国木田独歩「竹の木戸」|キャスト日記:吉田素子『家政婦がキター!』

大好評、女中のお徳を演じた女優、吉田素子さん。彼女が書いてくれた、なんと!  途中までしか書いてないブログ記事です!!!

どうして、途中までなのか。

謎めいていますねぇ。
斬新ですねぇ。

理由はなんでもですね……途中で力尽きたんだそうで! 奥が深い! 深すぎる!

というわけで、皆様には、途中まで読んで、続きを想像して悶々としていただきたいと思います。

これは音で作る舞台だ

劇団のののブログをご覧の皆様、こんにちは。この度朗読劇『竹の木戸』にて女中・お徳役を務めました吉田素子です。

今回「劇団のので朗読劇やるよー」とお誘い頂いて、二つ返事で参加を表明しました(笑)

昔は声優さんになるのが将来の夢だった私。その夢は残念ながら諦めてしまいましたが、「声だけで演じる」朗読劇に興味が湧き、ぜひ、やらせて欲しいと思ったからです。

どんな声色で演じようかな。イントネーションはどうしようかな。声の高さはどうやって変えていこうかな。

1人で考えてるだけでもワクワクするのですが、それをみんなで読み合わせて一緒に作り上げていくのも、とても楽しかったです。

そして稽古が進むにつれて、これは「声だけで演じる」というより、「音だけで舞台をつくる」と言った方が正しいなと思い始めました。

今回は劇場でお客様に作品を観てもらうのではなく、録音した作品をお客様に聴いてもらいます。当たり前ですが、舞台装置や照明、華やかな衣装に役者の表情、身体表現は、一切ここに持ち込めません。

それは大きな制約のように感じ、とても難しいことだと思いました。私たちの声を含めた「音」だけで、果たしてこの世界が伝わるのか。

音の世界に誘われて

稽古中、私たちは様々な明治時代の「音」を聴きました。(活気溢れる商人さんの声。鐘の音。)

実際に竹林を歩いて、竹の葉のカサカサ鳴る音も聴きました。(スズキ家に感謝)

そして、録音する際に現代の音にも気を配りました。

飛行機の飛ぶ音(ぐぉーーん)
車が走る音(ぶぉーん)
暖房機器の音(ぶーん)
ポテトチップスを食べる音(パリポリサクサクボリバリ)

現代にしかない音は極力排除しないと、「竹の木戸」の世界にお客様を誘うことはできないですからね。

ん?

そうか、なるほど…

制約があると思っていた「音だけの舞台」は、実はその時代の音を入れることで、すぐにでもタイムスリップ出来てしまうのか“〆(゜_゜*)

-Fin-

「いや、ここで終わりかい!」

と、つっこんだそこのあなた。ずっこけたそこのあなた。終わりです。

本当に、ここで記事は終わっていました。「続きはWebで!」じゃないんです、ここがWebですもの。内容が面白いだけに、続きが気になりますが。

お徳はきっと、これを書いている最中に、ご隠居様に呼ばれてネズミ退治とか、布団叩きとか、梅干し作りとかしているのでしょう。微笑ましいですね。

コメントを残す