これはかまいたちの夜だ!

本日のお稽古は、宮沢賢治『注文の多い料理店』です。

 

物語に登場する、主人公の紳士2人。

1人目の紳士は、栗田ばねさん。

 

 

そして、もう1人の紳士は、梅田拓くんです。

 

 

レストラン山猫軒の奥に待ち構える山猫の役は、吉田素子さん。

 

 

そして、もう1ぴきが、Caoriさんです。Caoriさんが男の子っぽいセリフをやるのは、珍しくて貴重かも!

 

 

どちらも、とてもいいペアです。

 

悪天候の中、森で迷子になり、やっと見つけたレストランの中で、どんどんドアを開けて進んで行く、何が起こるか分からない怖いお話。

 

 

これは、児童文学のくくりで選んだお話だけど、怪談シリーズに入れてもいいんじゃないの? という話になりました。

 

 

そこで、栗田ばねさんが、「これはゲーム『かまいたちの夜』だ!」とひらめいたようです。

というわけで、栗田ばねさんが今回のディレクターになりました。BGMや、みんなの読み方、編集方針を考えてくれます。

今回は、いつもと違って、事前にBGMを決めておき、BGMに合わせて演技を練習をし、本番に臨むという、新たな試みをすることになりました。

いつも、編集の段階で、キャストの演技の雰囲気に合ったBGMを探して付けているので、公開されるまで、キャストはどんな音楽が流れるか、知らないのです。音楽に合わせて演技を作って行くとどうなるのか、ちょっと楽しみです。

 

 

本日は、お昼ご飯に、おいなりさんが出ました。

なんて豪華……! 

セクションによって違う具が入っていて、おいしかったです。

 

 

食べる吉田さんです。

 

 

 

そして、なんと、おやつに煮詰めた梅も!

とてもいい香りでした。

 

 

食べる吉田さんです。

 

 

 

 

 

こちらも、おかわりが止まることを知りません。

 

 

 

 

 

 

さて、次は、以前に収録した作品の、トークを収録します。

 

 

まずは、小川未明『遠くで鳴る雷』の収録。

 

 

最初に、吉田素子さんと梅田拓くん、本編の音源を視聴しています。

寝ているわけではありません。真剣に聞いている図です。

吉田さんは、お母さん役で出演しましたが、完成作品を聞くのは初めてです。

初夏らしい、爽やかな出来となっています。

 

 

夏の思い出、キュウリについての思い出を話して、和やかなムードになりました。

 

 

まだ食べてる。

 

 

そして、次は芥川龍之介の『鼻』です。

栗田ばねさんが初めて単独で録った作品です。

 

 

栗田さんが、自分もメンズTBCで鼻の角栓を取ったエピソードなど、面白いお話が聞けました。

後で編集した時に、残り3人の笑い声を消すのが、大変でした。

 

コメントを残す