浮かれすぎクリスマス

 

大勢での収録を、クリスマス直前に行いました!

 

どうです、この大庭家の浮かれっぷり。

もしこの時代にクリスマスを祝っていたら、
お徳の仕切りは凄かったでしょうね。
新橋に買い出し、礼ちゃんのプレゼントの調達。
クリスマスツリーの選出、飾り付け、設置場所。
七面鳥の焼き具合、靴下作り。

そして、磯吉は、
どっかの庭からモミの木を切り倒してきて、七面鳥を誘拐して、
金次の家でクリスマスケーキを貰ってくることでしょう。

 

お菓子も豪華。

スズキ家の手作りクッキー。

Caoriちゃんが買って来たクリスマスケーキ。

中馬くんが里帰りの折に買って来てくれた、
肥後、五十四万石饅頭。

あれ?
「風が語りかけます」のCMで有名な埼玉の十万石饅頭じゃないの?
加賀百万石は大河ドラマの「利家と松」?

などと言っておりましたが、五十四万です。
十万より多い、百万より少ない。
五十四万石饅頭は、大変おいしい、
おいしすぎて五十四万個食べられるおいしさでした。

https://www.kobai.jp/goju/

 

お徳とお源の井戸端でのシーンを録っているところです。

2人、本当は仲良しです。

お源、お徳、マイクチェックです。
交互に「あ」と言って音を入れています。

お清、録音を確認。
職人と化しています。

お源は貧乏なはずなのですが。
なんでしょう、この金持ちそうな顔は。

この帽子がここまで似合う人はあまりいませんね。
本当は磯吉じゃなくてサンタクロースの妻なんだと思います。

紅茶を片手にご機嫌で収録。

この後、彼女は、浮かれすぎて、盛大に紅茶をこぼしました。
機材は無事でした。

 

お源とお徳が、演技に納得が行かず、
物凄く、長い収録となりました。
この男が暇になりました。

そして、この男も。
田舎の駅の待合室か、山小屋のようですね。

そして相変わらず、部屋全体を温めてくれない、アラジンランプ。

おもむろに昼食を食べる中馬くん。
何故か、かっこつけて来ました。

 

と、ここで、暇そうだったので、
中馬くんに、お昼ごはんのピザを買いに行ってもらいました。

 

1度、録音真っ最中に、ガラッと開けて、中馬くんが戻って来ました。
みんなで「おい!」となりました。
まるで演劇のワンシーンのようでした。

 

そして、また、録音真っ最中に、ガラッと開けて、中馬くんが戻って来ました。
また、みんなで「おい!」となりました。
まるで演劇のオチのシーンのようでした。

 

増屋の御用聞きは、ピザの配達人になりました。

ちなみに、彼、この帽子を被って自転車に乗って店まで行ったこと、
帰って来てから気付いたようです。
お店の人も、物凄い浮かれたクリスマスパーティーが開催されていると思ったことでしょう。

大変おいしくいただきました!

 

お昼を過ぎても、まだお源とお徳のシーンが続いております!
待機中のベンチは、寒い。
防寒必須です。

 

ミッションをコンプリートし、
またもや暇になってしまった中馬くん。
おもむろにチキンを食べております。

骨しかないのに、何故か、かっこつけて来ました。

 

さて、お源とお徳がようやっと納得し、他のシーンをいっきに録りました。

時間が無くなってしまったので、
家族会議や、朝の井戸端のシーン、
実は全部別録りして、編集で繋いでいます。

 

さて、最後に、効果音を録りました。
磯吉が煙管をふかすシーンと、ごはんを食べるところです。
煙草は梅田くん、ごはんは中馬くんがやっています。
実は本人じゃないんですね。

 

中馬くん、空のお茶碗で、必死に、
ドラえもんが歩く時の音みたいなのを出してくれました。
何か違う。

そこで、本当に何か食べた方がいい、ということになり、
ここで登場するのが、あの、肥後の五十四万石饅頭です。

だがしかし、中馬くん、
またドラえもんみたいな音を出し、
ディズニーに出てくるハイエナの舌なめずりみたいなヨダレの音を出し、
最後に急にお饅頭を取り出して、
カサカサ言わせて紙を剥いて、
マイクに向かって顔を突き出して、凄いスピードでもぐもぐもぐもぐっと噛み、
わざとらしく、「あ〜っ」と息を漏らしていました。

みんな、声が入ってはいけないので、必死に笑いを堪えています。

音を確認する真蔵。
1人で聞いて、笑いすぎて、撃沈していました。
小さなカサカサ言う紙の音と、無音が入っていたようです。

 

