芥川龍之介「秋」|とにかくマイク使用に慣れたい!

稽古場日記
稽古場日記

本日は、とにかく、複数名で同時にマイクに吹き込んで、本番の練習です。

早くマイクでの収録を上手になりたいですね。

前回の復習をしてみよう

復習で、前回の練習の動画を見ました。

前回の稽古の様子はこちらからお読みいただけます。

ナレーションの苦悩は続く

吉田さんは、この期に及んで、まだうまく発音できない単語がいっぱいあります。

特に、滑舌で苦戦しています。

眉根のシワが増しています。

吉田さんは、発音できない単語を、戸塚くんに聞く、戸塚くんがわからないなら、戸塚くんに検索させることに決めました。

気さくな戸塚くん。

どんどん調べてくれます。

もう、全然わからないので、他人の朗読をYouTubeで検索して、それを参考にすることにしました。

結構、「秋」を読んでいるかたがたくさんいるみたいです。

しかし、いいんですか、ライバルを参考にして。

プライドは無いのか、吉田。

吉田「よっしゃ。そういう発音なのね、OK、OK」

そして吉田さん、もし発音が間違っていたら、その朗読アカウントに責任をなすりつけることにしました。

吉田「あたしゃ完全に真似するんで。間違ってたらそいつが間違ってるってことだから。わかった?」

マイクとお友だちに

本日は、ずーっとマイクで練習しましたので、だいぶ、マイクとの距離が掴めてきました。

タイトルとURLをコピーしました