江戸川乱歩「指環」|江戸川乱歩作品に初挑戦

女中部屋で練習

本日は江戸川乱歩『指環』の初稽古です。

ここがどこかというと。

スズキヨシコ邸のひと部屋。

なんと、女中部屋です。

国木田独歩の『竹の木戸』に、登場しましたね、女中部屋。

戦後すぐに建てられた、和洋折衷のモダンなお家。

玄関を入って、右側に客間と、主人の書斎。左側の突き当たりに、このお部屋が。お台所の近くにあり、エリア分けされているのです。

ちなみに、女中部屋の中には、高窓が! 多分、もっと和風だったはずですが。外を見下ろすと、ちょうど、枯れ葉と笹が見えます。まさに『竹の木戸』ではありませんか!

そんなお部屋で、電灯の下、お稽古。ちょっと、昔の浪人生みたいでいいですね。いい雰囲気です。

初出演 田島裕人

以前、2015年に劇団のの 舞台公演に出演した田島裕人くん。ののラジオになってからは、初参加です。

普段は、歌のコンサートやミュージカル出演の多い田島くんですが、朗読は初めてです。

もともと文学が好きな田島くん。江戸川乱歩についても、しっかり調べて来てくれていました。予備知識はばっちり。

日本初の戯曲風小説?

このお話の見所、演じ方の基本について、みんなで話し合いました。

江戸川乱歩の『指環』は、地の文、つまりト書きがなく、セリフだけで構成されています。これは、日本の小説では前例のない、初めての試みなのだとか。

今回は、「2人の男が登場する、音声で聞いて楽しいもの」ということで取り上げてみました。

前々から、江戸川乱歩は「楽しそう!」と候補に挙がっていたのですが、面白いものはどれも長くて大変そうだったので、手始めに、これをやってみることにしました。

「指環」のあらすじとは?

登場するのは、AとBという2人の男(書かれていないけど、口調から男性だと思われます)

舞台は、電車の中。「いつかもこの路線でお会いしましたよね?」と、丁寧な言葉で話し掛ける、A。「そうでしたっけね」と、すまして答える、B。

以前2人が出会ったのは、泥棒騒ぎの時。車内で貴婦人の指環がスられ、Bがスリの疑いを掛けけられたのです。車掌がやって来て、Bを身体検査しましたが、指環は発見されませんでした。

「どうしてでしょうねぇ?」と、たたみかける、A。ここまでは丁寧な口調です。

だけど、ついにちゃんちゃらおかしくなって笑い出すB。「お互い、しらじらしい芝居じみた会話はやめようぜ」ということなのです。

実は、話し掛けたAも泥棒。Aは、Bが指環を盗んだ犯人であると確信しています。

Aは、同じ泥棒として、どうやってBが逃げおおせたのか、方法が知りたくて話し掛けて来たのです。

しかし、Bはなかなか肝心なポイントを話さず、出し渋りをします。そこで、Aは、「もったいぶるなよ!」と色々質問をし、Bから答えを引き出そうとします。

Aが変わるとBも変わる

AとBのキャストを何度か交代しつつ、試し読みしてみました。

面白いことに、Aを演じるキャストが変わると、Bに対して畳み掛ける口調が変わるため、Bがトリックを種明かしする口調も、つられて変わって来ることがわかりました。

Aが必死な感じで「おい教えてくれよ!」と質問責めにすると、Bはもったいつけて、「仕方がないから教えてやるよ」という態度をとるようになります。

それに対し、Aが話術に長けており、インタビュアーのように「ほ〜、それでそれで?」とうまく引き出そうとすると、Bは気持ちよくなって自慢げにどんどん喋ってしまいます。

このように、Aの聞き出し具合で、Bの回答のしかたが変わってくるのです。AとBの年齢の上下、性格なども、細かい設定を考えると面白そうです。

実は駄作と評されている?

栗田さんと田島さんが調べたところ、この作品は「正直、トリックはそんなに面白くない」「ミステリーとしての内容は大したことない」と評価されているそうです。

たしかに、そんなに目を見張るようなトリックではないですし。ストンと腹に落ちる内容ではないかも。「名探偵コナン」を見ている時のような「お〜そういうことか!」というスッキリ納得感は、無いかもしれません。

この作品の見所は、トリックそのものより、AとBの駆け引き、心理戦だと言われています。やっぱり、演技によってこの2人の口調を工夫することを楽しむのが良さそうです。

べらんめえ調

もう1つ、この作品の面白いところ(そして、ややこしいところ)は、「THE☆江戸っ子」という感じの、べらんめえ調です。

「まぁ、聞きねぇ」

「そうじゃねえんだから、お笑いぐさよ」

「するってぇと」

などなど。落語や大衆演劇でしか聞かないような口調です。

色々な作品に親しんでいると、聴き慣れてはいますが、いざ自分がこれを自然に発音しようと思うと、そんなに簡単ではありません。ものにするまで時間が掛かりそうです。一種の方言を習得するようなものだと感じます。

稽古のあとはお菓子で一休み

しかし、狭い部屋で暖房が効いているから良いものの、外は寒いので、外に出る前にお菓子を食べてカロリーを消費し、体を温めております。

古民家に、座敷わらしが出ました。

実は、舞台での共演回数が多く、仲良しの2人。2人のAとBが楽しみです。

国木田独歩「竹の木戸」|キャスト日記:吉田素子『私は松田龍平、23歳の女の子』

「竹の木戸」にて、1番やばい役を演じ、フリートークにも出演してくれた、女優・吉田素子さんです。

彼女の、大好評(?)途中で終わっちゃうブログシリーズ第2弾です。「話が盛り上がってきたところで力尽きる」という斬新なスタイルでお送りしております。

今回の記事は、本人曰く「ちょっと砕けたバージョン」だそうですが、前回の記事に、特に「お堅い」要素を感じませんでしたので、どっちもバッキバキに砕けているということで、お気軽にお読みください! そして、続きを想像して悶々としてください。

