ばねとばねが夢の共演

 

いよいよ、今日は、収録です!
いつも稽古している場所にて。

 

普通の送風タイプのヒーターを付けると、「ブーン」という音がしてしまうので、消しました。
そして、それだと寒すぎるので、アラジンストーブをつけました。
アラジンストーブ。
……。

つけ方が判りません。
ネットで調べて、つけました。
こすったら魔神が出て来て暖かくしてくれるわけではないっぽいです。
普通に、地味に、いろいろひねって、マッチで火をつけます。

頑張れ、魔神=戸塚!
君のおかげで部屋が暖まるぞ!

 

さて、別に暖かくなりません。
寒い中、ナレーションの収録を無事に終えました。

 

磯吉役の栗田ばねさん、お源役のCaoriちゃんも到着。
みんなで楽しく収録です。

 

まずは、ナレーションとお源のシーン。
お源さんは独白が多いですね。

Caoriちゃんと戸塚くんのところにあるマイクが、栗田くんの手元の機械につながっています。

マイクスタンド代わりになっているのは、かつて舞台美術で作った木箱。
到着したら、こうなっていました。
スズキヨシコさんがセッティングしてくれたようです。

木箱の蓋に、かろうじてマイクを挟んでテープで固定しているので、
ちょっと揺らしたら取れそう。
そして、木箱は中が空洞なので、ちょっと触ったら音が響きそう。
手作り感溢れております。

テキストは、マイクに触れないように、マイクの向こうで手で掲げて読みます。
実際、朗読大会などでも、このようにします。

 

栗田監督、「アクション!」と叫んでいます。

音をモニタリングしています。
飛行機、救急車などが来たら、一度止めます。
なんという手間でしょう。
これが費用ゼロ収録の限界だ!

「君ねぇ、ここはもう少しこうしたまえ。
気持を考えていこう、気持の発露をね」
的なことを、グダグダと指示しています。

おおよそ、2人の演技には関係ありません。
というか、全く、関係ありません。

あ、だって、ほら、よく見たら、

監督ごっこに飽きちゃって、DJごっこ始まってるし。

 

さてさて、いよいよ磯吉の出番です。

磯吉とお源は、2人で1つのマイクを使ってやりました。
2人で1つを使うと、距離感や角度が難しいですが、交互に使います。

栗田さんがずっとご機嫌で暴れ回っているので、
Caoriさん、笑いをこらえながらの演技です。
2人が共演しているシーン、ほぼ、笑いをこらえながらやっています。
苦行です。
そう思って聞くと、よりいっそう彼女の演技の巧さが解るのではないでしょうか。

ばねさんがこだわったのは「貧乏が好きな者はないよ」というセリフです。
お源さんに貧しい生活を責められて、やっと発した言葉。
イライラをおさえつつ、押し出すように、でも動揺せず。
このさじ加減が難しいところ。
「もっと決めぜりふっぽく言います」と言っていました。
「内容的に何も決まってないけどね」と、Caoriさん。

 

おぉぉぉ、アラジンストーブ。
……全然暖かくなりません。
全員、屋外にいるのと同じ格好。
寒い中で演じたので、植木屋夫婦の家の寒さ、身に染みて演技できたかもしれません。

 

ところで、皆さん。
明治時代の日常音風景には欠かせない、行商人。
実は、全て栗田ばねさんの声です。
豆腐屋も、パン屋も、納豆屋も、全部、栗田ばね。
よく聞いてみると「あ〜参ったなぁ〜こりゃ」とか、台本にないことも言っています。
あと、磯吉と行商人が夢の共演を果たしてしまっている部分もあります。
お楽しみに〜♪

 

演劇風に練習してみました

 

ゴホゴホ。
風邪かな?