自分でも確認。

そんなに真剣に聞く音ではない。

 

結局、茶碗にお饅頭を入れ、お茶を掛け、
お茶漬けのように掻き込んでみました。
そちらの音が、本編では使われております。

 

ちなみに、この後、後片付けをしていたら、
サンタの帽子が1つ足りず……
中馬くんは、よほど寒かったのか、被ったまま家に帰ってしまったようです。

 

ばねとばねが夢の共演

 

いよいよ、今日は、収録です!
いつも稽古している場所にて。

 

普通の送風タイプのヒーターを付けると、「ブーン」という音がしてしまうので、消しました。
そして、それだと寒すぎるので、アラジンストーブをつけました。
アラジンストーブ。
……。

つけ方が判りません。
ネットで調べて、つけました。
こすったら魔神が出て来て暖かくしてくれるわけではないっぽいです。
普通に、地味に、いろいろひねって、マッチで火をつけます。

頑張れ、魔神=戸塚!
君のおかげで部屋が暖まるぞ!

 

さて、別に暖かくなりません。
寒い中、ナレーションの収録を無事に終えました。

 

磯吉役の栗田ばねさん、お源役のCaoriちゃんも到着。
みんなで楽しく収録です。

 

まずは、ナレーションとお源のシーン。
お源さんは独白が多いですね。

Caoriちゃんと戸塚くんのところにあるマイクが、栗田くんの手元の機械につながっています。

マイクスタンド代わりになっているのは、かつて舞台美術で作った木箱。
到着したら、こうなっていました。
スズキヨシコさんがセッティングしてくれたようです。

木箱の蓋に、かろうじてマイクを挟んでテープで固定しているので、
ちょっと揺らしたら取れそう。
そして、木箱は中が空洞なので、ちょっと触ったら音が響きそう。
手作り感溢れております。

テキストは、マイクに触れないように、マイクの向こうで手で掲げて読みます。
実際、朗読大会などでも、このようにします。

 

栗田監督、「アクション!」と叫んでいます。

音をモニタリングしています。
飛行機、救急車などが来たら、一度止めます。
なんという手間でしょう。
これが費用ゼロ収録の限界だ!

「君ねぇ、ここはもう少しこうしたまえ。
気持を考えていこう、気持の発露をね」
的なことを、グダグダと指示しています。

おおよそ、2人の演技には関係ありません。
というか、全く、関係ありません。

あ、だって、ほら、よく見たら、

監督ごっこに飽きちゃって、DJごっこ始まってるし。

 

さてさて、いよいよ磯吉の出番です。

磯吉とお源は、2人で1つのマイクを使ってやりました。
2人で1つを使うと、距離感や角度が難しいですが、交互に使います。

栗田さんがずっとご機嫌で暴れ回っているので、
Caoriさん、笑いをこらえながらの演技です。
2人が共演しているシーン、ほぼ、笑いをこらえながらやっています。
苦行です。
そう思って聞くと、よりいっそう彼女の演技の巧さが解るのではないでしょうか。

ばねさんがこだわったのは「貧乏が好きな者はないよ」というセリフです。
お源さんに貧しい生活を責められて、やっと発した言葉。
イライラをおさえつつ、押し出すように、でも動揺せず。
このさじ加減が難しいところ。
「もっと決めぜりふっぽく言います」と言っていました。
「内容的に何も決まってないけどね」と、Caoriさん。

 

おぉぉぉ、アラジンストーブ。
……全然暖かくなりません。
全員、屋外にいるのと同じ格好。
寒い中で演じたので、植木屋夫婦の家の寒さ、身に染みて演技できたかもしれません。

 

ところで、皆さん。
明治時代の日常音風景には欠かせない、行商人。
実は、全て栗田ばねさんの声です。
豆腐屋も、パン屋も、納豆屋も、全部、栗田ばね。
よく聞いてみると「あ〜参ったなぁ〜こりゃ」とか、台本にないことも言っています。
あと、磯吉と行商人が夢の共演を果たしてしまっている部分もあります。
お楽しみに〜♪

 

演劇風に練習してみました

 

ゴホゴホ。
風邪かな?

