の人たちが買い物に出かけ、真蔵とお清が留守番しているシーンについて、 当時の12月の東京郊外はとても寒かったみたいお清は空気が読めるいい人面白い組み合わせで留守番だね真蔵がふざけているのはなぜな...
タイトルとURLをコピーしました