鼻濁音ってなぁに?

 

初日の稽古は、役を決めず、みんなでお話を掴みました。
テキストを、「はい」と言われたところまで順番に読みます。

場所はスズキヨシコさんのお家。
広いお庭に面した居間で、チーズケーキとお煎餅を食べながら。

 

最初に読むと、みんな、とてもゆっくり読むのが印象的です。
また、前の人の読み方が次の人に移るのも面白いですね。

この日、配役が決まりました。
みんな遠慮がちで、特にやりたい役が無いので、
梅田拓くんが、適当に見事な采配で決めました。

 

この日、話題に上がったのは、鼻濁音。

スズキヨシコさんが調べたところ、
この時代、どうやら、関東圏の人は自然に鼻濁音を使っていたとのこと。
時代の古い老母も、千葉県出身のお徳も含めて。
つまり、この話の登場人物は全員鼻濁音になるようです。

鼻濁音は、アナウンスや歌などでよく使用されます。
勿論、朗読でも。

「ガギグゲゴ ga gi gu ge go」

を強く発音すると、
とても濁って、角があるように感じます。
それを柔らかく、

「nga ngi ngu nge ngo」

と発音することで、威圧感を与えず美しく聞こえるのです。

イメージは、「香港 Hong-Kong」の最後の「ん」を言った後、
そのまま「a i u e o」を付ける感じです。
「n」が強すぎると、ただの「ナニヌネノ na ni nu ne no」に聞こえるので注意です。

書く時は、

「か゜き゜く゜け゜こ゜」「カ゜キ゜ク゜ケ゜コ゜」

と表記します。

鼻濁音にはルールがあります。
全部の「ガ行」を鼻濁音に替えれば良い訳ではありません。

「君が」「あなたが」の「が」、
「急げ」の「げ」や、「塞ぐ」の「ぐ」は、鼻濁音。

「演劇 えんげき」の「げ」、
「シンガポール」の「ガ」のように、単語の途中に出てくるものは、鼻濁音。

「劇作家」の「げ」のように語頭は濁音のままです。

ですから、濁音が2回出て来る場合、例えば、
「銀河」は「ぎんか゜」、「ゴング」は「ゴンク゜」になります。

複合語の場合はまた変わって来ます。
「音楽学校」は「おんか゜く-がっこう」、
「外国語概論」は「がいこくこ゜-がいろん」になります。

複雑ですが、ルールさえ覚えれば、簡単にできます。
最初のうちは「゜」を手書きで振った方が読みやすいですが、
慣れて来ると、自分でコントロールして発音できるようになります。
是非やってみて下さいね!

 

コメントを残す