Caoriさんが脱ぎ捨てたマスクが、ファイルにピッチリはまっております。
小顔効果。

 

普段、舞台に立っている役者さんたち。
声の演技なので、顔は映りませんが、
本当は、かなり表情豊かな皆さんです。

 

そこで、気分が盛り上がるように、
朗読の練習ですが、立って演技してみようということになりました。

演劇の練習のように、動きや表情も入れて、雰囲気を掴みます。

 

まずは、お源とお徳の井戸端のシーンから。

2人とも、井戸のところにしゃがんで話しています。

しゃがんで、釜の底を洗いながら喋ってみると、
声の出し方が普段と違います。

 

あ、ナレーションは動きませんね。
この人どんな気持なんでしょうね。

 

さて、こちらは磯吉とお源夫婦です。

ごはんを食べる磯吉。
ちゃんともぐもぐしながら喋ります。

笑っちゃって、撃沈するお源さん。
旦那の磯吉が面白すぎて、毎回つらい、お源さん。
そんな面白いところに惚れたんでしょうか。
そういう話だったらとっても平和だったでしょうね。

なんとか、立ち直りました。
気を確かに……!

朝、寝たまま喋るシーンは、寝っ転がって読んでみます。
画面に写っていませんが、お源、笑ってます。
笑いを、一応、堪えています。

磯吉、嘘をついています。
お源、朝ご飯を作っています。

 

お源さん、1人でお留守番しているところです。
ちょうどお部屋に夕陽が差し込んでいて、臨場感ありますね。

Caoriさんは本当に切ない、儚い雰囲気が似合います。

あれ?
家にいないはずの磯吉が左端に!
ちょっと磯吉には、光に吸い込まれて、宇宙に行っていてもらいましょう。

 

見守る、吉田素子さん。

時々、目を閉じて聞き入ります。

染み入ってますね。
心に。

 

こちらは、竹の木戸を見に来た、真蔵と、お徳。

お徳、すごい顔の演技をしていますが、これ、収録中もしています。

ニヤニヤしたり、「チッ」ってなったりします。

 

お源が炭を盗んでいるところを見てしまった真蔵。
ちょっと障子の窓を開けて、体験してみました。
窓から覗くって、こんな感じなのかな。

……って、お源、こっちにいるんですけどね。

 

これは、お清さんがお部屋でお裁縫しているところに、
真蔵がやって来ているところです。

本当に障子ごしです。
ちなみに、この障子からガラス窓まで、20cmぐらいしかありません。
修行です。
朗読ですから。
朗読ってそういうものですから。
徳を積まなければならないのですから。
20cmだって入ります。

遙かな高みを目指してるんです。

さぁ、解き放たれた真蔵です。

あれ?
やっぱりナレーションは動かないんですね。
修行が足りていませんね。
神の視点だからいいんですかね。

 

これは、最後の日の朝。
井戸端に、お清とお徳が出ています。

しれっとやって来る、お源さん。
バケツの代わりにバッグを持っていますが、
お買い物に来た主婦みたいになってしまいますね。

すかさず嫌味を言う、お徳。

そこに、増屋が登場。
今日は中馬くんがいないので、真蔵さんが代役です。
なんだかロングスカートの女性が並んで世間話していると、
レミゼラブルのシーンみたいに見えて来ます。

どんどん攻撃を仕掛けるお徳。

立って歩いて嫌味を言うお徳は、大変生き生きしております。

ぷんぷんするお源。

でも、そんなお茶目なお源も、家に駆け込んで、炭を見てしまいます。
この後、お源さんが叫び声をあげると、見ていたみんな「可哀想……」の声。
やっぱり、実際に動いてみると、実感が湧くのですね。
ただ、この後ろ向きの姿を見て、
ちょっとさくらももこさんの漫画を思い出してしまうのって、わたしだけでしょうか。

その頃、お源を苦しめる磯吉は、
モロッコの砂漠の町にでもいるのかと思うぐらい、
夕陽を浴びて聞き入っておりました。

 

ではここで、休憩。
Caoriさんが撮った、
「なんでこんな写真を?」「なんでこの瞬間?」という写真をお送りします。
Caoriさんの撮影センスには、毎度驚かされます。

 

名付けて、写真展「Caori目線」

 

90度の細君。

お年寄りみたいな真蔵。

お年寄りみたいなお清。

飽きた、ナレーター。

やっぱり中東にいる、磯吉。

音を聞く顔が凄い、お徳。

 

さてさて。
今日は録音の練習もします。
マイクに向かって喋る練習です。

 

まずは、磯吉とお源でマイクテスト中。
こうやって見ると、とっても仲良し夫婦なんですけどね。
「初めての共同作業です!」って感じが溢れてるんですけどね。

ナレーションのマイクと、キャストのマイクを分けて使っています。

 

さて、準備が整いました。

 

ナレーションの練習。

井戸端会議の練習。

お源の独り言。

 

家族会議など、人数が多いシーンは、ローテーションが大変です。

あれ? お徳が急にハーマイオニーになりましたね。
どうしたんでしょうか。

 

聞いて確かめています。