Caoriさんが脱ぎ捨てたマスクが、ファイルにピッチリはまっております。
小顔効果。

 

普段、舞台に立っている役者さんたち。
声の演技なので、顔は映りませんが、
本当は、かなり表情豊かな皆さんです。

 

そこで、気分が盛り上がるように、
朗読の練習ですが、立って演技してみようということになりました。

演劇の練習のように、動きや表情も入れて、雰囲気を掴みます。

 

まずは、お源とお徳の井戸端のシーンから。

2人とも、井戸のところにしゃがんで話しています。

しゃがんで、釜の底を洗いながら喋ってみると、
声の出し方が普段と違います。

 

あ、ナレーションは動きませんね。
この人どんな気持なんでしょうね。

 

さて、こちらは磯吉とお源夫婦です。

ごはんを食べる磯吉。
ちゃんともぐもぐしながら喋ります。

笑っちゃって、撃沈するお源さん。
旦那の磯吉が面白すぎて、毎回つらい、お源さん。
そんな面白いところに惚れたんでしょうか。
そういう話だったらとっても平和だったでしょうね。

なんとか、立ち直りました。
気を確かに……!

朝、寝たまま喋るシーンは、寝っ転がって読んでみます。
画面に写っていませんが、お源、笑ってます。
笑いを、一応、堪えています。

磯吉、嘘をついています。
お源、朝ご飯を作っています。

 

お源さん、1人でお留守番しているところです。
ちょうどお部屋に夕陽が差し込んでいて、臨場感ありますね。

Caoriさんは本当に切ない、儚い雰囲気が似合います。

あれ?
家にいないはずの磯吉が左端に!
ちょっと磯吉には、光に吸い込まれて、宇宙に行っていてもらいましょう。

 

見守る、吉田素子さん。

時々、目を閉じて聞き入ります。

染み入ってますね。
心に。

 

こちらは、竹の木戸を見に来た、真蔵と、お徳。

お徳、すごい顔の演技をしていますが、これ、収録中もしています。

ニヤニヤしたり、「チッ」ってなったりします。

 

お源が炭を盗んでいるところを見てしまった真蔵。
ちょっと障子の窓を開けて、体験してみました。
窓から覗くって、こんな感じなのかな。

……って、お源、こっちにいるんですけどね。

 

これは、お清さんがお部屋でお裁縫しているところに、
真蔵がやって来ているところです。

本当に障子ごしです。
ちなみに、この障子からガラス窓まで、20cmぐらいしかありません。
修行です。
朗読ですから。
朗読ってそういうものですから。
徳を積まなければならないのですから。
20cmだって入ります。

遙かな高みを目指してるんです。

さぁ、解き放たれた真蔵です。

あれ?
やっぱりナレーションは動かないんですね。
修行が足りていませんね。
神の視点だからいいんですかね。

 

これは、最後の日の朝。
井戸端に、お清とお徳が出ています。

しれっとやって来る、お源さん。
バケツの代わりにバッグを持っていますが、
お買い物に来た主婦みたいになってしまいますね。

すかさず嫌味を言う、お徳。

そこに、増屋が登場。
今日は中馬くんがいないので、真蔵さんが代役です。
なんだかロングスカートの女性が並んで世間話していると、
レミゼラブルのシーンみたいに見えて来ます。

どんどん攻撃を仕掛けるお徳。

立って歩いて嫌味を言うお徳は、大変生き生きしております。

ぷんぷんするお源。

でも、そんなお茶目なお源も、家に駆け込んで、炭を見てしまいます。
この後、お源さんが叫び声をあげると、見ていたみんな「可哀想……」の声。
やっぱり、実際に動いてみると、実感が湧くのですね。
ただ、この後ろ向きの姿を見て、
ちょっとさくらももこさんの漫画を思い出してしまうのって、わたしだけでしょうか。

その頃、お源を苦しめる磯吉は、
モロッコの砂漠の町にでもいるのかと思うぐらい、
夕陽を浴びて聞き入っておりました。

 

ではここで、休憩。
Caoriさんが撮った、
「なんでこんな写真を?」「なんでこの瞬間?」という写真をお送りします。
Caoriさんの撮影センスには、毎度驚かされます。

 

名付けて、写真展「Caori目線」

 

