国木田独歩「竹の木戸」|キャスト日記:吉田素子『私は松田龍平、23歳の女の子』

コラム
竹の木戸
コラム

「竹の木戸」にて、1番やばい役を演じ、フリートークにも出演してくれた、女優・吉田素子さんです。

彼女の、大好評(?)途中で終わっちゃうブログシリーズ第2弾です。「話が盛り上がってきたところで力尽きる」という斬新なスタイルでお送りしております。

今回の記事は、本人曰く「ちょっと砕けたバージョン」だそうですが、前回の記事に、特に「お堅い」要素を感じませんでしたので、どっちもバッキバキに砕けているということで、お気軽にお読みください! そして、続きを想像して悶々としてください。

こんにちは

この度お徳を演じました、吉田素子と申します。

今までで1番言われた、似ている有名人は松田龍平です。

松田龍平さんといえば、先頃、離婚を発表されましたよね。ドラマ『カルテット』の最中にもその危機が噂されていましたが、なるほど……と、まるで自分のことのように他人の松田龍平さんのことを思ってしまいました。

ドラマ『カルテット』では、高橋一生さんが好きでした。

高橋一生さんは、2017年の顔と言ってもいいくらい大ブレイクしましたよね。その甘いルックスと時々見せるくしゃっとした笑顔に魅了される女性が多いようですが、なんと言っても彼の魅力はその「声」だと思います。初めて彼の声を聴いた時は、その深い響きと包み込むような優しさに私の心は鷲掴みにされました。

そんなわけで「声」

そう、「声」は大事なんですよ。(ようやく持ってきた感)

今回の企画は、朗読劇『竹の木戸』です。

朗読劇というのは、ご存知のように、「声」だけで物語の情景、所作、心情、温度、云々をお伝えするものでございます。

それのまぁ難しいことっ(@д@)

吉田演じるお徳さんとは

私の演じた、大庭家のお女中さんである「お徳」は、勝ち気で、自分の思うように物事を進めないと気が済まない、1度「こうっ!」と思ったらどんな手を使ってでもその目標を達成する、少々()嫌味で、とてもお茶目な23歳の女の子です。

この「嫌味な女」と「23歳の女の子」という、一見、相反していそうな2つの要素に、今回は悩まされました。

まず「嫌味な女」。これだけを表現しようとすると、どうしてもセリフ全体を大きく抑揚づけて、ネチっこく、うねらせながら話すことになります。

そして「23歳の女の子」。あくまで一般的なイメージで言えば、高くハリがあり、まだ若さのある元気な声になります。

どちらもあくまで私個人の考えですのであしからず。

表情と所作、もしくは衣装メイクなど、視覚的情報を封じられている以上、なるべくオーバーに吹き込んでいかねばなりません。

-Fin-

はい、終わったーっ!

終わりです。

タイトルとURLをコピーしました