稽古場日記の記事一覧

稽古場日記

宮沢賢治「注文の多い料理店」|ゲーム「かまいたちの夜」風に作ってみよう

本日のお稽古は、宮沢賢治『注文の多い料理店』です。 キャストを紹介します 物語に登場する、主人公の紳士2人を紹介しましょう! 1人目の紳士は、栗田ばねさん。 そして、もう1人の紳士は、梅田拓くんです。 ...
稽古場日記

『秋』を収録しました

  本日は、昨日のナレーター収録に引き続き、芥川龍之介『秋』の収録。     本日は、キャストの演技部分です。     まずは、機材設置。     機材をつなぎ、マイクの角度を調節します。     ナレーション代理は、演出。お行儀が悪...
稽古場日記

やりたくないナレーター収録です

  本日は、稽古中、ナレーターをやりたくないと言い続けた、吉田素子さんの収録です。   とりあえずは、気合いを入れて、ドヤっています。 何しろ、今日だけ頑張れば、今日で終わりですしね。     芥川の『秋』はとても長いので、キャストの収録...
稽古場日記

マイクの練習です

  本日は、とにかく、複数名で同時にマイクに吹き込んで、本番の練習です。       復習で、前回の練習の動画を見ました。     吉田さんは、この期に及んで、まだうまく発音できない単語がいっぱいあります。     特に、滑舌で苦戦し...
稽古場日記

2人の背中を追う照子

  今日は、テキストを持ったまま実際に立って動いて演技してみました。       第1話、街の賑わいの中を歩く、俊吉・信子・照子。照子は、信子と俊吉が文学の話をしながらどんどん歩いて行ってしまう背中を見ると、やっぱり「置いていかれている」...
稽古場日記

残酷な喜びとは何か?

  この日の夜は、照子と信子、第4話の最後の会話を稽古しました。 長時間に渡る2人きりの留守番。無言の間。こだまする柱時計の音とお湯が沸く音。そして泣き出す照子。 しんどい!   居酒屋という場所もあいまってか、いつもより赤裸々トークになり...
稽古場日記

日常で「ぜ」って言う人います?

—夫と信子の新婚生活、雲行きが怪しくなって来ました。 スズキ:じゃあ、次。夫が酔っ払って帰って来て、ややモラハラ化してくるところ。 のあ:「今夜は僕が帰らなかったから、よっぽど小説がはかどったろう」ってとこ、良かったね。 吉田:うん、むか...
稽古場日記

語られざる部分のある会話

  のあ:戸塚。戸塚:ん?のあ:今日さ、稽古場来る時さ、自転車でわたしが尾行してたの、気付いてた?戸塚:は?吉田:尾行? 同じ稽古場に行くメンバーにおいて尾行ってある? 一緒に来いよ。のあ:いや、最初ね、黙って併走してたんだけどね、全然気付...
稽古場日記

照子とナレーター秘密特訓

  今日は、いつもの大勢の稽古の前に、ナレーションの吉田素子さんと、照子役のスズキヨシコさんだけで稽古します。お互いの苦手な部分を克服するために、スズキ家にて秘密の集まりをしました。       照子は、第1話に登場する長い長い手紙の部分...
稽古場日記

たとえ空腹でも

夕方、スズキ家の書斎にて、フリートークの収録を行いました。 芥川の『蜘蛛の糸』と『蜜柑』についてです。 まずは、収録した音声を確認して、内容を思い出します。 トラックが沢山あるので、どれがどれかを選別するの...
タイトルとURLをコピーしました