90度の細君。

お年寄りみたいな真蔵。

お年寄りみたいなお清。

飽きた、ナレーター。

やっぱり中東にいる、磯吉。

音を聞く顔が凄い、お徳。

 

さてさて。
今日は録音の練習もします。
マイクに向かって喋る練習です。

 

まずは、磯吉とお源でマイクテスト中。
こうやって見ると、とっても仲良し夫婦なんですけどね。
「初めての共同作業です!」って感じが溢れてるんですけどね。

ナレーションのマイクと、キャストのマイクを分けて使っています。

 

さて、準備が整いました。

 

ナレーションの練習。

井戸端会議の練習。

お源の独り言。

 

家族会議など、人数が多いシーンは、ローテーションが大変です。

あれ? お徳が急にハーマイオニーになりましたね。
どうしたんでしょうか。

 

聞いて確かめています。

 

ナレーターも演技します

 

—さりげなく、最後を飾るのは…。

◆のあ:あ、ここは戸塚だけのシーンかな。
◆スズキ:いや! 実はここにね、「お源さん、お源さん」っていうセリフがあるんだよ。さりげなく。
◆のあ:あ、お清さんの金田一感が1番出る場面だ!

 

☆ 。*・☆ 。*・☆ 。*・☆ 。*・☆ 。*・☆ 。*・☆

 

ここからは、稽古でやった場面と、それについてキャストが話した内容をお届けします。
作品本文は、青空文庫からコピーしたものに、読み易いよう改行を加えています。
キャストが話した内容は、録音した物を文字に起こし更に編集しています。
なお、議論は明確な答えを出すものではなく、情報は必ずしも正確ではありません。
演出を付けるために自由な発想に基づいて発言しております。

 

☆ 。*・☆ 。*・☆ 。*・☆ 。*・☆ 。*・☆ 。*・☆

 

国木田独歩より 竹の木戸

 

お徳は老母からも細君からも、みっしり叱られた。お清は日の暮になってもお源の姿が見えないので心配して御気慊取りと風邪見舞とを兼ねてお源を訪ねた。内が余り寂然しておるので
「お源さん、お源さん」
と呼んでみた。返事がないので可恐々々ながら障子戸を開けるとお源は炭俵を脚継にしたらしく土間の真中の梁へ細帯をかけて死でいた。

二日経って竹の木戸が破壊された。そして生垣が以前の様に復帰った。

それから二月経過と磯吉はお源と同年輩の女を女房に持って、渋谷村に住んでいたが、矢張豚小屋同然の住宅であった。

 

☆ 。*・☆ 。*・☆ 。*・☆ 。*・☆ 。*・☆ 。*・☆

 

—お清が告げ口をしたのでは……!?

◆のあ:老母と細君が怒るとこ、見てみたいな…。細君って怒るんだね(笑) 「みっちり」って「みっしり」から来てるのかな?
◆Caori:重みと密度を感じるわ。
◆スズキ:何を叱られたんだろうね。何言われるんだろう。
◆のあ:あ……ねぇ、気付いちゃった。これ、お清が告げ口したんだよ。老母と細君に。
◆スズキ:おや?
◆のあ:だってさ、老母も細君も、2人ともこの場にいなかったはずだもん。お徳がやらかした時。お徳自分で言わないでしょう「わたしやらかしました」って。
◆スズキ:いやいや、お源が「まぁ佐倉だよ!」って叫んだのが、大庭家まで聞こえてたかもしれないよ?
◆のあ:さすがに叫び声聞こえたら「お隣の奥さんヤバいなぁ〜」ってなるでしょ(笑)
◆Caori:えー、だって、話し声が聞こえるぐらいだから、死ぬ音すら聞こえそうじゃない?
◆スズキ:どんな音かな。
◆Caori:「ドン」とか。
◆スズキ:今のは完全に金田一だったな(笑) いやぁ、もっと静かにぶらさがるんじゃないかなぁ。

 

—お清は、知らないで声を掛けている。

◆スズキ:ねぇ、お清って、心配そうに言うのと、今ぐらい元気に言うのとどっちがいい?
◆Caori:今ぐらいの方がいいと思うんだけど。元気な方がいいよ。
◆スズキ:知らないで「大丈夫?」って訊いて、後でショック受けるってことね。
◆Caori:そうそう。

 

—ナレーターにも演技が求められます!