こんにちは

この度お徳を演じました、吉田素子と申します。

今までで1番言われた、似ている有名人は松田龍平です。

松田龍平さんといえば、先頃、離婚を発表されましたよね。ドラマ『カルテット』の最中にもその危機が噂されていましたが、なるほど……と、まるで自分のことのように他人の松田龍平さんのことを思ってしまいました。

ドラマ『カルテット』では、高橋一生さんが好きでした。

高橋一生さんは、2017年の顔と言ってもいいくらい大ブレイクしましたよね。その甘いルックスと時々見せるくしゃっとした笑顔に魅了される女性が多いようですが、なんと言っても彼の魅力はその「声」だと思います。初めて彼の声を聴いた時は、その深い響きと包み込むような優しさに私の心は鷲掴みにされました。

そんなわけで「声」

そう、「声」は大事なんですよ。(ようやく持ってきた感)

今回の企画は、朗読劇『竹の木戸』です。

朗読劇というのは、ご存知のように、「声」だけで物語の情景、所作、心情、温度、云々をお伝えするものでございます。

それのまぁ難しいことっ(@д@)

吉田演じるお徳さんとは

私の演じた、大庭家のお女中さんである「お徳」は、勝ち気で、自分の思うように物事を進めないと気が済まない、1度「こうっ!」と思ったらどんな手を使ってでもその目標を達成する、少々()嫌味で、とてもお茶目な23歳の女の子です。

この「嫌味な女」と「23歳の女の子」という、一見、相反していそうな2つの要素に、今回は悩まされました。

まず「嫌味な女」。これだけを表現しようとすると、どうしてもセリフ全体を大きく抑揚づけて、ネチっこく、うねらせながら話すことになります。

そして「23歳の女の子」。あくまで一般的なイメージで言えば、高くハリがあり、まだ若さのある元気な声になります。

どちらもあくまで私個人の考えですのであしからず。

表情と所作、もしくは衣装メイクなど、視覚的情報を封じられている以上、なるべくオーバーに吹き込んでいかねばなりません。

-Fin-

はい、終わったーっ!

終わりです。

国木田独歩「竹の木戸」|キャスト日記:吉田素子『家政婦がキター!』

大好評、女中のお徳を演じた女優、吉田素子さん。彼女が書いてくれた、なんと!  途中までしか書いてないブログ記事です!!!

どうして、途中までなのか。

謎めいていますねぇ。
斬新ですねぇ。

理由はなんでもですね……途中で力尽きたんだそうで! 奥が深い! 深すぎる!

というわけで、皆様には、途中まで読んで、続きを想像して悶々としていただきたいと思います。

これは音で作る舞台だ

劇団のののブログをご覧の皆様、こんにちは。この度朗読劇『竹の木戸』にて女中・お徳役を務めました吉田素子です。

今回「劇団のので朗読劇やるよー」とお誘い頂いて、二つ返事で参加を表明しました(笑)

昔は声優さんになるのが将来の夢だった私。その夢は残念ながら諦めてしまいましたが、「声だけで演じる」朗読劇に興味が湧き、ぜひ、やらせて欲しいと思ったからです。

どんな声色で演じようかな。イントネーションはどうしようかな。声の高さはどうやって変えていこうかな。

1人で考えてるだけでもワクワクするのですが、それをみんなで読み合わせて一緒に作り上げていくのも、とても楽しかったです。

そして稽古が進むにつれて、これは「声だけで演じる」というより、「音だけで舞台をつくる」と言った方が正しいなと思い始めました。

今回は劇場でお客様に作品を観てもらうのではなく、録音した作品をお客様に聴いてもらいます。当たり前ですが、舞台装置や照明、華やかな衣装に役者の表情、身体表現は、一切ここに持ち込めません。

それは大きな制約のように感じ、とても難しいことだと思いました。私たちの声を含めた「音」だけで、果たしてこの世界が伝わるのか。

音の世界に誘われて

稽古中、私たちは様々な明治時代の「音」を聴きました。(活気溢れる商人さんの声。鐘の音。)

実際に竹林を歩いて、竹の葉のカサカサ鳴る音も聴きました。(スズキ家に感謝)

そして、録音する際に現代の音にも気を配りました。

飛行機の飛ぶ音(ぐぉーーん)
車が走る音(ぶぉーん)
暖房機器の音(ぶーん)
ポテトチップスを食べる音(パリポリサクサクボリバリ)

現代にしかない音は極力排除しないと、「竹の木戸」の世界にお客様を誘うことはできないですからね。

ん?

そうか、なるほど…

制約があると思っていた「音だけの舞台」は、実はその時代の音を入れることで、すぐにでもタイムスリップ出来てしまうのか“〆(゜_゜*)

-Fin-

「いや、ここで終わりかい!」

と、つっこんだそこのあなた。ずっこけたそこのあなた。終わりです。

本当に、ここで記事は終わっていました。「続きはWebで!」じゃないんです、ここがWebですもの。内容が面白いだけに、続きが気になりますが。

お徳はきっと、これを書いている最中に、ご隠居様に呼ばれてネズミ退治とか、布団叩きとか、梅干し作りとかしているのでしょう。微笑ましいですね。