浮かれすぎクリスマス

 

大勢での収録を、クリスマス直前に行いました!

 

どうです、この大庭家の浮かれっぷり。

もしこの時代にクリスマスを祝っていたら、
お徳の仕切りは凄かったでしょうね。
新橋に買い出し、礼ちゃんのプレゼントの調達。
クリスマスツリーの選出、飾り付け、設置場所。
七面鳥の焼き具合、靴下作り。

そして、磯吉は、
どっかの庭からモミの木を切り倒してきて、七面鳥を誘拐して、
金次の家でクリスマスケーキを貰ってくることでしょう。

 

お菓子も豪華。

スズキ家の手作りクッキー。

Caoriちゃんが買って来たクリスマスケーキ。

中馬くんが里帰りの折に買って来てくれた、
肥後、五十四万石饅頭。

あれ?
「風が語りかけます」のCMで有名な埼玉の十万石饅頭じゃないの?
加賀百万石は大河ドラマの「利家と松」?

などと言っておりましたが、五十四万です。
十万より多い、百万より少ない。
五十四万石饅頭は、大変おいしい、
おいしすぎて五十四万個食べられるおいしさでした。

https://www.kobai.jp/goju/

 

お徳とお源の井戸端でのシーンを録っているところです。

2人、本当は仲良しです。

お源、お徳、マイクチェックです。
交互に「あ」と言って音を入れています。

お清、録音を確認。
職人と化しています。

お源は貧乏なはずなのですが。
なんでしょう、この金持ちそうな顔は。

この帽子がここまで似合う人はあまりいませんね。
本当は磯吉じゃなくてサンタクロースの妻なんだと思います。

紅茶を片手にご機嫌で収録。

この後、彼女は、浮かれすぎて、盛大に紅茶をこぼしました。
機材は無事でした。

 

お源とお徳が、演技に納得が行かず、
物凄く、長い収録となりました。
この男が暇になりました。

そして、この男も。
田舎の駅の待合室か、山小屋のようですね。

そして相変わらず、部屋全体を温めてくれない、アラジンランプ。

おもむろに昼食を食べる中馬くん。
何故か、かっこつけて来ました。

 

と、ここで、暇そうだったので、
中馬くんに、お昼ごはんのピザを買いに行ってもらいました。

 

1度、録音真っ最中に、ガラッと開けて、中馬くんが戻って来ました。
みんなで「おい!」となりました。
まるで演劇のワンシーンのようでした。

 

そして、また、録音真っ最中に、ガラッと開けて、中馬くんが戻って来ました。
また、みんなで「おい!」となりました。
まるで演劇のオチのシーンのようでした。

 

増屋の御用聞きは、ピザの配達人になりました。

ちなみに、彼、この帽子を被って自転車に乗って店まで行ったこと、
帰って来てから気付いたようです。
お店の人も、物凄い浮かれたクリスマスパーティーが開催されていると思ったことでしょう。

大変おいしくいただきました!

 

お昼を過ぎても、まだお源とお徳のシーンが続いております!
待機中のベンチは、寒い。
防寒必須です。

 

ミッションをコンプリートし、
またもや暇になってしまった中馬くん。
おもむろにチキンを食べております。

骨しかないのに、何故か、かっこつけて来ました。

 

さて、お源とお徳がようやっと納得し、他のシーンをいっきに録りました。

時間が無くなってしまったので、
家族会議や、朝の井戸端のシーン、
実は全部別録りして、編集で繋いでいます。

 

さて、最後に、効果音を録りました。
磯吉が煙管をふかすシーンと、ごはんを食べるところです。
煙草は梅田くん、ごはんは中馬くんがやっています。
実は本人じゃないんですね。

 

中馬くん、空のお茶碗で、必死に、
ドラえもんが歩く時の音みたいなのを出してくれました。
何か違う。

そこで、本当に何か食べた方がいい、ということになり、
ここで登場するのが、あの、肥後の五十四万石饅頭です。

だがしかし、中馬くん、
またドラえもんみたいな音を出し、
ディズニーに出てくるハイエナの舌なめずりみたいなヨダレの音を出し、
最後に急にお饅頭を取り出して、
カサカサ言わせて紙を剥いて、
マイクに向かって顔を突き出して、凄いスピードでもぐもぐもぐもぐっと噛み、
わざとらしく、「あ〜っ」と息を漏らしていました。

みんな、声が入ってはいけないので、必死に笑いを堪えています。

音を確認する真蔵。
1人で聞いて、笑いすぎて、撃沈していました。
小さなカサカサ言う紙の音と、無音が入っていたようです。

 

自分でも確認。

そんなに真剣に聞く音ではない。

 

結局、茶碗にお饅頭を入れ、お茶を掛け、
お茶漬けのように掻き込んでみました。
そちらの音が、本編では使われております。

 

ちなみに、この後、後片付けをしていたら、
サンタの帽子が1つ足りず……
中馬くんは、よほど寒かったのか、被ったまま家に帰ってしまったようです。

 

コメントを残す