◆のあ:ラスト、とづ(戸塚)の声で読むとより悲しい話に聞こえるな。
◆Caori:より豚小屋が「豚小屋」に聞こえるわ。
◆のあ:とづ(戸塚)は何か読んでて疑問点とか不安ある? はい、無いね。
◆戸塚:あぁもうじゃあ無いです。
◆スズキ:締切が早いよ(笑)
◆戸塚:これ、俺はスタンスとして、どういう雰囲気で終わらせたらいいかな?
◆のあ:あるじゃん、疑問。
◆戸塚:あるんだよ。
◆Caori:やっぱりちょっと、しっとりっていうか。ある程度、憂いている方がいいんじゃない? 淡々とやられすぎたら、「あ、戸塚って頭おかしいのかな」ってなるじゃん。
◆戸塚:ナレーターに人格認めないでよ(笑)
◆スズキ:後味の悪さがあった方がいいよね。
◆のあ:明るく終わられたらねぇ。「豚小屋だった♪」みたいな。
◆戸塚:それはサイコパスだわ。

◆戸塚:あのさ、「中があんまりひっそりしてるので」はどの辺りから死んでる予感があればいいのかな。
◆Caori:今は結構、もうおどろおどろしくやってるよね。
◆スズキ:金田一の予感だね。
◆戸塚:うん。今は結構、最初から死を予感する空気出して読んでる。
◆のあ:お清は声掛けてる時点では、風邪引いてるだけだと思ってるからねぇ。
◆スズキ:障子の破れ目の間からさ、ぶら下がってるお源の足が見えたりしなかったのかな。
◆Caori:お徳じゃないんだからさ! 覗かないでしょ、人んちの中(笑)
◆スズキ:いやまぁ、お清は知らないよ、この時点ではね。
◆和華:これ、ナレーションで後処理ですもんね。
◆のあ:そうなんだよね。じゃあどこから助走しようかって話だよね。
◆スズキ:いきなりだよね、死ぬの。
◆Caori:直前が「まぁ佐倉だよ!」の絶望で、あとは全くお源出て来なくて、それで次もう死んでるからね。
◆のあ:まぁ不穏なこと続きではあるよね。
◆戸塚:そう。
◆Caori:でも自殺は斜め上だからね。え〜、そこまでかぁ! っていう。
◆スズキ:そうそう、せめて、大喧嘩とか。夜逃げするとか。その程度ぐらいしか思い浮かばないからなぁ。
◆のあ:やっぱナレーターが雰囲気変えられるのは、死んだことを読むその瞬間から、じゃないかな。

 

—ラストの衝撃はお源の死だけに留まりません。

◆Caori:でもさぁ、磯吉の再婚が1番マジかよだし。
◆スズキ:ミラクルだよね。
◆Caori:磯吉……。
◆和華:お源死んだところで終わらないですからね、この話。
◆のあ:梅ちゃん(梅田)もこの「豚小屋」で話が終わるってとこに強く反応してたけど。栗田ばねが気付いたことがあって。老母は「物置小屋みたいなとこ」とか、ナレーターもお源と住んでる家については「古倉のすみこみたいなとこ」って言ってるのに。ここだけ、この磯吉が住む小屋だけ、語りが「豚小屋」って言ってるって。
◆スズキ:ほんとだ。
◆Caori:このワード、戸塚チョイスかぁ。「豚小屋かよ。かっこわら」って声が聞こえて来そうだわ。
◆のあ:これが戸塚から磯吉へのせめてもの成敗か。
◆戸塚:独歩じゃなくて俺?
◆スズキ:戸塚君は神の視点なんじゃない?
◆のあ:そもそもナレーターは「視点」しか持ってないものだけどね。
◆戸塚:視点しかないのに制裁は加えてるのかよ。